2010年2月アーカイブ

「台所から北京が見える ~36歳から始めた私の中国語」
長澤信子 / 昭和58年12月15日 /東京ジャーナルセンター

「36歳の主婦が始めた中国語の学習記録」であり、中国語の学習方法や中国への渡航記録を書いているのであるが、この本の主題はそうではない。目標を持って行うと結果が着いてくるということを述べるために著者はこの本を買いたのであろう。
「中国 見たもの聞いたこと」 西野広祥 1990年11月20日 天安門事件前後に、大連へ語学留学していた著者(40代男性)のエッセー。