自転車の最近のブログ記事

なぜかこの2ヶ月は国内ばかり。それも九州北部に偏っている。
来週は雲南省の麗江へ行く予定。



,br>


【自転車】「呉~宇部」 1月4日~6日
呉の大和ミュージアム、岩国の町並み、湯野温泉。
呉~岩国は海岸線沿いに走るが、岩国から内陸。
久しぶりに山間部をずっと走った。






【島原半島へ】
島原鉄道の島原以南が廃止される前に...行ったわけではないのだが。
今回は車でも自転車でもなく、公共の交通機関(バス/鉄道)を使う。

諫早湾干拓道路の開通式典?の前に両岸市民の綱引き大会になぜか参加。
世界最大の綱だそうでギネスブックに載ったらしい。
どうでも良いが(干拓の是非にはここでは触れない)。

その日は小浜温泉の宿に泊まることになっていたのだが、偶然、
小浜青年会?の車に乗せてもらうことになる。なぜかヒッチハイク成功。
そしてなぜか小浜名物のちゃんぽんを奢ってもらう。
夜は刺身がおいしい。小浜以南、島原半島南西部は素朴で非常に良い。

2日目は原城跡をかなり時間をかけて見学、島原市内は見所多いが
時間無く駆け足で見学、島原城内の博物館が意外と充実していて驚く。
2泊目は雲仙温泉でそれなりに良いホテルに泊まる。
(ただ、やはり鄙びた素朴な宿の方が好きだ)





【自転車】「宇部(山口県)~糸島(福岡県)」 1月26日-27日
下関を観光、関門海峡はトンネルで渡る。
1日目の関門海峡のあたりと、2日目の糸島半島あたりのみ海岸。
どちらも風光明媚な良いところだったが、他は特に特徴の無い内陸部。
小倉~博多があんなに距離が有ると思わず時間配分に失敗。
カプセルホテル泊。お金が有れば豪勢に食事をするのだが...
博多ラーメンで我慢。





【天草ドライブ】 2月9日~11日
熊本空港で車を借りて天草へ。早速馬肉料理。
1泊目は本渡で1泊2食で3800円というすごい宿に。魚が美味しい...
2日目は天草北部を周り富岡城の資料館(立派。金かけすぎ)を見学、
昼食は地元の料亭といった感じの店、2000円程度で非常に豪華な食事。
2泊目は下田温泉。

昨年からの長崎/平戸/五島/島原/天草旅行と、なぜかキリスト教関連の所
ばかり周っている。観光地は急激に開発されてきているが、少し外れるだけで
昔の素朴な風景。久しぶりに遠藤周作でも読むか。





【自転車】
「糸島(福岡県)~唐津(佐賀県)、壱岐島一周(長崎県)」 2月23.24日

船の待ち時間を利用して唐津市内を周る。区割りに特徴有る町並み。
虹ノ松原、玄界灘沿いの道、非常に景色良く、走りやすい。
フェリーで壱岐へ渡島後、温泉。
古びた(←あまり良い意味ではない)国民宿舎に泊まる。安いから良いが。
食事は素朴だが、素材が良く美味しい。一人で仕事で来た営業マンと飲む。
知らない人と飲むのは、今回の旅ではもしかしたら初めてかも。焼酎のおかげか。1杯200円(笑)。
やはり日本国内ではあまりそういう出会いは無いなー。沖縄を除いて。
2日目は壱岐を一周して福岡へ。
北日本の暴風雪(壱岐でも雪が降っていた)の為、飛行機ダイヤめちゃくちゃ。
また博多のカプセルホテル。

2年前千葉の自宅を出発して通算18日目。
1月27日、ようやく本州を出て九州に。

http://www.nakanishi-keiichi.com/bicycle/index.html

この歳になって中学生がやるようなことにはまるとは。
でも働きマンでも、やろうと思えばやれるということが実証された。
毎回飛行機代をかけて自転車に乗りに行くのは、不経済かもしれないが。

一日に走るのは6時間ほど。距離は長くても100km程度。
観光地に寄る事も有れば、景色の良い所で休憩したり。
最近海外にばかり目が向いていたが、国内旅行もなかなか捨てがたい。

 

関門海峡はトンネルで超える。
トンネルの入り口は、下関の町からも門司の町からも2kmほど離れている。
約1kmの長さの歩行者用トンネルは生活の足というよりも、観光用のようだった。

