2015年3月アーカイブ

「ワンちゃん」
揚逸
2008年1月10日/文藝春秋

中国人が芥川賞受賞ということで話題になった作品。
著者自らの体験を活かして書かれた短編小説。話の大きな展開は無い、一言で言うと素朴な感じの文章なのだが、それが主人公の性格をうまく描いているのかもしれない。
正直、大きな感動は得られないのだが、いやそれが良いのかもしれない。