事件です!の最近のブログ記事

イタリアで座礁した客船コスタ・コンコルディア号の乗組員(アテンダント)に、大学時代のサークルの知人が居る。この(事故に遭った)航海には乗って居なかったのだが、乗員には彼女の知合いも多いと言う。

今回の事件では(先に逃げ出しだ)船長と乗員についての話題が多く報道された。もちろん乗員にも最後まで乗客のサポートをしていた者も多く居たのだが、その報道は少ない。その旨を報道した一部の記事に彼女は喜んでいた。

彼女がfacebookで書くには、乗員は訓練されていた。避難訓練も毎回ちゃんと行われていた事は報道でも伝えられている。実際にあれだけの大きな船の夜の暗闇の中の座礁横転にしては、(不謹慎な言い方だが)犠牲者は少なかったと言っても良いと思う。乗船していた4300人のうち、乗組員は1000人以上。体制はしかっりしていたと言ってもよいと思う。事故発生後の対応の批難よりも、事故発生の原因を責められるべきだろう(今回のは天災ではなく人災だ)。



対照的なものが、昨年の震災での大川小学校での対応だ。地震発生後約1時間後にやってきた津波によって、教師・児童の多くが犠牲になって、有名になった小学校だ。

地震発生時は児童のほぼ全員が校舎内に居た。立っている事は出来ず、揺れで泣き叫ぶ児童も居たというから本当に大きな揺れだったのだろう。揺れが収まってからはグラウンドに全員が集まったのだが、その後かなりの時間グラウンドに居た様だ。点呼をとって今後の対応について教師が話し合っていたという。その時点で近くに住む家族が子供を引き取りに来ていた。その親に対して一部の教師が「落ち着いてください」と言って引き取りを拒んでいたのも確認されている。その時点で親と一緒に帰宅した一部の児童はその後の難を逃れている。

そして教師の間でまとまった案は「津波が来るかもしれないから、川の堤防に上がろう」というものだった。そして全員を整列させて学校を出て堤防に向かおうとしたその時、その堤防を水が乗り越えて襲い掛かってきたのだった。 行列の最後尾に居た教師は、列の前方の者が波に飲み込まれるのを目にし、とっさに目の前の児童を掴まえて後ろの山に登った。その教師1人と児童3人が生き延びたので、その経緯は明らかになった。



なぜ最初から裏山に登らないのだという批難がマスコミや全国の人々から出た。
昨年夏に実際に現地に行って、自分の目で現地の地形を確認してみた。


学校の周り

運動場。自分が行ったときもまだ行方不明児童の捜索は行われていた。

学校から堤防は近い。この道を挟んで学校と北上川堤防は接している。

"避難目的地"の堤防にかかる橋。この橋が堤防の最も高い場所に有るが、この橋も真ん中部分で崩落している。

もし堤防にたどり着けていても、その堤防を水は乗り越えていた。しかし後ろの山に全員が登っていたら助かっていたと言うのは結果論であって現実的ではない。学校の裏手はすぐ山なのだが、急斜面で木が覆い茂っていて道も無い。ここで学校の裏山に登ろうとは普通は考えないだろう。

結果から分かることなのだが、地震発生後にグラウンドに集まった後は、そこにとどまらずに、橋から反対側の道を南に向かっていたならば全員が助かっていただろう。学校の有る場所はこのあたりで最も低い場所なのだ。学校から徒歩数分の地点、高台は全く津波の被害を受けていない。

その場所から津波を撮影している人が居た(もちろんその人は助かっている)。 この動画の橋のたもとを右に行ったすぐの場所に学校が有る。堤防に逃げても助かっていないことが分かる。  

避難訓練は大川小学校でもこれまでから毎年行われていた。しかしその訓練は教室から出てグラウンドに集まって"終了"だった。それに対して皆(自分も含む)は責められるだろうか。自分の通っていた小学校でも避難訓練は有った。しかし"火事が発生しました"という放送が有ってから、全員が一列に並んでグラウンドに向かうというものだった。今回の地震にしても、発生後に全員が並んで整然とグラウンドに向かうなんてありえないのは分かる。そもそも災害は授業中に起こるとは限らないし、避難するルート(廊下など)が無事である保証は無い。火事に限らない。グラウンドから不審者が武器を持って襲ってくることも有り得る。"逃げる"のは臨機応変に対応しなければいけない。「避難訓練」というものは色々なケースを対応して初めて意味のあるものとなるのだ。