通行料は自転車は60円、歩行者は無料。
トンネルには長い深いエレベーターで降りる。
トンネル内は自転車に乗らないで押して歩くようにという指示が有る。

割と通行量、歩いている人が居るが、ほとんどが観光客っぽい。
韓国からの観光客も多い。
山口県と福岡県の県境を現すポイントでは写真を撮る人だかり。

さて、ここからはどのルートを取って、どこへ向かうとするか。

071118map

0711180929
0711180939
0711180937
071180957
071181001 0711181003
071180948 071180947 0711180946
0711181038
0711181045
0711181109
0711181135 0711181128 0711181121
0711181202
0711181227
071181231
0711181302
0711181341
0711181430 071181342
0711181510
0711181811
071117map
0711170900

東京からの夜行バスは神戸駅に7時30分に時刻どおりついた。
格安のツアーバスの座席は満席で取れなかったので、JRバスを使った。
前回の行程では自転車で1日半かかった「神戸~播州赤穂」の区間を新快速で1時間半で駆け抜ける。
国道が線路とほぼ平行して走っていることもあり、見慣れた景色。

姫路駅で東海道線から赤穂線に乗換中にホームで名物(?)の「駅そば」を食べる。終戦後の食料統制中、小麦粉の入手が困難だった時に、こんにゃく粉とそば粉を合せて麺を作ったという。ラーメンのような麺に和風だしの変わった麺。

0711171016

播州赤穂駅から自転車。前回は暗くてまわれなかった赤穂市内。
赤穂城は駅から1kmほど。城跡には無料で入ることが出来るが、ボランティアのガイドが説明してくれる。天守閣、本丸とも無く寂しいのだが、城郭としての遺構は残っている。面積は広く、往時は勢力を持っていたことが分かる。赤穂藩には塩の売却により現金収入が有り、石高以上に豊かだったそうだ。幕府に勅旨接待役を任されたのも、この資金を使わされる為だったのだろうとガイドは言う。また、赤穂藩側も幕府の印象を良くするため、実高より数万石サバを読んで幕府に報告していたと言う。

0711171019

二の丸の大きな庭園の発掘調査が行われている。復元するようで、完成したら江戸時代の大名庭園が楽しめるだろう。

討ち入り時の藩士の家の前には、その藩士の経歴が書かれた札が立っている。生い立ちや、どのようにして藩に取り入れられたか、事件時に何をしていたか、討入時の役割、その後の人生(ほとんどが切腹だが)などが書かれていて興味深い。ただ、その浅野家以降も、赤穂には他の大名家が入り、明治時代までたしか5家も入れ替わりながらも続く。その時代のことは全くと言って良いほど触れられていない。明治には本丸は取り壊されて、昭和60年近くまでコンクリート建ての商業高校になっていたそうで、なんとも勿体無い限り。

0711171143

城を出てからは赤穂市内は15分ほどで抜けた。
鳥打峠、福浦峠(写真)の二つの峠を越えて岡山県に入る。


日生の街は海に沿って細長く、家が密集している。漁師町ののどかだけど活気のある雰囲気。
市場で50cmくらいのスズキ(1000円)、殻付の牡蠣(1杯80円くらい。kg売り)を買って実家へ送る。土曜日の昼時とあって、関西からのドライブ客で賑わっていた。ちょうど牡蠣の解禁日だった。

どこか良さげな店で昼食をと思って走るうちに、日生の街を通過。
250号線をまっすぐ走ればそのまま片上に行ける筈だが、道に迷い伊里の方へ。
通らなくても良い軽い峠を一つ越える羽目に。疲れて道端でコンビニのおにぎりの昼食。
約1時間のロス。

0711171245
0711171441

備前や伊部では、さすがに窯元がたくさん。
国道沿いにも何件か有る。

備前片上からは国道2号線に入り、側道をひたすら走り続ける。
さすがに2号線バイパスには広い歩道がついており走りやすい。
歩道と言ってもほとんど誰も歩いていないので快適。車も気にしなくて良いので路側帯よりも走りやすい。
ひざがまた痛み出したのと、景色が単調で良くないのが残念。

