16記録手記ルポの最近のブログ記事

サムライブルーの料理人
西芳照
2011/5/6
白水社
最後の冒険家
石川直樹 2008/11/21
集英社
気球に乗って太平洋横断を試みた神田道夫氏を描く。彼の"最期の冒険"を最も近くで見ていた著者の、飾らない文章が良い。
神田氏は埼玉県の町の地方公務員だった。最後の役職は給食センター長。有休を利用して気球に乗る。

仕事が終わって家に帰り日本酒を1杯だけ飲みテレビの時代劇番組を見るのが好きな、見た目はあまりにも普通の"おじさん"だが、気球にかける情熱はすごく、熱気球の滞空時間や飛行距離世界記録を持っていた(現在は塗り替えられている)。

高校の時に家の近くを流れる荒川の川下りから始まった彼の"冒険"は、30歳で気球と出会ってからは気球一辺倒となる。富士山越えに始まり、本州横断、東シナ海横断、ヒマラヤ越えと突っ走る。
彼はあまりにもプラス思考(気球に関してだけ)だった。失敗することは考えない彼の最期の飛行は、傍目には無謀なものと映っていたが、彼は恐らくそうとは思っていなかったのだろう。 知る術は無いが。

地球上に人類未踏の地がほとんどなくなった現代の"冒険"は、ルートや方法を変えたりといったものになっている。例えばエベレストには既に多くの人が登っているので、いかに早く登るかとか、誰も通ったことの無いルートで登るとか、無酸素で登る、などだ。"現代の冒険"はその冒険をする者の自己表現の場なのだ。
そう考えると、彼の最期の飛行「自作の気球で太平洋横断」はかなり創造的なものだと言ってよい。藤で出来た籠で、ジェット気流に乗って高度1万mの上空を飛んでアメリカまで行くと言うのは誰も経験していない。しかし酸素も薄く気温は-50℃、そして飛行中はずっと眠れないという環境を耐えられるものなのだろうか。成功は約束されていない、むしろ失敗に終わるのが予想されるものだった。

彼と一緒に一度は太平洋横断飛行を試みた(そして失敗、嵐の太平洋上で着水して九死に一生を得た)著者の、神田氏への思いが詰まった一冊。でも著者は彼の事を賛美しているわけではない。無駄な形容が無い文体、起こった出来事を淡々と書き連ねる文体が良い。

amazonリンク
イスラム飲酒紀行
高野秀行
2011/6/25
扶桑社

飲酒を禁じられているというイスラム教の国で、酒好きの著者が、何としても酒を飲もうと悪戦苦闘する話。
最後まで読むと付く。イスラム教成立時では"酒を飲んではいけない"なんて定められていなかったという事を。

沢木耕太郎

登山家の山野井泰史のギャチュンカン(ヒマラヤ)北壁登攀の記録。この登攀数日間は彼の生き方を体現していると言って良く、そこに至るまでの彼の人生を紹介しながら、クライマックスである登頂後の2日間の場面までどんどん引っ張っていく著者(沢木耕太郎)の筆力がすごい。
もちろん書かれているのは、人並みはずれた山野井夫妻の生命力。空気の薄い標高7000mの高さにある、高さ1000mの壁を這い登る二人に吹雪と雪崩が襲い掛かる様子。夜は岩にハーケンを打ちロープを張ってぶら下がって眠る二人は、食欲が無くなり、目が見えなくなり、凍傷で指先が次々やられていく。これは記録小説なのだが、沢木耕太郎の作品にしては珍しく読後の高揚感有り。ギャチュンカンのベースキャンプに行ってみたいと思った自分は変なのだろうか。
零下20℃でアイスクリーム
森千草
1995年4月10日
フジテレビ出版
沖縄・奄美《島旅》紀行 (光文社新書)
斎藤潤
2005/7/15 光文社文庫
十五歳の義勇軍―満州・シベリアの七年
宮崎静夫
2010年12月/石風社

熊本の山村に住む15歳の少年が、満蒙開拓青少年団に志願し、故郷を後にする。「お国のために」という意識が特に高かったわけではない。母親が病弱で、兄弟は多く貧しい家庭で育った彼にとって、必然な選択だったのだろう。
茨城県での開拓団訓練を受けて満州へわたり、同様の境遇の少年達との共同生活を経て、戦争末期、満州義勇軍に17歳で入隊、一度も戦闘経験無いままわずか2ヶ月で終戦。兵隊ということもありそのままシベリアに抑留される。あまりにもひどい環境を乗り越え、7年後帰郷する。
彼の身を助けたのは「絵を描きたい」という信念だけだった。一度もそのような教育を受けたことも無く(と言うかそもそも小学校しか出ていない)、油絵も見たことすらないという環境の彼が、抑留中、そして帰国後も最底辺から這い上がっていく様がこの本の見どころ。