大川小は海からは離れているとはいえ、北上川のすぐ傍で低地なのだから津波を想定した訓練をするorその場合の対応を考えておくべきだった。大きな地震が発生したらすぐに山の方に逃げると (ここで言う山は学校の裏山ではない)。



イタリアでの船の事故はまだ"避難"が巧くいっていたとも言えるかもしれない(もちろん多くの不手際もあったはず)。それに対して大川小学校はマニュアルどうりに行って"失敗"したのであるから、責めるとしたら「臨機応変に対応できなかった事」よりも、「マニュアル(避難訓練方法)の不備」だろうと思う。
イタリアより大川小が問題だと言うのではない。イタリアの事故は"事故が起こった事"が問題で、大川小は"事件が起こった場合の対応を考えていなかった事"が問題だと言いたいのだ。


もちろんこれは"いわゆる天災"だけではなく、"日々の生活"又は"海外旅行"にも言える。
...となぜこんな日記を書いたかと言うと、旅行業許可を取ろうとしている知人から「知事に提出しなければならない"緊急事態における対応表"っていったい何を書けば良いの?」と尋ねられたから。まぁ何と言うか、書き出したらキリが無いから難しいよなぁ。
自分も提出したのはA4を1枚だけだ。自分はどちらも責めることは出来ない。
ちはるちゃんの四十九日が過ぎた。
ニュースで突然の事件を知ってからの数日間、葬儀や偲ぶ会で彼女のこれまでの生き方を知ることが出来た。今回の事件は「残念」としか言いようが無い。

彼女が看護士ということは知っていたが、休みが取りやすいということくらいしか、それ以上のことはこれまで自分は気にしていなかった。

大学では国際関係学部だったこと、途上国のことなどに興味が有り、具体的にその事(支援など)と関われる仕事として看護士という職業を選んだこと。
大学を出た後に看護学校に入った後、がんセンターで働き始めたこと。
がんセンターでも組合の委員として活動していたこと。
休みが取れるたびに海外、発展途上国ばかりを行っていたこと。

そのような国への旅の方が、現地の人と触れ合う機会が多くて"面白い"からだろう。
今回の事件はそれが仇となったのが、本当に残念でならない。

葬儀ではこれまでの彼女の旅の写真の一部が展示されていた。
エジプト、ペルー、今回のミャンマーのものが多い。今回の旅の写真も多く有る。
雄大な夕陽、僧侶、笑顔の子供。

現地の人達と一緒に笑顔で写っていた彼女の写真を見て、彼女の笑顔が、日本のイメージアップに貢献しているのを改めて感じた。国際交流には物的な支援だけが重要なのではない。彼女のような旅人が増えてこそ、その国と日本との交流が深まる。


----------------------------------------
彼女と最初に会ったのは4年前の秋。ビックサイトでの旅行博の日の夜だった。"面白い旅人と食事するから"とsunnyさんに誘われて渋谷の火鍋屋でおくだかおりさんと出会った時だ。少し遅れてかおりさんの友達である、ちはるちゃんはやって来た。その時にどんな話をしたかは思い出せない。まさかこの歳で亡くなるとは思わなかった。渋谷駅まで歩いて帰った淡い記憶。

その後はかおりさんの講演会の時などで会った。いつも彼女は"なぜか"受付をしていた。旅人を惹きつける何とも言えないオーラを持つかおりさんと、どこか不思議な雰囲気のちはるちゃん。誰からも親しみやすい雰囲気の二人。
------------------------------------------


今回の事件を自分が知ったのは9月29日の夜22時ごろ、ネットで偶然見かけたニュースだった。
「ミャンマーで観光の邦人女性殺害 バイクタクシーの運転手逮捕」
彼女がミャンマーに行っていることは知らなかったが、ミャンマーへの単独旅行者で静岡県の30歳女性...。共通の知人に電話をする。誰もが驚くが、彼女の実家の電話番号・住所は誰も知らず確かめる術が無い。

23時過ぎ、かおりさんからのメールで事実だと知る。成田に帰国するちはるちゃんと東京で待ち合わせをしていた事、昔何かの機会で彼女の実家の電話番号を聞いていた事で、実家に電話をすることが出来、外務省からその日(29日)の朝に本人確認の電話が有ったことが分かった。