0711180016

百軒川、旭川の大きな橋を越える。バイパスは岡山市内には入らないのでそのまま西へ。
瀬戸内海沿いの民宿にでも泊まりたかったが、民宿に入る時間帯を逃す。宇野の方に向かうと夜11時頃になってしまう。残念だが倉敷市内のビジネスホテルへ。倉敷は宿が供給過多のようで、電話帳でみつけたホテルにチェックイン。
夕食はコンビニで調達。膝に低周波治療器(写真)をあてながら部屋で食べる。

NHKドラマ「海峡」。終戦前後の朝鮮半島の様子がうまく描かれていて良い。
(この時の第1回しか観れなかった。来春の再放送に期待)

1104map

又もゆっくりしすぎた。無料で付くはずの朝食を食べそこね、10時出発。風が有り少し寒くなるが、足の痛みは治まる。久しぶりに布団で寝たからか。

07110410591 国道2号線を西へ。加古川(写真)を越えたあたりから側道を走る。

姫路の街は意外と栄えている。
駅から姫路城 にかけては昔の建物は無く、近代的な都市だが、お城はさすがだ。天守閣だけでなく、郭内の多くの建物が残っており見ごたえが有る。今回は入っていないが。
観光客非常に多く、欧米系の外国人が多く目に付く。食事は姫路で何か名物のようなものが有れば食べようと思っていたのだが、特に興味を惹く店は無かった。中心部を少し外れるだけでいきなり街が寂れるのも気になった。

国道沿いは相も変わらずラーメン屋とファミレスばかり。ようやく見つけた おそうざいバイキングの店にした。ここもマニュアルっぽいといえばそうだが、手料理っぽいものを数多く食べれたのは良かった。1050円。

07110412351
07110415281 揖保川を越え相生市。
国道2号線の船坂峠が自転車ではきつそうなので、相生から備前市の間は 国道2号線ではなく、海に沿って走る国道250号線のルートを取ることにした。

相生は意外と小さな町で山裾の相生駅のあたりから、港まで自転車で15分ほど。海岸線沿いに数km走ると「道の駅/海の駅 白龍城」が有った。"海の駅"という単語はあまり聞き慣れないが、数年前から全国で設置されつつあるようだ。ヨットなどで旅している人も立ち寄れるように誰でも使用できるバースが整備されている。


(写真)牡蠣の佃煮を売っていた。珍しいのでは。

相生と言えばペーロン(白龍)祭。ペーロンが展示されていた(写真)。意外と大きい。
温泉も有ったので休憩する。足が痛くて階段を上るのが大変。温泉に入る際に、膝のサポーターを外すと楽になったが、膝を曲げる(普通に歩く)だけで痛い。

07110415301
07110417102

道の駅を過ぎてからは徐々に坂道。高取峠は実標高100m、海抜0mから上るので自転車ではきつい。ビルの50階まで自転車で上って下るわけで。
これくらいの坂、日本中至る所に有るし車だったら全然気にならないのだろうが、普段運動しない者が足を引きずりながら越えるのは大変だった。

坂を越えたあたりで(「坂越」という地名だった。なんてそのまんまな地名)、陽が暮れて暗くなり始める。日が沈んですぐに真っ暗になるわけではないが、あと30分遅ければもっと苦労しただろう。車が行き交う、路側帯もほとんど無い山道の国道で暗くなったら...

JR播州赤穂駅を目指す。賑やかな方へ走り続けると到着。駅前広場に自転車預り屋(写真)がすぐに見つかった。2週間後に引き取りに来る旨を伝える。
きりが良いので今回の肯定はここで終了。千葉に列車で戻ることに。

夜行に乗るには時間もまだ早いので、相生乗換で新幹線で帰る。この3日間自転車で走った行程も新幹線では約1時間30分(相生~米原)。車窓からの風景を飽きずに見続けた。

07110418251
11月3日
07110310322 ネットカフェで気付いたら朝10時。
漫画もゴルゴ13を1冊読んだだけ。まぁどうでも良いけど。
JR西宮駅出発10時32分。
07110310351 駅前に大きな生協。
神戸エリアは生協が普及している。
生協の旅行会社やスーパー、保険などよく見かける。
07110310561 芦屋は豪邸が多い。
普通の家も有るから芦屋に住んでいる=資産家という訳ではないが、割合は明らかに多い。

