37現代の最近のブログ記事

「ここは退屈迎えに来て」 山内マリコ 2014/4/10 幻冬舎文庫
「ワンちゃん」
揚逸
2008年1月10日/文藝春秋

中国人が芥川賞受賞ということで話題になった作品。
著者自らの体験を活かして書かれた短編小説。話の大きな展開は無い、一言で言うと素朴な感じの文章なのだが、それが主人公の性格をうまく描いているのかもしれない。
正直、大きな感動は得られないのだが、いやそれが良いのかもしれない。
戦場のニーナ
なかにし礼
講談社
2007/1/30

狗神
坂東 眞砂子
平成8年12月 角川文庫
進々堂世界一周 追憶のカシュガル
島田荘司
2011年4月
新潮社
赤い月〈上〉
赤い月〈下〉
なかにし礼
2001年4月
新潮社

著者の満州での幼少期に体験を下に書かれて私小説だが、主人公は母だ。 よくある「戦争の悲惨さ」だけを描いたものではない。著者の母の特異な過去をモチーフに、母の強さを描く。
がらくた
江國香織/著
2007年5月
新潮社

鴨緑江流るる」 大林高士
1998年12月25日ティ・アイ・エス

フリージャーナリストの書いた小説。北朝鮮の一技術者と、地方に住む帰還家族の一少女がたどる運命。
北朝鮮の国内で起こっている事は、脱北者からの伝聞でしか知ることが出来ない。たとえジャーナリストでも自らの取材ではなく、インタビューからでしか知る術がないとすれば、今回のことも"小説"という形式を取らなければならなかったのだろう。

北朝鮮のミサイルはこれまでのところ"失敗"に終わっている。今後も"成功"はしないと思うのだが、あの飢餓国家がGNPの何割もの巨費を費やしてまでなぜミサイルにこだわるのかを考えてみたら怖い。

では、登場人物のような人達を救うにはどうしたらよいかと考えるとまた難しいのだが。アメを与えるべきかムチを与えるべきか。第二次世界大戦を終わらせるには原爆が必要だったのかと同じで。
偽偽満州
岩井志麻子/著
集英社
2004年2月26日


なんて悪い男なんだ、中西は...(苦笑)
【出版社の紹介文】 昭和初期の岡山。美貌と巧みな嘘で男たちを虜にする売れっ子女郎・稲子。客の中西に世間を騒がすピストル強盗・通称ピス完の面影をみた稲子は、商売を忘れてこの悪漢に惚れ込んだ。ともに大陸へ渡ったが、大連で遊廓に売られ、中西を追う旅が始まる―。見知らぬ異国で、人を殺め、金を奪い、男を騙しつつ、思う男に抱かれたい一心の逃避行。赤い大地を破滅へと疾走する女が見た夢の果てに...。

上海タイフーン
福田靖/著
講談社
2008年8月26日



NHK 土曜ドラマ「上海タイフーン」
「失業し失恋した30歳OLが上海に移住し起業する」という,有りがちなようであまり無いような、いややはり有る(笑)、テレビドラマにぴったりのストーリー。ドラマを少しだけ観た事があり気になっていた。視聴者(30代女性)と主人公は層が一致し、さらに華流アイドルが共演。小説ではなくテレビドラマの脚本として書かれたもので、その視点で読むと確かに良く出来ている。

海外で起業する人は、日本で成功して得た資金又は投資家から集めた資金で始める人と、この話のようにゼロからスタートする人が居る。この話のなかでも書かれているが、上海に行けば成功するわけではない。変に夢や希望だけを持って行く人は弱肉強食の世界には耐えられない(日本で耐えられないのだから、中国で耐えられる可能性は低い)ことにもちゃんと触れている。

自分の身の周りに何人か上海在住経験の有る人が居る。この本の舞台である2007~2008年というのは、今思えば上海での盛り上がりがピークだった頃だ。新天地に住んでいたI君の家に遊びに行った時のことを思い出す。万博開催時(2011年)は中国全体ではまだまだ成長途上だが、上海だけだとピークとは過ぎていたように思う。そういう意味でもこのドラマはタイミングを掴んでいて、その雰囲気をうまく描いていて面白いと思う。この脚本家の上海滞在はわずか6日。さすが。
「それぞれの戦争」

豊田穣/著
光人社
昭和57年6月17日

ソロモンで操縦していた爆撃機を撃墜されて海上漂流中に米軍捕虜になり、帰国後新聞記者となった著者が、その経験を元に書いた短編小説集。戦後のどさくさに紛れた時代の人々の様子がうまく描かれている。
「夜の上海」
高 真由子/著
2007年8月29日 講談社

映画の脚本とは知らずに購入。
2005年くらいの上海が舞台。こんなことが有るような、無いような。発展途中の上海を舞台にしたラブストーリー。少し話が薄いかな...



