2014年7月アーカイブ

高校時代に朝日新聞の配達のアルバイトをしていたのだが、ちょうどその頃に、この「本多勝一集」が朝日新聞社から発売された(これとは関係ないが実家では毎日新聞を購読していた)。

全30巻で2ヶ月に1巻づつ5年間かけて出版という壮大なもので、価格も1冊あたり4000円と高校生にとってはなかなかきついものだったが、興味には勝てず購入した。既に文庫本で20年前に出版されていたなんてインターネットの無い当時は気付かなかったのだ。

ただ、この1冊のボリュームはすごかった。2ヶ月あっても読みきれないくらい。いや、読みきれなかった。その後の自分の思想に影響を与えた本だと思う。

零下20℃でアイスクリーム
森千草
1995年4月10日
フジテレビ出版