眠ったことでひざの痛みは治まったかと思ったが、そんなことはなかった。
走り出してしばらくして徐々に痛み出す。
耐え難い痛いでわないが、疲れも加わって前日よりはスピードが明らかに落ちている。時速13kmぐらい。
何か朝食をと思い走るが、国道沿いの店舗はラーメンかファミレスばかり。スーパーやコンビニという気分ではなく、その土地の名物は無いかと物色するも思い当たらず。
神戸の中華街まで我慢することにして走る。残り15kmほどが長く感じる。
三宮駅近くで道を聞かれる。答えられたので良かったけど。自転車に乗っているから近所の人と思われたか。自分は旅行者っぽい雰囲気だと自分では思うのだが。
07110312031 元町駅付近から人が多く、大丸前の交差点から元町の商店街にかけ、自転車ではとても走れず、歩く。中華街はすごい人だかり。神戸の中華街に来るのは久しぶりだが、横浜と比べると奥行きが無い。広さもだが、文化というか...神戸の中華街はほとんど観光施設になっており、食事をする店しかない。横浜ももちろんそういう面は有りレストランばかりだが、実際に何代も中国人が住み、中国人相手の(食事以外も)商売をしている人も居る。

自転車を置くスペースも無く、日曜日の12時と有って、一人が待たずに入れる店はほとんど無い。行列に並んで、相席でも良ければよいのだろうが。外れに有る目立たない店でありふれた定食を食べる。店選びで外して、さらに650円のサービス定食ということもあり、満足度低し。いつものランチの朱一軒の方が美味しい。おかわり自由だし...(注:中華街が駄目なんじゃありません。今回の条件が悪かっただけ)

屋台でチマキと割包を買って出発、神戸港へ行き公園で食べる。関西汽船の乗り場は移転したようだ。

07110314311

足の痛みは増すばかり。国道沿いにあんまの店、マッサージの店を見つけるもどちらも土曜日は休み。そうだ、マッサージをしてもらえば疲れもとれるはずだと気付き、探すが、必要な時は見知らぬ街だからかなかなか見つからない。
兵庫駅で教えてくれた病院も、診療時間は土曜日は午前中のみで断念。もう無理かと諦めかけたところ、長田で整体の店を発見、診てもらう。店の前のバイクから思ったとおり、同年代の男の人だった。

「自転車に乗ってまして、ヒザが痛いのですが」と言う。いつ頃からと尋ねられたので昨日からと答える。昨日から自転車に乗って、昨日から痛み出す...で、今も自転車に乗っている??とだんだん意味が伝わってないように思えたので、千葉から自転車に乗って云々と話する。隣の待合室から「えぇ~!」という声がした。

とりあえず診てみましょうということで、服を着替える。「右の方が腫れてますね。漕ぎ出しは右ですね」と一目見ただけで分かるらしい。どれどれ...と足をもんでもらった途端「おー、これはすごいねー。よう張れてる、すごいねー」と驚かれる。「さすが運動してる人は良い足してますね」と言われるが、皮肉だったのだろうか。膝に低周波をあててもらい、15分マッサージと冷湿布で2040円だった。 気持ちよさそうだったので、壁に張ってある料金表で整体もしてもらおうと思ったのだが、「他にお待ちのお客様が居られますので、こちらもやりたいのは山々ですが」と断られる。急患と思われたのか優先して診てもらってたらしい。

07110314371 今日はこの辺で休んだ方が...とのことだが、「そうですね」とだけ取りあえず答えて出発。足が軽くなり痛みも少し治まったこともあり、ゆっくりと西へ進む。

そう言えば長田は震災後の火災がひどかったところだ。
家がすべて新しく整然と並んでいることに気付く。来年で地震から10年だ。
07110315011 動物園を過ぎて須磨に。須磨の灯台は小さくてかわいい。
07110315021 砂浜で、中華街で買った割包を食べて休憩。淡路島や、大阪のビルまで見える。関西空港から飛び立った飛行機が目の前でどんどん高度を上げて西へ向って飛んで行く。
07110316181 07110316191 16時15分、明石大橋の下を通過。明石大橋の大きさと、淡路島の近さの対比。海岸を走り始めてから淡路島はずっと見えていたが、それがいきなり近くに現れた感じ。
07110316211 橋のたもとに幕末時代の砲台跡が有り、そこでまた休憩。ここと淡路島の砲台で協力して、この海峡を通過する異国船を攻撃することになっていた。使われることは無く、そして神戸港は外国にも開かれることになるのだが。