外食王の飢え」 城山三郎/著
1982年9月/講談社

高度成長期の熱血小説。自分は好きなのだが、現代と違う"熱い"雰囲気で最初は馴染めないかもしれない。ロイヤル(ロイヤルホストなど)の創始者が主人公。戦後の混乱時期にアメリカ軍に取り入り、万博での成功を経て、外食を"産業"と世間に認めさせる努力を描いている。

これは伝記ではなく小説なので、フィクションがほとんどと思いきや、この本を読んだ後に「私の履歴書」を読んでみたら、内容が全くと言って良いほど同じで面白かった。

この話から30年経った現在、ロイヤルホストも、そのライバルとして描かれているスカイラークもデニーズも売上の伸びは止まっている。この話が書かれた頃の読者は、その頃どんな将来像を描いていたのだろう。
もちろん産業をしての規模は拡大していて、成功には違いない。"最初に行動する人"を責めてはいけない。


これを読んでからロイヤルホストとガストに行けば、両者はなぜこんなに違うのかが分かって面白い...かもしれない。

(memo)
*ロイヤルの創始者、江頭匡一は日本経済新聞「私の履歴書」の1999年5月を担当している。2005年死去
*すかいらーくは2006年、創業者一族がMBOを行い上場廃止。
成功者の告白
~5年間の起業ノウハウを3時間で学べる物語~
神田昌典/著
2004年1月26日
講談社

起業の仕方を解説するマニュアル本(←面白くない)は多いが、起業後の具体的なアドバイスを 書いた本は少ない。業種によってアドバイス内容は異なるだろうから当然だが。

この本は起業し成功することによって起こる様々な悪い出来事を乗り越えるにはどうしたら良いかを考えさせるコーチング本。この本ではその悪い出来事を"地雷"という言葉で表している。地雷を無くすことは出来ないが、それを避ける方法、もしその地雷を踏んだ場合の対処法に触れている。このような地雷が有ることを前もって知っていると心構えも変わるだろう。きっと。
ビジネス書なのだがタイトルに有るとおり"物語"形式で分かりやすい。"起業"とは関係の無いと思っている人が読んでも共感する部分は有ると思う

独立した者、既に経験した者が読むと唸らざるを得ない。"用賀図書館"にあったのだが、この本は誰の寄贈なのだろうか...
初版は2004年と有る。その頃の自分がこの本を読んでいたら、今の自分は少し違ったかもしれない。胸が苦しい。
葛橋
坂東 真砂子
角川文庫
平成13
水曜の朝、午前三時
蓮見圭一/著
2005年11月
新潮社

本屋には一人で行くのも良いが、誰かと行くのもまた、良い。 【本日新書すべて200円】の張り紙の有ったブックオフ。文庫本で何気なく取った本。「あ、それ良かったよ。軽く読める」という言葉で特に気にせず買った本。

(あらすじ)
私(男)は幼馴染と結婚する。結婚相手(葉子)の母親(直美)は幼稚園の頃から知っている。どこか退廃的、不良なその女性のことは気になっていた。その直美が脳梗塞で亡くなった。亡くなる直前に直美は葉子に宛ててテープを残していた。そのテープには、若かった頃の直美の思い出が残されていたのだが、内容は直美の夫には聞かせるわけにはいかないことだった。

直美は厳しい家庭で育てられたのだが、美しく才能の有る彼女は就職して2年目、初めて親に逆らう。許婚との結婚から逃げるために、大阪万博のコンパニオンとなったのだ。大阪での寮生活で彼女はある男性と出会う。その男性と結婚を考えるのだがその男性は...



