[自転車9]西明石-播州赤穂

1104map

又もゆっくりしすぎた。無料で付くはずの朝食を食べそこね、10時出発。風が有り少し寒くなるが、足の痛みは治まる。久しぶりに布団で寝たからか。

07110410591 国道2号線を西へ。加古川(写真)を越えたあたりから側道を走る。

姫路の街は意外と栄えている。
駅から姫路城 にかけては昔の建物は無く、近代的な都市だが、お城はさすがだ。天守閣だけでなく、郭内の多くの建物が残っており見ごたえが有る。今回は入っていないが。
観光客非常に多く、欧米系の外国人が多く目に付く。食事は姫路で何か名物のようなものが有れば食べようと思っていたのだが、特に興味を惹く店は無かった。中心部を少し外れるだけでいきなり街が寂れるのも気になった。

国道沿いは相も変わらずラーメン屋とファミレスばかり。ようやく見つけた おそうざいバイキングの店にした。ここもマニュアルっぽいといえばそうだが、手料理っぽいものを数多く食べれたのは良かった。1050円。

07110412351
07110415281 揖保川を越え相生市。
国道2号線の船坂峠が自転車ではきつそうなので、相生から備前市の間は 国道2号線ではなく、海に沿って走る国道250号線のルートを取ることにした。

相生は意外と小さな町で山裾の相生駅のあたりから、港まで自転車で15分ほど。海岸線沿いに数km走ると「道の駅/海の駅 白龍城」が有った。"海の駅"という単語はあまり聞き慣れないが、数年前から全国で設置されつつあるようだ。ヨットなどで旅している人も立ち寄れるように誰でも使用できるバースが整備されている。


(写真)牡蠣の佃煮を売っていた。珍しいのでは。

相生と言えばペーロン(白龍)祭。ペーロンが展示されていた(写真)。意外と大きい。
温泉も有ったので休憩する。足が痛くて階段を上るのが大変。温泉に入る際に、膝のサポーターを外すと楽になったが、膝を曲げる(普通に歩く)だけで痛い。

07110415301
07110417102

道の駅を過ぎてからは徐々に坂道。高取峠は実標高100m、海抜0mから上るので自転車ではきつい。ビルの50階まで自転車で上って下るわけで。
これくらいの坂、日本中至る所に有るし車だったら全然気にならないのだろうが、普段運動しない者が足を引きずりながら越えるのは大変だった。

坂を越えたあたりで(「坂越」という地名だった。なんてそのまんまな地名)、陽が暮れて暗くなり始める。日が沈んですぐに真っ暗になるわけではないが、あと30分遅ければもっと苦労しただろう。車が行き交う、路側帯もほとんど無い山道の国道で暗くなったら...

JR播州赤穂駅を目指す。賑やかな方へ走り続けると到着。駅前広場に自転車預り屋(写真)がすぐに見つかった。2週間後に引き取りに来る旨を伝える。
きりが良いので今回の肯定はここで終了。千葉に列車で戻ることに。

夜行に乗るには時間もまだ早いので、相生乗換で新幹線で帰る。この3日間自転車で走った行程も新幹線では約1時間30分(相生~米原)。車窓からの風景を飽きずに見続けた。

07110418251

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: [自転車9]西明石-播州赤穂

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.nakanishi-keiichi.com/mt/mt-tb.cgi/320

コメントする

このブログ記事について

このページは、Keiichi.Nakanishiが2007年11月 4日 21:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「[自転車8] 西宮~西明石」です。

次のブログ記事は「自転車10 / 赤穂-日生-倉敷」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.261