ここからは海岸にへばりつくように道路と線路が続く。明石の街は意外と大きく子午線や城など観光しても良かったが、陽が暮れるまでに先に進むことにした。
しかし西明石で18時、暗くなりかけたので断念。足の痛みが無ければ加古川・姫路と進めたと思うのだが。
ホテルは前日のことも有るので早く決めた方が良い。飛び込みで入ったビジネスホテルは満室と断られたので(いや、空きは絶対あったはず)、次のホテルでは電話番号を調べてから、まず電話をして予約を取る。「あー良いですよ、どうぞどうぞ」と言ってくれたホテルは大浴場も有るお得なビジネスホテルだった。自転車はどこに置けばよいかと尋ねたら「若いってえぇなぁ」と言ってくれた。「仕事はなにしてるん?」とも。

夕食は明石焼の店で。おでん5品とタコ飯、明石焼5個ついて700円。

ホテルの部屋からは小さく明石大橋が見えた。久しぶりにゆっくりテレビを見た。

11月2日 1102

自転車で旅をしようと思った。ただ移動するだけにしても、飛行機や鉄道で点と点を結ぶ移動よりも楽しいのではないか。
車で旅をしたときのことは鮮明に覚えている。自分で運転して好きなときに好きな所へ行けたからだろう。車で旅行しても助手席に座っている場合と、運転席に座っている場合とでは記憶の残り方が違う。ただ、車での旅だと移動の早さが早い。一日に何百kmも走れてしまう。ちょっと時間をかけて旅をすることによって、旅の記憶がより残るだろう。徒歩だと自分には少し時間がかかりすぎるように思われ、自転車で旅をすることにした(以前、徒歩の旅も試みたが長続きしなかった)。

2年前、自宅(千葉)から実家(滋賀)まで自転車で帰った。
自転車は実家の倉庫に眠ったままだ。
今回はそこから出発することにした。


朝5時、夜行バスで名古屋に着き、東海道線に乗り近江八幡着朝8時。
高校生で混雑するバスに乗り帰宅。通っていた高校の制服は変わっていた。


親に説明すると話がややこしくなるので、特に予定を説明しないで出発。
ただ、目的地は本当に決まっていない。
2年ぶりに見る自転車の空気はすべて抜けていたが、特にそれ以外の不具合は無い。
事故歴があるのでブレーキをよく確かめて出発する。

 

071102124011

天気は曇り。長命寺山の見える日野川の橋で。
出発時刻を記録するのを忘れていた。ここで12時半。
湖岸道路は走りやすいだろうが距離も伸びるし岡山の坂が面倒なので浜街道を進む。

071102135311

13時半で草津市から大津市に。
一日で京都ぐらいに行ければなぁと考えていたがもっと行けそうだ。
このあたりから湖岸道路を進む。
涼しくて走りやすい。

071102120221 14時、近江大橋をわたる。
自転車道も有り、坂もほとんど無く快適。自転車は通行無料。
浜大津で西武百貨店横の「びっくりどんきー」で食事。
このチェーンは初めてかもしれない。おいしいのは運動しているからか。
店に入る時に自転車の鍵が無いことに気付く。
07110215093

大津駅を過ぎ徐々に坂道に。

これやこの逢坂の関。
この狭い谷間に国道1号線(東海道/中仙道)と名神高速、JR東海道本線と東海道新幹線、京阪京津線がひしめきあう。少しきつい上り坂がつづく。
混んでいた道がいきなり空いたと思ったら、トラックが歩道に乗り上げの単独事故。
この事故でほんの数分で四之宮から大津市街地まで大渋滞。
ここは迂回路は無いからなぁ...
この日ばかりは車よりも自転車の方が早い。

071102150921
07110215141 07110215151
07110216011 東山越えは、五条に抜ける1号線のトンネルではなく、三条へ抜けるルートをとった。
こっちの方が坂が緩そうなので。東山は自転車で越えている人も結構いた。
旅人だけではなく近くに住む普通の人もいる。
MTBを必死でこぐ横を、電動自転車のおばさんが走っていく。

廃止になった京阪電鉄の跡地は公園になっていた。

07110216131 都ホテルでは何かのイベントをやっているらしくスーツの若者たくさん。そこから下り。
インクラインを横目に見て、東山三条のあたりからは外国人観光客が多くなる。
三条駅前の土下座像。けっこう大きい。
何度も見ているが気にしたことは無かった。
07110216181
鴨川沿いに七条まで下る。
何度も走った道。
五条を過ぎると人は少なくなる。
070707113611
昔住んでいたマンションに行ってみた。