著者の名前は聞いたことが無かった。文章は平易で読みやすい、突拍子のないことは起こらない。だがよく練られている。あちこちにちりばめられているメッセージ、人生訓のようなもの。

出てくる地名が個人的に懐かしいというかひっかかる。千里。東成の食堂。下鴨のデルタ。南禅寺。木屋町の細い路地。京都ホテルのバー(昨年なくなってしまった。あのホテルでは...) 春の琵琶湖疎水の桜。冬の舞鶴の吹雪の夜。

穏やかな日常の中に有る、非凡な才能を持った人たち。
「魔都上海 オリエンタル・トパーズ」
山崎洋子
1993年10月25日
講談社

好きだけど、どこかで読んだなぁ。
高校ぐらいに読んだ記憶が有るのだが、古本屋で見つけたので再購入。
詳細な記述のために、創作ではなく本当にこの文献が有るかのようにも思える、辻邦生の歴史小説。

具体的な出来事の描写~堺商人とのやり取り、岐阜城での初めての対面、長島掃討、鳥羽での鉄鋼船建設、長篠へ向けての鉄砲製作と訓練、安土でのセミナリオ建設、石山城包囲戦~だけではなく、登場する人物の描写も面白い。目は笑っていない津田宗及、学者に似た佐久間信盛、陽気なオルガンティノ。傲慢なカブラル、思いつめた表情のヴァリニャーノ、運命を子煩悩な荒木村重、抜け目無い羽柴秀吉。日本を初めて訪れるヨーロッパ人という特殊な視点を取ることで、当時の日本の雰囲気が生き生きと伝わってくる。

また、その人物の特殊なこれまでの経歴~~ベネツィアで妻を殺して逃亡、ポルトガル傭兵としてノヴィスパニア(キューバ・ホンジュラスなどの占領地帯)の反乱鎮圧のために戦い苦しんだ後に、船員としてゴア(インド)、マラッカへとたどり着いた~~と人生観が、織田信長やヴァリニャーノの性格を理解するのに役立たせている。「事が成る」ためにはどうすれば良いかを常に真剣に考えているために余人には理解されない焦燥とあきらめが良く書かれている。

自分の知人にいる良く似た人物がいる。「成功者」と「嫌われ者&人気者」である彼らにに対する周囲の評価と、彼らの受け止め方が気になる。真剣に生きる人物は、周囲の大多数の者には理解されていない。多くの者は、彼らがすごいことは分かるが、なぜそうなのかは知らないのだ。本人(もちろん、この小説での織田信長)の孤独は深い。例え周囲には陽気に見えても。

「安土往還記」 辻邦生
1973年4月25日 新潮文庫

失明する運命の女の子は、吹雪の夜に越後の旧家で生まれた。病弱な母に代わって母の妹に育てられたその子は強い意志を持ち、次々に起こる壁を乗り越えていく...という話。

連載当時自分は高校生だった。この新聞小説が大きな反響を得ていることは知っていたのだが、読んでいなかった。毎日新聞を購読していたのだが...今回古本屋で買って読んでみて、話の展開もよく、また読者(特に女性)が感情移入もしやすい内容、ヒットの要因が分かりやすく、興味深かった。

もちろん内容もよく、時代背景、舞台背景(越後の冬、静かで暗い夜)の描写もうまい。失明した少女が感じる夜、静かで冷たい蔵を想像しながら読んだ。都会の人でも、もちろん越後の人が読んでもそれぞれの感じ方は違うだろうが良いと思う。


p.s 読み終えたときにちょうど日本経済新聞の私の履歴書で大蔵敬一氏(月桂冠社長)の連載が始まった。彼は伏見の酒蔵で越後とは違うのだが、彼の生い立ちがこの「蔵」の主人公「烈」の子供の生き方と重なり、興味深かった。



「蔵」 宮尾登美子
1993年9月20日 毎日新聞社




ラストコーション

「上海リリー」
胡桃沢 耕史
文芸春秋 1993年5月

「lust caoution」とそっくりじゃないか、 と思ったがこの本の方が映画より早かった。
上海が"魔都"だったころの話。

ところで、この話のどこまでが実話でどこからが脚色なのだろうかと調べてみたら、結構実在の人物が多いのに驚く。 きっとこの人がモデルなんだろうなぁと思われる人も居たり。上海ではありふれた話なのか?
藍衣社は有名だが、 ジェスフィールド76号、そして 丁黙邨(lust cautionでは主人公?)も実在するとは。全然、秘密結社じゃないじゃん。 いや誰でも知っているが、誰も存在に触れてはならない存在だったんだろうけど。


