2006年2月アーカイブ

僕のサイトを見て連絡を取ってきた人と都内のレストランで夕食。
今年の夏か来年に向けて、或る大きな計画を立てているそうだ。
わざわざ新潟から僕と会うためだけに出向いて来るというので恐縮していたのだが、その人の変わった経歴、職業(コンサルタント)柄の話のうまさに呑まれて、ついひきずりこまれてしまった。
「中西さんも数に入ってますからよろしく」という話の早さ。
 
中国ビジネス?と互いの今までの経歴について話をしていたら、その計画についての具体的な話をすることなく時間が経ってしまった。
夕方から食事してたのに終電を逃すとは...
たぶん生まれて初めてカプセルに泊まる。
 
 
次回は中国東北部あたりor新潟の温泉で会おう、
あと一緒にベトナムをカブで縦断orサハリンでも旅行しましょう、
ということで話がまとまる。
 
世の中には好きなことをして楽しんでいる人は居るのだ。
もちろん仕事もして。
 
 
ところですごくたまーにこんな感じで見知らぬ人からメールを貰うことが或る。
ほとんどがロシアの旅行についての話で面白そうな人ばかりなのだが、僕の筆不精、メールの返事の遅さのせいでやりとりが止まる。
もったいないなぁとは思うのだが。
旅の途中に会う人とも同じ理由で疎遠になることが多い。
 
本も書きたいなぁ。
誰かゴーストライター、祐筆、秘書になりませんか?

昨日は知らない間に寝てしまった。22時ごろ?おかげで朝は7時前に起きてしまった。

テレビをボーっと見る。トリノの開幕式の話題に続いてライブドアの話題になる。
 
「ライブドアの広告収入が半分ほど減ったらしいが、皮肉にもサイトのアクセスは
増えている。出稿するなら今がお得?」というニュースに対してみのもんたが言ったコメント。
 
みの「で、そのライブドアのサイトにアクセスするのはいくらかかるの?」
記者「無料ですが...」
 
みのもんたはこの程度の知識で今までコメントしていたのか?
トリノオリンピックが開幕した。
スキーはやらないので詳しくないのだが、注目している選手がいる。
フリースタイルのモーグル「伊藤みき」選手。モーグルは上村愛子、里谷多恵の二人が非常に有力で、マスコミもほとんどこの二人しか登場しないのだが、その二人と一緒に出場することになった、初出場で18歳(ニュース)。
なぜ注目するかと言えば、僕の出身高校の現役高校生だからだ。家族みんながスキー好きで、小さい頃から伊吹山で滑っていたという地元の選手。
滋賀県初の冬季オリンピック選手でもある(今まで一人も出場していないのか...)。
 
スポーツで有名な高校でもないし、スキー部もなかったのだから...(今は無理やりつくったっぽい)
 
さすがに今回は無名か?でもW杯で8位になった事も有る。次回は注目されているだろう...
ってオリンピックでたという時点ですごいんだけど。
0602092131新宿のロシア料理レストラン「スンガリー」。既知の人も多いだろうが、「スンガリー」はアムールの支流「松花江」のロシア語名。
本で知った知識だが、この店は加藤登紀子(加藤登紀子は満州国のハルピン生まれ)の両親が開いた店。料理人やウエートレスは亡命ロシア人(第二次世界大戦後のソ連からの亡命者という意味ではなく、革命から逃げてきた帝政ロシア=白系ロシア人という意味であろう)を雇ったという。客には満州に住んでいた人、シベリア抑留された人が多く詰めかけ、昔を懐かしむサロンとして店は出来たらしい。
 
06020921351.前菜に、いわしの酢漬け、ピクルス、赤カブのサラダ?
2.スープはもちろんボルシチ(赤かぶと牛肉、ロシアでは毎日食べた)
3.マッシュルームとホワイトアスパラガスのつぼ焼きクリーム煮
4.メインにローストした鹿肉のそば粉クレープ添え、トケマリソース仕立て
5.もう一つメインを、鴨のロースト、
6.パンの代わりにピロシキ(¨、テイクアウト出来る)
7.ロシアンティー(各種ジャムがずらっと並び驚く)
 
0602092147
 
...うまい。
ロシアではこんな料理食べなかった。(一ヶ月どこでどんな旅行をしていたんだ?)
 
ボルシチはやさしい味、今回のメインの料理(鹿)は野生の「肉」って感じで満足。
鴨はクランベリーソースと合って豪華だ。一緒に出てく
るクレープ(そば粉?)が独特。
 
 
 
0602092208飲み物は今回はウォッカのカクテルを一杯飲んだだけだが、たぶんオリジナルのカクテルが何種類か有った。面白そう。
ウォッカ各種400円程度。グルジアワインも珍しいのがたくさん有った(サイトには載ってないが店には有る)。
 
ロシアについての知識、情報は少ない。僕もロシアへ実際に行くまでロシア料理とはどんなのか知らなかった。
ニシンの酢漬け、鮭やマスも良く食べる。イクラという言葉はロシアでも通じる(ロシア語?)。
(副菜としてだが)米もよく見かける。ソバは今回も出たが、麺ではなくクレープにして食べる。
 
スンガリー新宿西口スバルビル店 [ エスニック、無国籍料理 ] - Yahoo!グルメ

久しぶりにロシアを思い出して楽しめた。
お酒も含めてこれで5500円(コースで頼んで追加もしなければもっと抑えられるが)。
ここはまた僕は行きたい。
申請していたロシアビザがおりたのでロシア大使館まで受取にいく。
肝心の旅行計画は無くなってしまったのだが...
 
ロシア大使館の領事部の受付時間は12時半まで。
日本の感覚だと12時半までに入館したら受け付けてくれると取れるのだが、ここは「受付が12時半まで」。12時半になると職員は仕事を終える。たとえ客が居ても。
番号札(銀行などにあるのと同じタイプ)を取って自分の番号が呼ばれるまで待合室で待つのだが、12時半までに番号を呼ばれないと駄目なのだ。
たとえ番号札を引いていても、12時半に自分の番が来ないと無駄なのだ。翌日以降にまた来なくてはいけない。
で、その待ち時間が非常に長い。2時間くらい。去年はすることも無くでもハラハラして待ち続けたのだった。。
ちなみに申請と受取の最低2回来なくてはならない(郵送はしてくれない)。去年の旅行の際は書類不備ということで3回通ったのだった。
旅行前からロシアの制度に慣れたのは良かったのかもしれないが...
(独特の雰囲気と言えば、大使館のまわりの警察や監視カメラも気になる。さすが...)
 
今回は準備万端、待ち時間に食べる朝食も本も持ち、受付開始時刻に来たのだが、意外なことに空いていた。
待ち時間は20分くらい。この季節にロシアに行く人は少ないようだ。
 
 
さて、このビザどうしよう。捨てるのは勿体ないからどこか行こうかな。
でも週末の2日や3日で行けるロシアって...
 
 
p.s.でも大使館員は真面目そうな人が多いです。


/ / /
Now


free counters