4生計費の最近のブログ記事

* 小・中学校の同級生の弟が書いた本ということで読む。なかなか刺激的なタイトル。普段の自分なら買う事は無いだろう(笑)。ただし、中身はそんなエゲツナイ内容ではない。その真逆で、真面目な本だ。しかも堅くなく非常に分かりやすい書き方をしている。彼は(その奥さんも)税理士なのだが、全く専門的な話は出てこない。高校生に読ませるべき内容だ。


20代、お金と仕事について今こそ真剣に考えないとヤバイですよ!
野瀬大樹/野瀬裕子
クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
2009年4月14日


直接は触れられていないが、彼の家は商売をしているのを自分は知っている。この本の内容は近江商人の家訓や生き方と相通じるものがある。自分も知らず知らずの内に親から言われている事柄ばかりだ。ただしいつも肝に銘じていないとついつい忘れがちの事と言うべきか。

誰にでも実践できることばかりだ。つまらないとか言うべきではない。金持ちになる人はすべて実践している事ばかりだろうと思う。あぁだから自分はだめなのか。