その日はネットでニュースの続報を探すことしか、自分には出来なかった。

翌日、彼女の家族と電話で話した。旅行会社/航空会社/保険に入っているかどうかすらまだ分かっていないという状況を知り、タイ航空などに確認の電話をする。自分の行動で、彼女が日本に帰国する時間を少しでも早めることに協力できたのならば嬉しい。

---------------------------------------

10月5日、葬儀の前に実家に伺った。納棺されたばかりの、棺に横たわる彼女と会った。かおりさんが「中西君が来たよ」と声をかけるが、ちはるちゃんは反応は無く、苦しそうな顔で、自分は何も言うことが出来なかった。寿命を全うした安らかな死ではない。首を絞められ突然自分の身に降りかかった死。無念さを隠すことが出来ない顔だった。

葬儀は非常に多くの人が参列していて、誰からも好かれていた彼女のこれまでの生き方が分かるものだった。
これまでに彼女の撮った旅の写真。ミスチルの歌。水タバコなどの遺品。
幼馴染の男の子、ちはるさん、弟の3人の弔辞。

皆が泣き、彼女が多くの人から親しまれていたのが分かった。見知らぬ人から「この会場から人がこんなにあふれる式は滅多に無いのよ」という話を聞いた。

荼毘に付した後、初七日の法要まで、厚かましくも参加させてもらった。初七日の法要を葬儀と一緒に行ったのは便宜上の理由ではない。事件の日からちょうど7日経っていた事を知る。ただパガンからさらに奥地の村から首都ヤンゴンまで数百kmの陸路、そして飛行機をバンコクで乗継いで静岡まで、初七日に間に合ったことは良とすべきなのか。彼女を迎えに現地まで行くかどうかの問いに「行ってもよいし、行きたくないわけではない。ただ少しでも早く日本に連れて帰れるほうが良い。自分が行くことで帰国が遅くなるようなら行かない」と言った家族の心中を考えた。


火葬場で待っている間、そして厚かましくも参加した通夜振る舞いの席で、彼女の高校や大学時代の同級生、親族の方などから色々な話を聞いた。もちろんみんな初対面なのだがお酒も入ったこともあり、色々な話をした。初対面ゆえに逆に彼女の交友の広さを知り、その人達の話し振りから彼女が親しまれていたことを実感した。また、その人達~普段接している人達を見る事で、その人の人格も知ることが出来る。

今回の件で思う事はまだまだ多くあるが、今の気持ちを忘れないように、感情を加えないで、起こった出来事だけをここに記す。
JMと仕事の電話をしながらyahooなどのニュースを斜め読みしていると、自分もJMも知っている人が、暴行事件で逮捕されたというニュースが目に入った。"知人"ではなく、"知っている人"と変な書き方をしたのは、二人とも彼のことを知っているが、彼は僕たちのことを知らないからだ。
非常に個性の有る人だったので、一度も話したことすらないのに記憶に残っていたのだ。知ったのは大学時代だから10年以上前なのに。

【有名人は出会った人全てを覚えることは出来ないが、出会った人は彼を忘れることは出来ない。】


そのニュースのタイトルには彼の氏名は出ていなかったのだが、その肩書きで彼のことだとすぐに分かった。
「***の第一人者、女子大生を殴り逮捕」というタイトルだったのだ。思わずアッと声を上げた。
「***の第一人者ってO君でしょ」と言ってそのニュースを読むとまさしくO君の氏名が出ていたからだ。


【有名人はその名前で有名になるのではない、その行いで有名になる】


彼の***好きは有名だった。彼は高校を卒業後***の生まれたイギリスに行き、帰国・大学入学後に劇団を立ち上げた。彼の舞台が***の影響を受けたものであるのかは、僕には分からない。だが、その劇団とは関係ないのかもしれないが、彼は***好きであるということを公言し続けていたので誰もが知っていた。

その後、彼は***についての知識も増え、***について日本で最も詳しい人物となった(らしい)。
大学を出た後、僕は上京した。ある日、朝日新聞で彼が書いた映画についての評論を見かけたとき、そしてとうとう徹子の部屋に出たと聞いたときには驚いた。現在彼は日本***協会長らしい(まだ35歳)。


