2010年6月アーカイブ

GWに実家に帰省した際に家の裏の山(八幡山)で竹の子狩り。
共有地(私有地でない)にはセミプロの人が毎朝数人。まぁ素人の自分でも数本は採れる。

このあたりは八幡城豊臣秀次の最初の城)の本丸のあたり。秀次は秀吉の数少ない親族として、その後尾張100万石、関白へと異例の出世を遂げるが、周知のとおり悲惨な最期を遂げる。近江八幡は彼が20代の数年を過ごした土地。
(左)豊臣秀次像、(右)城内の邸宅跡

周囲は平野なので少し登るだけで視界は広がる。織田(安土はすぐ傍だ)・豊臣の時代が過ぎ、徳川の時代になると近江八幡はどの大名にも属さない江戸幕府直轄地となり、八幡の住民は全国で商人として活躍する。直轄地は長崎(貿易),紀伊,高山(木材),佐渡,甲府(金山)、石見(銀山)など産業盛んな所ばかり。徳川幕府も近江八幡の重要性を見抜いていたのだ。

「高田義甫」なる人の記念碑。明治27年建立と有る。家のすぐ裏に有るのにその碑の存在すら知らなかった...碑文は漢文調で難しい。最近設置されたらしい説明文を読むと、勤皇志士っぽいが明治になって帝国水産(後の日本水産、現在のニチレイ)を創立したというのが八幡人っぽい。その他に新聞社、銀行などを設立したそうな。八幡人は商人になるのを義務付けられているかのようだ。

北末町の肥料屋の子供がなぜ討幕運動に関わるようになったのか気になったので調べてみた。彼は少年期に「帰正館」(仲屋町の西川吉輔が創立)という私塾で学び、思想を育んだようだ。一緒に学んだ伊庭貞剛は後に住友財閥総裁となる。この小さな町から世に出た人達の凄さはいつも驚かされる。


山を降りて図書館に。市立図書館が家のすぐ隣に在る。徒歩10秒(笑)。今から15年前、それまでの図書館が老朽化(これまでの建物は江戸時代のもの、どれだけ物持ちが良いんだ)の為にここに移転してきた。学生時代にここに在れば良かったのに...

ちょうど「ジャーナリスト」についての本がピックアップされていた。長倉洋海、橋本信介から不肖宮島氏の本まで。こんなところでマスード将軍の写真集を見ることになるとは。いったい誰の趣味なんだ...
 (図書館内の近江商人コーナー)
近江八幡でずっと暮らしているが、まだまだ知らない事は多い。ほとんどの人がそんなこと気にしないで過ごしているというのもまた凄い。1km四方しかない小さなエリア出身の人が全国に散っていると言うのに。
佐谷恭 [株式会社旅と平和] の新規事業の説明を行うとのことでパクチーハウスに。集まったのは発起時の株主Tなど数人のみ、やはり月曜日の18時というのは一般企業のサラリーマンは難しいのだろう。繁盛店のこの店で座席の空きが有るのは月曜くらいなのだろうが。 

資料をさっと読んだだけで、事業の採算性など精査したわけではないが、彼ならうまくやるだろうと思う。様々な問題が起こるだろうが、乗り越えていけるだろう。金融機関や他の出資者も恐らく、彼の将来性とこの2年間の実績を視て資金を出すのだ。 

-- 
渡邉さん [株式会社サムスル] 、初対面だが、ブログかどこかで文章を読んだことも有るからか、"普段着"だからだろうか親しみやすい雰囲気。よくある創業経営者の"アクの強さ"(?)を感じさせないのだが、これまでの経験に基づく"自信"が、短い会話の中に現れていた。同年代で何が違うのだろうか。参考にしたい。 
まずは朝ラン...から真似すべきなのかもしれないが、まぁこれは置いておこう。あ、これが駄目なのか。 

----------- 
トフィーの店に移動して、"今年の目標"(1月に佐谷とTとの3人でたてた)について話をする。 
だかなえられそうに無い。忙しさは言い訳なのだろう。忙しい人ほどどんどん先に進んでいく。あと今年も半年、前へ進まなくては。 
シンガポールで会って以来のSちゃんもすっかり日本に馴染んでいて、時が経つ早さに驚いた。もう1年近く経つのかー。幼稚園は楽しいそうだ。 

Tとも意見が一致した事だが、何か小さな事がきっかけで人間大きく変わることが有る。波に乗ると言うか。自分の周囲でも何人か心当たりが有る。数ヶ月程度の期間で大きな事を成し遂げる人。だがこの成功と言うのは、まぐれや偶然で手にするものではない。その波が来たとき、いかにしてどれだけの行動力を出せるかは、それまでの人生にかかっている。波が来たと感じた時に、自信を持って行動できるように今、自分は-
今から10年以上前、まだネットの黎明期。 
ISDN回線なるものが普及し始めたころだ。 
「ネット乞食」なる存在のものがあった。 

ウェブサイトやパソコン通信のBBSなどネット上に、自分の銀行口座を記載して「心優しい方はこの口座に振り込んでね(ハート)」 という内容を書いておくのだ。 
何かを売るわけではない。ただ、お恵みを待つだけ。

まだまだ一般人でサイトを持っている人は少なかった。ほとんどの人はHTMLすら書けなかった時代。物珍しかったこともあり、そんな奴に振込みをする奇特な人も居たらしい(いまいち信じられないが)。 

そんな時代のことを思い出しながら、当時書かれたサイトのページの文章を読んでいた。 

http://web.archive.org/web/20011201232600/www.powertoday.com/beg/index.html 

一回見たときには気付かなかったが、すごいことが書いてあった。 
振込口座の口座名義が...


p.s. 私ではありません。


/ / /
Now


free counters