ここから梅小路の公園を抜け、西へ西へ。
ここからは始めて通る道。京都から大阪へは1号線ではなく176号線を走る。
1号線だとだいぶん南下しなければいけないから距離も長そうだし、枚方のあたりでちょっと坂あったような記憶があるので。阪急線に沿って桂の方へ行き、国道を発見。
長岡京のあたりは良く分からないまま国道を走り続ける。
淀川に沿って走る道、自転車用の路側帯が幅80cmほどしかないのにガードレールが有りスピードが出せない。車道は車がスピードを出して走り危ない。

足が痛くなりだし、ジャパンで湿布(と自転車の鍵)を購入。

茨木でラーメン。美味しかったが900円。
卵も燻製だし、焼豚も塩も良いのを使っているのは分かるが...
カウンターの木のイスに座ると痛いので座敷を使わせてもらう。

吹田で176号から離れ、とうとう大阪市、上新庄を走る。知っている風景。
柴島から長柄橋を渡り、せっかくなので大阪っぽい梅田、堂島、中ノ島を走る。
ヨドバシカメラも出来ていて、大阪駅前の雰囲気が大きく変わっていた。

07110220581
07110223431 西へ西へ向かっていたら西九条の方へ行っていたようで、また北上。
安治川を渡るのは橋ではなくトンネルだった。
川を渡るトンネル、たぶん初めて利用した。
エレベーターで地下深く潜り、そこからトンネルで渡る。
長さ100m以上。結構長い。
こんな時間(23時半頃)だが何人かすれ違う。わりと利用されているようだ。
24時間営業、通行無料だが深夜はエレベーターが止まり階段だけになるらしい。
071123451
07110200171 淀川、神崎川を渡ると兵庫県、尼崎市。
国道2号線を走り続ける。
泊まるところが見つからない...
家は多いのだが。阪神沿線は想像以上に「下町」だった。

阪神尼崎駅前、深夜1時。賑やかだがホテルはない。
ビジネスホテル3件紹介してもらうもどこも満室。
そういえば金曜日だった。梅田で泊まれば良かった...がもう遅い。
071101021 武庫川も渡り西宮市。
足が痛いが、野宿するわけにも行かずこぎ続ける。

JR西ノ宮駅近くにてネットカフェを発見。
宿泊パック2000円。
1時40分。走行距離(千葉から)合計816km。
13時間(休憩数時間)で140km。

 

051231map
051230map
051229map
051225map

051224map松田駅を10時半出発。246号沿いに東へ。
最初は歩道が付いていて快調だが、山北を過ぎたあたりで歩道がなくなり路側帯を進む...ここで事件が発生。
大きな高架を渡ったところでトンネルが有った。片側だけに一段高いが幅の狭い歩道が有るのだが少し怖い。迂回路も見当たらず、不安ながらもトンネルを進む。トンネルは600mくらいは有っただろうか、トンネルを抜けた所で大きな橋。高さ数十m、長さは500mほどありこの橋を渡ることがどうしても出来ない。壁も有るので転落をすることは無いのだが、車の交通量は多いのに路側帯の幅が狭すぎる。車を運転している人は、自転車や歩行者は居ないと思って運転していてみなすごいスピードを出している。あきらめて今まで走って来たトンネルを振り返ると、とても戻る気になれない暗闇。
051224jikoここで自分の間違いに気付く。とりあえず道の横の、トンネルと橋との間の一坪くらいの小さなスペースに移動。携帯で助けを求める。どこに電話をすれば良いのか分からなかったので、まずはJAFに電話。会員であることと事情を説明してトラックか何かでピックアップしてもらおうかと考えたのだが、オペレーターは初めての相談に悩み上司の判断を仰ぐ。折り返し電話をしてもらったがここの業務では無いということで断られ警察に電話をするように薦められる。110番は何故か思いつかなかったのだが、それもそうかと思い警察に来てもらうことにした。110番は横浜市のセンターにつながり、電話後40分後ようやく松田警察署からパトカーがやってきた。
警察官に「すいません、気付かずに自動車専用道に入ってしまって...」と謝るが、「ここはバイパスだが自動車専用ではない。自転車が走ってもかまわない」と答えられる。でもこの道沿いに建物は一軒も無く、普通は自動車以外入ってこない、橋の前に旧道との分岐点が有り、自転車などは旧道の方にまわるとのことを教えられた。ここから「パトカーに先導」ではなく、「パトカーを先導」して次の旧道の分岐点まで走る。後続車に追突されないように、僕がパトカーの前を走った。

