「バグダッド憂囚―商社マン・獄中の608日」 吉松安弘

| トラックバック(0)

バグダッド憂囚―商社マン・獄中の608日
吉松 安弘
2010/3/20
NHK出版
イラン・イラク戦争中にバグダッドにプラント輸出の営業で赴任した商社マンが、赴任2か月目にして贈賄で秘密警察に拘束され、一方的な裁判で有罪判決、刑務所に収容される。
贈賄自体も現地採用のスタッフが仕組んだもの。当時のイラクでは企業に雇用の自由がなんと無く、現地採用の従業員には秘密警察が紛れ込んでいたという。

起訴前の秘密警察の拘置所、有罪確定後の刑務所の大部屋や外人房での獄中体験、拷問内容、他の囚人との会話、情報が無い中での会社(本社・現地事務所)、家族、日本大使館の釈放運動、獄中での本人との連絡が取れないことによる齟齬など、興味深い。 彼は精神状態を保つことができたから復帰できたものの、ある日いきなり、外国で刑務所に入れられてるというのは精神的肉体的に"ダメになってしまう"人もいると思う。そもそも犯罪を犯したという意識もないし、昼間に突然車に押し込められて拉致されるという荒っぽい拘束方法もすごい。さらに外部と連絡を取らせないから、家族なども何が起こったのかさっぱり分からず、行方不明扱いになるという状態。

フセイン大統領やバアス党がその後どうなったのかは周知のとおり。解放につながる交渉を行った阿部晋太郎外務大臣の子供は今は総理大臣。このアブグレイブ刑務所は湾岸戦争後にアメリカ軍が運営することになり主従が逆転する(そして米軍によるアブグレイブ刑務所における捕虜虐待で世界的に有名になる)。当時刑務所に居た人たちはその後どうなったのだろう?



この本と関連すると思われる本
システムによる自動抽出です。精査したわけでは有りません。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.nakanishi-keiichi.com/mt/mt-tb.cgi/2043

最近のブログ記事

「東京近江寮食堂 宮崎編: 家族のレシピ」渡辺 淳子
東京近江寮食堂 宮崎編: 家族のレシピ…
「東京近江寮食堂」 渡辺淳子
東京近江寮食堂 渡辺 淳子2017/1…
「野いばら」 梶村啓二
野いばら 梶村 啓二2011/11/2…
「使者と果実」 梶村啓二
「使者と果実」 梶村 啓二 2013…
「ダリエン地峡決死行」 北澤豊雄
ダリエン地峡決死行 北澤 豊雄2019…
私の履歴書 橋田壽賀子
2019年5月の「私の履歴書」(日経朝刊…
「円周率を計算した男」 鳴海 風
円周率を計算した男 鳴海 風1998/…
「悟浄出立」 万城目学
悟浄出立 万城目学2014/7/22集…
「ヤノマミ」 国分拓
ヤノマミ 国分 拓2010/3/20N…
「日本国最後の帰還兵 深谷義治とその家族」深谷 敏雄
日本国最後の帰還兵 深谷義治とその家族…
「バグダッド憂囚―商社マン・獄中の608日」 吉松安弘
バグダッド憂囚―商社マン・獄中の608…
「天才の栄光と挫折」 藤原正彦
天才の栄光と挫折 藤原 正彦2002/…
「サムライブルーの料理人」 西芳照
「サムライブルーの料理人」 西芳照 2…
インド独立の志士「朝子」
インド独立の志士「朝子」 笠井 亮平 …
「ここは退屈迎えに来て」山内マリコ
「ここは退屈迎えに来て」 山内マリコ 2…
「海嘯」島尾ミホ
明治期の加計呂麻島での生活を静かな文章…
「いつか旅する人へ」 勝谷誠彦
「いつか旅する人へ」 勝谷誠彦 19…
「最後の冒険家」 石川直樹
「最後の冒険家」 石川直樹 2008/…
「往復書簡」 湊かなえ
「往復書簡」 湊かなえ幻冬舎 (20…
はるかなるアフガニスタン アンドリュー・クレメンツ
「はるかなるアフガニスタン」 アンドリ…