炎熱商人」 深田祐介
文芸春秋 昭和57年5月30日刊

総合商社の在フィリピン支社に出向することになた木材商社の社員を中心に、フィリピンと日本との関係を描く。個性的な(ステレオタイプで没個性的とも言えるのだが)日本人とフィリピン人の登場人物達の対比する書き方が良く、惹きつけられる。
フィリピン人の父と日本人の母との間に生まれた少年が太平洋戦争に巻き込まれていく件が良い。

世界に進出する日本人、特に高度成長期のビジネスマンの姿を巧く描いており、海外に赴く日本人にとって参考になる部分があるのではないか。

日本、アメリカ、スペイン、そして土着の文化が接していて交じり合ってはいるが、どちらでもない複雑な関係、フィリピンを理解するのに良い。この本はもちろんフィリピンについて書かかれているのだが、実は"日本人とは"について書かれているのかもしれない。
「影日向に咲く」
劇団ひとり
2006年1月25日
幻灯冬舎

「冬の鷹」吉村昭

日本初のオランダ語翻訳書 "解体新書"を著した前野良沢杉田玄白の後半生を記す。
二人の性格の違いが分かり面白い。記録文学(?)の吉村昭の本領発揮。

オランダ語を理解していたのは前野良沢であって、杉田玄白や中川淳庵は応援役(?)でしかなかったこと、だが杉田のサポートが無ければ出版するところまでは辿り着けなかったであろうこと、解体新書には前野良沢の名前は記されていないことなどを今回初めて知った。

人嫌いで孤独な学究肌の前野、人付き合いがうまい杉田。目的を同じとする時期(翻訳中)は仲良くするが、出版後は全く別の道を歩む。前野は引きこもりで貧しく蘭学者として一生を過ごし、杉田は金銭と名誉を得て有名医者となる。二人とも80歳以上も長生きし、30年後に長寿を祝う集いで再会する。現代にも通じる何かが有るようで興味深い。彼らがオランダ語習得を始めるのは40歳を過ぎてからというのも重要だ(当時の平均寿命は50歳)。

"解體新書"について初めて知ったのは「まんが日本の歴史」で、小学校の高学年の時。杉田玄白がオランダ語の原書「ターヘル・アナトミア」を翻訳する有名なシーン。「鼻はフルヘッヘンドである」のフルヘッヘンドの意味が分からず悩む場面。

フルへッヘンドという単語が出てくる文章は他は「落葉を集めるとフルヘッヘンドである」という文章のみ。そこからフルヘッヘンドとは"うず高い状態"を表すと、杉田玄白は推測する。小学生の時には自分はその翻訳のすごさに気付かなかった。


江戸の一医者だった前野良沢がどうやってオランダ語を訳すか。通詞を通して辞典(もちろん蘭日辞典ではなく、蘭蘭辞典)を入手し、パズルを解くように一単語づつ日本語に訳す気の遠くなる作業。

Tafel Anatomie原書がなんとネットで観れる!(さすが慶応大学)
1.最初に絵を探す。291ページ目に有る絵に、人間の頭の上に「A」と符号が打ってある。
2.次に「A」の符号に対しての説明文を探す。
3.その文中の単語を1個づつ蘭蘭辞典で探す(その文章は頭について記述してあると推測される)。
4.その単語について辞典に書かれている説明文に出てくる単語を1個づつピックアップする。
5.その単語が、他に別の文章で使われていないか探す。
6.その単語が出てくる箇所を見比べて、その単語の意味を推測する。
という作業の繰り返し。

アルファベットも知らないところから医学書を訳すのだからすごい。
大文字/小文字から始め、筆記体は日本語の楷書と行書の違いだと知る。文法も日本語と違い述語が目的語より前に来る事(SV,SVO型)を漢語と同じであることと見抜く。

現代の語学の勉強にも通じることだが、何事も興味を持って打ち込むことが重要であることに気付かされた。

江戸時代のオランダ語通詞は、文章を書けず簡単な会話しか出来なかたことも興味深い。オランダ語を教育する機関も無く、通詞は世襲で代々親から子に伝えていたということ。実用に適さない(全く能力の無い人)はさすがに役から外されるからで、能力主義だったこととか。



