2011年7月アーカイブ



長崎ぶらぶら節 - goo 映画
長崎ぶらぶら節 - goo 映画
「長崎ぶらぶら節」
なかにし礼/著
2002年10月10日 文春文庫


直木賞の受賞理由がいまいち分からないのだが...

一度は時代に埋もれてしまったひとつの唄が再び、世に出るきっかけというものがこれほどはっきりしているのは珍しい。実在した登場人物たちの生涯は興味深い。

「赤い月」や「兄弟」のような衝撃がほしい。自分が私小説の方が好きというだけなのかな。
「ボクが教えるほんとのイタリア」
アレッサンドロ・ジェレヴィーニ/著
平成13年12月15日/新潮社

日本在住ウン年の、故郷イタリアを愛して止まない著者が、イタリアでの日々を想い書いたエッセー。
「上海このごろ多事騒然」開放政策化の庶民事情
趙夢雲/著
1993年5月、大村書店

自分が初めて中国に行ったのは1993年。ちょうどその頃に書かれた話。急速に改革が始まった頃の上海での庶民の暮らしが分かりやすく書かれている。分かりやすいと感じるのは、著者が日本に留学に来た上海人だからだろう。著者が育った上海の町が帰省する度にどんどん変わっていく。日本人の心をよく知る中国人だかこそ書けるのだ。著者は中国国際旅行社専属の日本人ガイドだったこともあり、日本人がどのようなことに興味を持っているのかをよく知っていて、文章も分かりやすい。
翻訳ではない。中国人が日本語で書いている。


この本の趣旨ではないが、戦前の上海の様子が少し描かれている。文革時の中国の様子を知る日本人は少ない。つい最近(この本の書かれた1990年代初頭)までは戦前の上海の日本租界の建物はたくさん残っていたのだ。現在はもう見ることができない...