JR駅近くで警察官と別れる。住所や職業などかなり詳しいことまで記録をとられる。 110番の場合は記録を残さねばならないらしい。警察のデータベースでは僕の訳の分からん記録が蓄積されていることだろう...
ここからは246号の旧道を走るが、町からは町へ行くように警察官に教えてもらう。この道の方が集落を結んでいて、距離は長くなるかもしれないが走り易いとのことだった。

このあたりから富士山はよく見えるようになる。眺めの良い所でおにぎりを食べたりして進む。“事件”のせいでかなり時間は喰っているのだが、登坂も多いしあきらめる。
小山は落ち着いた古い町並み。道を尋ねたお婆さんに道路が凍結しているからと注意するように言われる。

足柄駅を過ぎてからは一段ときつい坂になり、15時ごろやっと御殿場市域に入るが、御殿場を過ぎてからはずっとゆるやかな下り坂。こがなくてもいいくらいで楽に走れる。246号と並行して走る県道を時速30kmくらいで進む。ここで遅れを取り戻し17時頃、沼津で国道1号線に合流。
1号線はさすがに整備されていて、片側2車線の他に側道も付いている。
真っ暗になり不安ながらも、郊外を走り続け19時半、富士に到着。ホテルを見つけ宿泊。

051223map渋谷で朝まで飲んだ後、朝5時半出発。村上さんにサドルを高くしてもらったからか調子が良い。
最初は眠気も無く、人通りも少ないので快調。国道246号線沿いに西へ向かう。
用賀あたりからペースダウン、町田(9時)で初めて休む。カルフールの駐車場でコンビニおにぎり。開店後、手袋とローストチキン、スモークターキーを夜食用に購入。
手袋をして暖かくなってからは少し調子が出るものの、厚木(10時半)で眠気に負け、トラックセンターで4時間仮眠。
その後は体力が戻り快調に...行くはずだったが、徐々に登り坂が多くなる。
そんなにきつい坂ではないのだが体力が減っていて、自転車を押して歩く。
伊勢原でネットカフェに1時間。メールチェック。疲れがたまってきて、コンビニ、マクドナルド、書店などに少し走っては休むを繰り返す。
秦野を過ぎて松田駅前で21時。終了。ネットカフェでみつけた小田原のホテルへ小田急に乗り移動。旅館、温泉など面白いかと思うが手ごろな値段のところが見つからなく、ビジネスホテルに。
1日100kmの予定だったのだが届かず。登り坂があると不可能な目標であることに気づく。
こんな所ですでに疲れていては、実家まで帰るというのはやはり無理か...

 
WOWOWで「天保十二年のシェイクスピア」を観る。面白かったのだが疲れに負けて眠....

年末年始は実家に居ることにした。
...と言うか、毎年、年末年始は実家で過ごしている。

だから、年末年始よりもこのクリスマス3連休に予定が無い事の方が切実な問題だ。
この時期に一人で海外へ行く気分になれないし、それ以前に航空券が取れないだろう。
で、思いついたのが(例によって例の如く、予定は前日に決まるのだ)、
実家へ自転車で帰るというもの。実家は滋賀県の近江八幡というところで、
うまくいけば、本当にうまくいけば、非常に良い条件でうまくいけば、
この年末の6日で辿り着けるような気がする。たぶん。
26〜28日はまだ仕事が有るので、23.24.25と29.30.31の6日間である。

千葉県からの距離はざっと見て580km。1日100kmで行けば大丈夫のはず。
関東以外、全国的に雪が降っているというのが気がかりであるが...
(名古屋あたりも降っているし、滋賀・岐阜県境はかなり...)

まぁ連休何もしないよりは良い。行ける所まで行ってみよう。


夜に渋谷で元気な人たちの忘年会が有る。午後2時自転車で早速千葉を出発。
北風が強く苦労するも8時過ぎに渋谷到着。
久しぶり&初めての顔がたくさん居た。
いつもながらHIROやkyoの盛り上げには感心する。
僕も結構飲んだような気がする。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち自転車カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは温泉です。

次のカテゴリは読書です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.261

カテゴリ