【何事も継続が重要だ。最初から大家な人は居ない。】


ところで当時から***が好きだということだけで彼のことを覚えていたのではない。その個性が濃かったからだ。彼の自己紹介を聞いた人は、彼のことを忘れられなくなる。
「頭から放電(又は、磁気が出ている?)しているために、スイッチを押さずに電気を付けることが出来ます、クレジットカードのデータが消えてしまう」とか、「労働者階級の家庭に生まれた」「小さい頃に雷に打たれた」「高校を出て缶詰工場で労働して貯めたお金でイギリス放浪」「数日間眠らないで起き続ける」「視力は3.0」などだ。


【個性的な人物とは、多数派の者とは異なる点を多く持つ者のことである】


彼のことを思い出しながらニュースを読んだ。容疑は一年前、自分の家に来た、劇団に所属する女子大生を殴ったというもので、本人は認めているということだが、何かが釈然としない。
なぜ一年前の件で今になって逮捕されたのだろうか。彼は逃亡をしていたわけではない。
立件に一年も必要な事件とも思えないし、彼が否認し続けていたものでもない(そもそも逮捕するかどうかには関係がないか)。

たしかに人を殴ったら暴行には違いないのだが...


【有名人は些細なことでも事件になるし、些細な事件でも実名で全国で大きく報道される】


JMと電話を切った後も気になって、彼のブログを観てみたが、1日前のエントリは有るし、特に事件を仄めかすものは書かれていなかった。そして翌日。彼のtwitterで「え、何が起こったの?」といった内容の書込みが有った(半日ほどで削除?)。

その後の書込みを観ると彼は普通に生活しているようで一安心したのだが、それを読むと逆に、彼の逮捕を報じるあの新聞記事はいったいなんだったのだろうかという疑問が残る。

一度知れ渡った情報は消すことは出来ない。しかも知っている人がやった事は忘れにくい。
「見知らぬ酔っ払いが裸になって騒いだ」ことはすぐ忘れる(そもそもニュースにならない)が、草薙君がやると警察が捕まえるし、何日間も報道される。


【一般人は、よく知らないことを知らないままに批難だけをする】


JMの他にkyoなどともこのニュースについて話したが、「O君も災難だったな」で話は終わった。少しでも本人のことを知っている人ならば、この事件の大きさと、その扱われ方について思うことが有るのだろう。

彼を無条件に弁護するわけではないのだが、今回の新聞記事を読んで、自分の味方となってくれる知り合いは多い方が良いなと思った。いつ何時、どんな災難に襲われるか分からない。どんなデマを流されるか、事実を曲解又は誇張して伝えられるか分からない。

昨日の大河ドラマで、信長が浅井久政と長政のドクロで酒を飲む話(信長の本意とは異なる内容で伝聞されるが、本人は否定できなかった)が出てきたときもそう思った。
日頃の些細な出来事を大げさに書くスレ。

24:00 息抜きにmixi日記を書く。mixi宛のメールチェック。
24:50 特に緊急の要件も無いし帰ることに。
25:00 西友で買い物。半額になっている干瓢巻、まぐろ刺身、
ホウレン草(128円)、冬瓜(1/4切。68円)、豚ばら肉(97円/g。180g)。
25:16 店を出る(レシートに時刻が書いてある)
25:25 若葉郵便局ATMで振込手続き。
25:30すぎ 院内小学校前の交差点を曲がる。

そこで見たのは、前方数十m先を走っていた自転車が倒れる瞬間だった。
「あぶない!」と僕は思わず叫んだ。その人は声に気付いたのか、意思は無く力学に基づいて首が後ろを向いただけなのか、後ろ(僕の方)を振り向き、道の真ん中に崩れ落ちた。

僕も自転車を下りて走り寄る。乗っていた女の人は白目をむいて口に泡をふいている。起こそうと思ったが、女の人は頭を倒れた自転車のボディに乗せ、その上に前輪が乗っている状態(うまく書けない...乗っていた自転車に頭がはさまれた状態と言うか)。
「大丈夫ですかー」と声かけるも反応無し。20くらいの女の子。
こりゃあかんと思い周りを見渡すと、こっちに歩いてくる若者3人組が居る。
「おーい、携帯持ってないか!」と声をかけ走っていく。「どうしたんスか?持ってないすけど」と答える若者に、「あそこに女の人が倒れているから見てて!」と言ってローソンまで走る。
とりあえず3人が居たら、真っ暗だけど、道で倒れている女の人も車にはねられることはないはず。
ローソンに入りいきなり「救急車呼んで!女の人が道に倒れている」という僕。
店員は割と冷静で「すぐ行きます!」と言い、電話機の子機を持ち119番しながら、店を出てくれた。

