「海嘯」島尾ミホ

| トラックバック(0)


明治期の加計呂麻島での生活を静かな文章で情緒的に描かれている。話し言葉の部分は当時の言葉で書かれていてルビがふられている。島尾ミホ最後の作品なのだが、80代後半の人が書いたとは思えないきれいな文章(80代の人の文章を読むこと自体あまり無いが)。
  島尾ミホは加計呂麻での少女時代、結婚後の東京での時代、平穏を求めての家族での奄美移住、夫の死去後の静かに暮らす時代、それぞれ別の小説に描かれている。東京で生活をしていた時代の「死の棘」で描かれた"狂うひと"のイメージが自分は強く、そして夫の島尾敏雄死去後ずっと喪服(黒い服)で過ごした彼女だが、心の奥底には加計呂麻で暮らしたときの思い出がずっと残っていたのだなと感じされられる一冊だった。



この本と関連すると思われる本
システムによる自動抽出です。精査したわけでは有りません。



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.nakanishi-keiichi.com/mt/mt-tb.cgi/1971

最近のブログ記事

インド独立の志士「朝子」
インド独立の志士「朝子」 笠井 亮平 …
「海嘯」島尾ミホ
明治期の加計呂麻島での生活を静かな文章…
「いつか旅する人へ」 勝谷誠彦
「いつか旅する人へ」 勝谷誠彦 19…
「最後の冒険家」 石川直樹
「最後の冒険家」 石川直樹 2008/…
「往復書簡」 湊かなえ
「往復書簡」 湊かなえ幻冬舎 (20…
はるかなるアフガニスタン アンドリュー・クレメンツ
「はるかなるアフガニスタン」 アンドリ…
梅里雪山~17人の友を探して
梅里雪山~17人の友を探して 2010…
漂流記の魅力 吉村昭
漂流記の魅力吉村昭2003年4月10日新…
シルミド[実尾島事件]の真実 城内康信
シルミド[実尾島事件]の真実 城内康信 …
「イスラム飲酒紀行」 高野秀行
amazonリンク イスラム飲酒紀行 …
「ワンちゃん」 揚逸
「ワンちゃん」 揚逸 2008年1月1…
「凍」 沢木耕太郎
「凍」 沢木耕太郎 登山家の山野井泰史…
「戦場のニーナ」 なかにし礼
「戦場のニーナ」 なかにし礼講談社20…
「天皇の密使」 丹羽昌一
天皇の密使 丹羽昌一メキシコ革命(19…
無鹿
無鹿 (文春文庫) 遠藤周作 2000年…
「本多勝一集」 朝日新聞社
高校時代に朝日新聞の配達のアルバイトをし…
零下20℃でアイスクリーム
零下20℃でアイスクリーム 森千草 19…
「ナツコ 沖縄密貿易の女王」 奥野修司
「ナツコ 沖縄密貿易の女王」 奥野修司…
「狗神」 坂東 眞砂子
「狗神」 坂東 眞砂子 平成8年12…
「追憶のカシュガル」 島田荘司
進々堂世界一周 追憶のカシュガル島田荘…