2008年9月アーカイブ

9月の上旬、仕事中に電話。


X 「XXと申しますが、N西さんにお願いします」
N 「恐れ入りますが、どちらのXXXさんでしょうか」
X 「すいません、個人的な用件ですので...
   XXからの電話とN西さんにお伝えください」

N 「私がN西ですが。」
X 「申し訳ありません。ワタクシ、人材スカウトを行っております、   XXXXのXXと申します。実はN西様に興味を持っておられる企業がございまして、一度N西様とお会いするお時間をいただけましたらと思いお電話させていただきました」

N 「はぁ...何かの間違いだと思いますが」(またか...)
X 「保険業界にN西様は興味はございませんか?」
N 「いえ、全く。どこですかそんな酔狂な会社は」
X 「実はAIGスター生命という外資系企業でして、N西様の経験が活かせることの出来る責任の有るお仕事を、」

N 「私の経験ですか??全く活かせられないと思います」
X 「いえ今回のお話に限らず、皆様最初はそうおっしゃいます。逆に、責任の有る立場に居られる方は、転職したいとすぐお答えになることはありません」

N 「どこで私のことをお知りになったのですか?」
X 「実は御社の求人広告を拝見いたしまして、N西様が採用担当者と言うことでしたので、責任の有る立場の方と思いまして」

N (それだけかい!)「すいません、全く興味は有りません」

僕の魅力はこれだけなのか...



この電話から2週間後、その会社は。
http://www.aig.co.jp/news/n2008/080920ads.pdf (PDF)



/ / /
Now


free counters