戻ると、女の人の意識は戻っていた。道で横になり泣いている。女の子の携帯電話が鳴っていた。「出た方が良いんじゃないすか?」「へ?僕が?」

電話の向こうも女の人だった。「あ、この電話の持ち主の女の子、さっき道の真ん中でいきなり倒れて」何からどう言えば良いんだろう、こんな説明で分かるんかいな...と思ったが、意外とすぐに話は通じた。「私も今、電話で話してたら、いきなり電話が切れたので何が在ったのかと思って。かけなおしたんです。大丈夫なんですか?」

女の子はとりあえず起き上がり、座っている。動けないみたいだが...
「すみません、すみません」と泣いている。

あ、酔ってただけなんかな。まぁ無事そうで良かった。頭を打ってなきゃ良いけど。
(知人が以前同様に倒れたときは、誰にも気付かれず道で数時間倒れたままで、意識が戻ったのは病院のベットの上だった。.あの時は怖かった...)

「あの、あれ...」若者が、道端においてある西友の買い物袋を指差す。男の子も予想以上に若かった。高校生か。「あ、それ僕のなんで大丈夫」と答える。

救急車の音が聞こえてきた。わざわざ呼ぶほどじゃなかったかな。いや、電話したときは意識無かったわけだし。よく考えれば、あの時はまず気道の確保をまずしなきゃ...いや、とっさにはそんなの思い浮かばん。

若者3人も、コンビニ店員も居ることだし、女の子も意識は有るようなので、後は任せることに。第一発見者は残らなきゃいけないのかな。まぁ良いや。

--
26:00ごろ 帰宅。

冬瓜と豚肉をカツオだしと焼酎で煮る。
お腹がすいたので出来るのを待ってられん。
ホウレン草で巣篭もり卵をつくり夕食。

26:40 あぁ今日こそは早く寝ようと思ってたのだが...日記を書き始める。

27:30 気になっていたことを思い出す。
ロシアを車で横断中のK&Mさんが、先週、車を盗まれた。
場所はイルクーツク付近。モンゴルへ一時出国間近。
http://j-2-g-nihongo.blogspot.com/2009/07/blog-post.html
僕のときもいろいろ有ったし...何度か"狙われた"のだが...

車は現時点で見つからず。犯行グループ(?)から接触は有るも空振り。
ロシアで車を買うには大金が必要。ビサの期限はあと少し。
車を持って入国したのに出国時点で車が無いと、ロシア国内で車を売却したとみなされ、このままでは出国時に関税(170万円!?)が必要。(信じられないが、駐ロの日本領事館にも確認したとのこと)

車には結婚指輪、家財道具一切も積んであったということで、本当に大変な状況のよう。車には鍵もかけてあり、電気系統も作動しない状態のはずなのに、クレーンで持っていかれたらしい(さすがロシアまふぃあ!やることが大きい)

うーん、援けてあげたいが。どうしたらよいのだろう...

あ、もう28時。

9月の上旬、仕事中に電話。


X 「XXと申しますが、N西さんにお願いします」
N 「恐れ入りますが、どちらのXXXさんでしょうか」
X 「すいません、個人的な用件ですので...
   XXからの電話とN西さんにお伝えください」

N 「私がN西ですが。」
X 「申し訳ありません。ワタクシ、人材スカウトを行っております、   XXXXのXXと申します。実はN西様に興味を持っておられる企業がございまして、一度N西様とお会いするお時間をいただけましたらと思いお電話させていただきました」

N 「はぁ...何かの間違いだと思いますが」(またか...)
X 「保険業界にN西様は興味はございませんか?」
N 「いえ、全く。どこですかそんな酔狂な会社は」
X 「実はAIGスター生命という外資系企業でして、N西様の経験が活かせることの出来る責任の有るお仕事を、」

N 「私の経験ですか??全く活かせられないと思います」
X 「いえ今回のお話に限らず、皆様最初はそうおっしゃいます。逆に、責任の有る立場に居られる方は、転職したいとすぐお答えになることはありません」

N 「どこで私のことをお知りになったのですか?」
X 「実は御社の求人広告を拝見いたしまして、N西様が採用担当者と言うことでしたので、責任の有る立場の方と思いまして」

N (それだけかい!)「すいません、全く興味は有りません」

僕の魅力はこれだけなのか...