(脱線1)
フルへッヘンドの話は創作で有ることも今回初めて知った。ターヘルアナトミアの鼻についての記述には、フルヘッヘン(verheven)は出てこない。この逸話は杉田が解体新書発行20年後に「蘭学事始」で書いたことで、吉村昭はこのことから、名声を得た杉田はオランダ語に対する情熱を失った現れであると推測している。

ただ、自分はうまく言えないが少し違うように感じる。過去の栄光に対する意識の美化...と言うか。誰しもに同様なことは起こりうると思うのだが。


(脱線2)
前野良沢は九州中津藩医師。杉田玄白と中川淳庵は越前若狭藩医師(二人は先輩/後輩)。解体新書の挿絵を書いた小野田直武は秋田角館藩武士。良沢に弟子入りする大槻玄沢は奥州一関の在野の一学者。
江戸時代の地方のレベルの高さに驚かされる。



(脱線3)
大学生時代、京都で待ち合わせに良く使っていた三条駅前に有る「土下座像」。高山彦九郎は勤皇思想の持ち主ということで、幕末の人物かと思っていた。
前野良沢と仲が良く、幕府の刺客から狙われる高山を前野一家が支援していたことなどの繋がりが有ったとは驚き。
これは吉村昭が気付いた事なのだろうか?



(脱線4)
"こち亀"で、両さんが杉田玄白の似顔絵を書く場面が有ったはずだが...さて、何巻だっただろう。

「嗤う伊右衛門」
京極夏彦

中央公論社
1997年6月10日


誰でも知っている話(四谷怪談)を、ここまで変えられるか。巧い。
「子供の領分」 吉行淳之介 1993年9月25日 集英社文庫
「西域伝-大唐三蔵物語」 伴野朗

1990年 集英社文庫

「大江戸ゴミ戦争」(杉本苑子)

1994年 文藝春秋文庫

「マダム貞奴」(杉本苑子)

昭和55年 集英社文庫

戦国城砦群」 井上靖 文芸春秋
昭和20年代の日経の新聞小説。この人も昔は大衆作家だったんだなぁ。
アカシア」 辻仁成 集英社

最近のブログ記事

「クラウディ」 辻仁成
「クラウディ」 辻仁成 集英社 …
「鹿男あをによし」万城目学
「鹿男あをによし」万城目学 幻冬舎「鴨…
「鴨川ホルモー」 万城目学
「鴨川ホルモー」 万城目学 2006年4…
「ベルリン飛行指令」 佐々木譲
「択捉遥かなり」の佐々木譲のメジャーデビ…
「三年坂」 伊集院静
「三年坂」 伊集院静 講談社文庫 199…
「彼の行きかた」 遠藤周作
「彼の行きかた」 遠藤周作 新潮文庫 昭…
「王国への道」 遠藤周作
「王国への道」 遠藤周作 新潮文庫 昭和…
「さらば、夏の光よ」 遠藤周作
「さらば、夏の光よ」 遠藤周作 講談社文…
「事変~リットン報告書ヲ奪取セヨ」 池宮彰一郎
「事変~リットン報告書ヲ奪取セヨ」 池宮…
「王の挽歌 上/下」 遠藤周作
「王の挽歌」(上/下) 遠藤周作 新潮文…
「わたしが・棄てた・女」 遠藤周作
「わたしが・棄てた・女」 遠藤周作 講談…
「深い河」 遠藤周作
「深い河」 遠藤周作 講談社文庫 199…
「第二怪奇小説集」 遠藤周作
「第二怪奇小説集」 遠藤周作 講談社文庫…
「女」(上下) 遠藤周作
「女」(上下) 遠藤周作 文春文庫 19…
「怪奇小説集」 遠藤周作
「怪奇小説集」 遠藤周作 講談社文庫 昭…
「旅券のない旅」 胡桃沢耕史
「旅券のない旅」 胡桃沢耕史 講談社文庫…
「死海のほとり」 遠藤周作
「死海のほとり」 遠藤周作 新潮文庫 昭…
「蜘蛛の糸・地獄変」 芥川龍之介
「蜘蛛の糸・地獄変」 芥川龍之介 角川文…
「イエスの生涯」 遠藤周作
「イエスの生涯」 遠藤周作 新潮文庫 昭…
「スキャンダル」 遠藤周作
「スキャンダル」 遠藤周作 新潮文庫 平…