「ダリエン地峡決死行」 北澤豊雄

| トラックバック(0)

ダリエン地峡決死行
北澤 豊雄
2019/6/13
産業編集センター
旅人なら憧れる"陸路国境越え"。
その中でも特に困難であることで世界的に有名な、コロンビアからパナマへの陸路国境越えを、コロンビアに在住だった著者は企んだ。この国境は法によって越境が禁止されているわけでは無い。道が無いのだ。国境はジャングルで道が無いだけでなく、麻薬組織や反政府組織の勢力範囲。これまでもこの地域に入った数多くの人が殺されてきたと言う。
だがこれは逆に犯罪者や難民など、何らかの理由でパスポートを持たない者たちが自由の国アメリカへ行くために隠れて越えて行く道。著者は先住民や謎の"越境請負業者"の案内でここを徒歩で越えようとするのだが...
本を読み始めて数ページ。あれ?既読感が...と思ったら、以前一部をネットで読んだ文章だ。彼は数年前からこの文章を出版しようとしていたがなかなか出版社が見つからなかったらしい。今回、満を持してようやく出版されたのだ (これは彼の処女作)。

だが、なぜ出版化に時間がかかったのかと思うほど、高野秀幸さんのミャンマーからインド越境の本のような面白さ。"普通の人"が危険地域に無鉄砲に飛びこんで行く感じが良い(笑)。

先がどうなるのか分からずテンポ良く話は進むので、読み始めると一気に読み切る。"友達の旅行記"と思い読み始めたのだが、そんなものではない。素晴らしい"紀行文"だ。

彼がスペイン語が出来て最後には先住民の人達と信頼しあえたのが、成功の大きな理由だろう(あ、成功したと言っちゃった)。パナマに入ってからの一騒動も興味深い(自分は"そのような体験"をしたことがないので)。

途中のコロンビアに関する解説の部分が冗長に感じたのだが、一般の日本人読者はその知識が無いからきっと必要なのだろう。実際自分もコロンビアやダリエン県についての知識は無かったが、一気に読めたので。これを読んでコロンビア、と言うか先住民の村に行きたくなった。著者はそんな思惑が有ってこれを書いたのではないだろうが。



この本と関連すると思われる本
システムによる自動抽出です。精査したわけでは有りません。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.nakanishi-keiichi.com/mt/mt-tb.cgi/2041

最近のブログ記事

「東京近江寮食堂 宮崎編: 家族のレシピ」渡辺 淳子
東京近江寮食堂 宮崎編: 家族のレシピ…
「東京近江寮食堂」 渡辺淳子
東京近江寮食堂 渡辺 淳子2017/1…
「野いばら」 梶村啓二
野いばら 梶村 啓二2011/11/2…
「使者と果実」 梶村啓二
「使者と果実」 梶村 啓二 2013…
「ダリエン地峡決死行」 北澤豊雄
ダリエン地峡決死行 北澤 豊雄2019…
私の履歴書 橋田壽賀子
2019年5月の「私の履歴書」(日経朝刊…
「円周率を計算した男」 鳴海 風
円周率を計算した男 鳴海 風1998/…
「悟浄出立」 万城目学
悟浄出立 万城目学2014/7/22集…
「日本国最後の帰還兵 深谷義治とその家族」深谷 敏雄
日本国最後の帰還兵 深谷義治とその家族…
「サムライブルーの料理人」 西芳照
「サムライブルーの料理人」 西芳照 2…
インド独立の志士「朝子」
インド独立の志士「朝子」 笠井 亮平 …
「ここは退屈迎えに来て」山内マリコ
「ここは退屈迎えに来て」 山内マリコ 2…
「海嘯」島尾ミホ
明治期の加計呂麻島での生活を静かな文章…
「いつか旅する人へ」 勝谷誠彦
「いつか旅する人へ」 勝谷誠彦 19…
「最後の冒険家」 石川直樹
「最後の冒険家」 石川直樹 2008/…
「往復書簡」 湊かなえ
「往復書簡」 湊かなえ幻冬舎 (20…
はるかなるアフガニスタン アンドリュー・クレメンツ
「はるかなるアフガニスタン」 アンドリ…
梅里雪山~17人の友を探して
梅里雪山~17人の友を探して 2010…
漂流記の魅力 吉村昭
漂流記の魅力吉村昭2003年4月10日新…
シルミド[実尾島事件]の真実 城内康信
シルミド[実尾島事件]の真実 城内康信 …