この電話から2週間後、その会社は。
http://www.aig.co.jp/news/n2008/080920ads.pdf (PDF)

日曜日の朝、電話で起こされる。寝たのは4時なのに...

TOKYO FMから、「広報か音楽の担当の方にお願いします」という電話。今週、RED HOT CHILI PEPPERSの日本公演が有るのだが、彼らの友達のKENJIさんという人を探しているのが、連絡先を知らないかという問い合わせ。KENJIさんはレッチリがマイナーな時からずっと応援している日本人だそうな。

...知りません。ケンジさんの存在すら知らん。完全に聞く相手を間違っています...

こうやって都市伝説は出来るのだろうか。もしケンジさんをお知りの方、東京FMに今日、明日中に連絡してあげると喜ばれるよ。この文章読んでいる人にそんな人居るのかな?

今日の東証株価は久しぶりに値下がりした。
ここ最近の株価の値上がりは見ていて面白いくらいで、
儲けた人もたくさん居ると思う(約定していればの話だが)。

僕も乗り遅れてはならんと毎日ちまちまと、まだ大丈夫、もう一日いけるなと増額していた。ほとんどの株が値上がりしている状態だったので、少し不安に思いつつも安心していた。だから今日株価が少し下がったのを見て、あ、とうとう来たかと思ったのは自然だと思うし、そんなに慌てなかった。

その下落の原因を知り呆然とした。
新規上場したジェイコムの件だ。何の会社かは知らないが東証マザーズに今朝上場したばかりの会社なのだが、その株に対してある証券会社が「61万株を1株あたり1円で売る」という注文を出したのだ。恐らく「1株を61万円で売る(or買う)」の誤りだのだろうが、これを見た人たちは狂喜した。
今日上場して付いた価格は1株672000円。これを1円で買える!のだから(実際には取引金額の下限が有るので1円で取引されるわけではない。今回の場合だと572000円)。ちなみにこの会社の株は1万4000株しか発行されていない。

個人が(たとえば僕が)このような注文を出すことは出来ない。そんなに持っていないし、信用取引でも証拠金が無いので。だから僕がネットで入力ミスをしても注文は受け付けられない。しかし証券会社が取引所に出す注文は別だ。その証券会社を利用している人の注文を取り次ぐ場合も有るし、証券会社自身が売買する場合も有る。

で、しばらくたってその誤注文をだしたのは「みずほ証券」であることが判明した。間違いに気づき注文を取り消すまでのわずかな間(何分間かは僕は知らない)に、ほぼすべて取引されてしまった。金額に直すと3000億円以上である!。
ジェイコムの株価はこのせいでストップ安、急落する。で、ジェイコム株の取引はいきなり大賑わい、今度はいきなり急騰する。ジェイコム新規上場したその日のうちにストップ安、ストップ高の両方を経験するという史上初の出来事が起こった(データ調べたわけではないので、もしかしたら前例が有るかも知れないが)。

明日からみずほ証券はどうするのであろうか...みずほ証券はこれを買った人に株を渡さなければならない。
しかし無いのだから。何とかして調達しなければならない。
明日からジェイコム株は急騰する(はず)。僕の考えは間違っているのだろうか。


で、そんなことよりも大変なこと。
この事件が起こって、原因がみずほ証券だといおうことが分かるまでの間、犯人(被害者?)探しで証券会社、銀行の株価が下がりまくった。どこの証券会社なのかが分からないのだから、ほぼすべての銀行株が下がった。野村證券は自社サイトに「当社ではございません」と広告を出したくらいだ(笑)。

先月から持ってた東京三菱UFJ。先週買ったりそな銀行、そして昨日買ったばかりのみずほ銀行。...いったい今日の僕の損失は...
東京三菱とりそなは売ったのだが、みずほはまだ持っている。
原因がみずほ証券と分かった今、そのグループ会社みずほ銀行、そして僕の運命やいかに...


/ / /
Now


free counters