初めての献血

| トラックバック(0)
用事があり新橋へ行った帰り。有楽町で献血募集の案内をしている男性を見かけた。新宿や秋葉原など繁華街で何度も見たことの有る光景。
なぜか今日はこれに応えてみようという気になり、交通会館の6階の献血ルームに入った。人生初めての献血(学校や会社でみんなで献血をするところも有るのだろうが、自分はそのような機会に接したことは無い)。

意外と混雑していて平日の午後4時に20-30人くらい人が居る。30歳前後くらいの人が多いが、みんな何している人なんだろう。雑誌を見たり無料の飲み物を飲んでくつろいでいる。
入ってすぐの受付でアンケート。海外渡航経験の質問が難しく、正直に答えていると受付の人では手に負えないらしく、医師のブースへ。
「4週間以内に海外」は無いが、3年以内に行った国なんて...「中国では市街地以外に行ってませんよね?」「コレラですか...いつですか」「腕の手術の際に輸血はしてないか」など微妙な質問が多い。ヨーロッパ、特にイギリスの滞在歴が重要。自分が行った"ロシア"はシベリアだったので"ヨーロッパではない"らしい。1個づつ黙々と端末に入力する医師に申し訳なく感じる...

400ccの採血にかかるのは10分ほどだが、その他の問診や検査をあわせると所要1時間ほど。
ジュースやスープなどの飲み物は飲み放題だが、アイスクリーム(レディーボーデン)は1人1個。お菓子はまぁ軽く置いてあるくらい。採血中のベットには1人1台テレビが有り、雑誌を読んでいるとまぁ時間はあっという間。
都心で1時間ほどぽっかり時間が空いた時には良い暇つぶしになる。軽い健康診断にもなるので定期的に受けると良いかもしれない。"献血クラブ"にも入った。

400ccは体内の血液の8%ほど。その時は特に意識しなかったが、今は何か疲れているような気がする。頭に血が上っている、興奮している時に血を抜くと気は落ち着くのか?

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.nakanishi-keiichi.com/mt/mt-tb.cgi/1951



/ / /
Now


free counters