2012年3月アーカイブ

知人が本を出す。

LCCが拓く航空市場−格安航空会社の成長戦略

本の内容がLCCが国内線にも次々と就航するこの時期にぴったり。 修士論文だという。表紙・出版社をみて「お堅そう」なのは判ったが...

まだ販売されていないのだが、タイトルを見ただけで、(自分は)興味が有る内容だし読みたいと思った。知人の書いたものだからというのも有るのだが、もちろんそれだけではない。
もっと興味を持ったのは、彼女が仕事(空港整備の調査だと数年前に聞いた。詳しくは知らない)の合間をぬって大学院に通って、自分の仕事について詳しく調べ&考えたこと、出版という事でそれが目に見える形になった事だ。
モチベーションをずっと維持し続けていることに感心する。
いや、働いている以上目標が有って、それに向かって進んでいくのは当然なのだろうが... 意志が強くないと楽な方にどうしても流されてしまうと言うか...スゴイと思う。
「一流たちの修行時代」
野路秩嘉/著
2010年7月20日
光文社新書
「朝日新聞記者が書いたアメリカ人『アホ・マヌケ』論」
近藤康太郎
2004年7月20日 講談社新書

朝日新聞社記者っぽくない朝日新聞記者が書いたアメリカ滞在記。
だがやはりどこか朝日新聞記者っぽい(笑)。
911事件・イラク戦争開戦時のアメリカ(特にニューヨーク)の描写が良い。
阿片王 満州の夜と霧
佐野眞一
2005/7/28
新潮社

「美味しんぼ」108巻
被災地編・めげない人々
2012年3月5日
小学館