著者が過去を振り返って思い返す短編をまとめたものなのだが、文章が瑞々しく、著者のこれまでの長い人生の苦労、そこで出会った人達との関わり、ひたむきな性格がうまく出ている。
少女 ミーシャの旅
ホロコーストを逃れて3000マイル
ミーシャ・デフォンスカ/著
亀井よし子/訳
早川書房
1997年11月20日

ベルギーで親子で暮らしていた7歳の女の子。突然両親がナチスに捕まり、路頭に放り出される。自分はユダヤ人で、どうやら追われているという事に気付いた女の子は、一人で親を探す旅に出る。徒歩でドイツに向かうが、両親の生存は絶望的な事に徐々に気付く。
この本を有名にしたのは「狼と一緒に暮らした事」で、この話の権利をディズニーが買った事で世界的に知られるようになる。7歳の女の子が徒歩でドイツ・ポーランド・ウクライナ・ユーゴスラビアをこの時代に旅したと言うことがなかなか信じられないのだが...
中国人特派員が書いた日本
北京中日新聞事業促進会編
日本僑報社
1999年11月20日
アメリカ弱者革命
堤未果
新潮文庫

野村證券に勤務中に911テロに遭遇、以後ジャーナリストに転した著者の、アメリカ取材記録エッセー。大統領選挙の機械投票に異を唱える人、イラク帰還兵、アメリカ軍のリクルーターなどを取材する。
華やかな舞台の裏の暗い現実。
日本から出ないと分からないが、アメリカに住んだことのある人なら感じる違和感。
「朝日新聞記者が書いたアメリカ人『アホ・マヌケ』論」
近藤康太郎
2004年7月20日 講談社新書

朝日新聞社記者っぽくない朝日新聞記者が書いたアメリカ滞在記。
だがやはりどこか朝日新聞記者っぽい(笑)。
911事件・イラク戦争開戦時のアメリカ(特にニューヨーク)の描写が良い。
阿片王 満州の夜と霧
佐野眞一
2005/7/28
新潮社

「日中戦争見聞記
-1939年のアジア-」


コリン・ロス著
金森誠也+安藤勉訳
1990年4月10日 新人物往来社
Colin Roβ "Das Neue Asien (NEW ASIA)" 1940Leipzig

オーストリア人(旅行中にオーストリアはドイツに併合されたので"ドイツ人"になる)の新聞記者の取材旅行記。

第二次世界大戦直前の、国際情勢が風雲急を遂げる時代。客観的な視点で書かれた"旅行記"で、非常に面白い。

中立国籍・日本の同盟国人(ドイツ人)・ヨーロッパ人、と立場を使い分けて旅をする。アメリカにも日本にも満州にも、共産党支配地域も、国民党支配地域も、イギリスやフランスの租界と移動する様は面白い。

旅のルートは、アメリカからの船で横浜で日本入国。東京・江ノ島を観光後、自らベンツを運転し広島へ。下関からフェリーに乗り釜山。ソウルを経て鉄道で満州国へ。鞍山、新京、開拓団入植地、ハルピン。外蒙古でモンゴル王の徳王と謁見後、日本軍占領下の華北へ。北京、天津、上海、香港と中国を鉄道などで縦断。車でハイフォン・ハノイへ。ハノイから民間航空機で昆明、中華民国(国民党政府)の首都の重慶へ、というもの。その後運城から成都に向かう途中で終わっている。

書ききれない多くのエピソード。
関東大震災で瓦礫の山になった横浜。出征兵士を送る賑やかな行列の後に来る、戦死した兵士の葬列。車で日本横断中の村々での様子。日本統治下の朝鮮。満蒙開拓団との対話。近代化が図られている途上の満州。日本とロシアの間で揺れ動くモンゴル。清が滅びた後の混沌とした北京。北京・天津・上海での欧米諸国の租界の様子。近未来に来襲する日本軍に怯える香港のイギリス人。日本軍戦闘機に襲われるフライト。空襲下の重慶での生活...

今となっては貴重な、多くの人との対話。
阿南陸軍大臣、星野満州国総務長官、満蒙開拓団、ハルピンの亡命ロシア人、徳王(モンゴルの王、日本軍の傀儡政府のお飾り)、華北進駐の日本軍兵士。重慶に住むのドイツ人(ドイツは日本の同盟国だが、中華民国に宣戦布告したわけではない)、中国国民党員などなど。

訪日前に彼は南北アメリカ、アフリカも旅をしている。他国と比較してのヨーロッパ人の率直な感想も興味深い。

大学時代に購入した本を再読。前回はそこまで深く読んでいないと思われる。読む者の、時代背景・現地情勢などに対する知識・経験によって、面白さが変わる本かもしれない。
越境~北朝鮮から売られてきた花嫁
新井貴/著
2000年6月

著者は仕事で訪れた北京で、日本語を勉強している女性と出会う。その女性の友達に、「北朝鮮から逃亡してきた日本人女性の子供」がいると言う。その女性は嫁不足の中国の田舎で中国人男性の嫁になり、更に理解の有る(?)中国人夫は、その女性の母親である"日本人"も北朝鮮から連れ出して、今は義理の親子3人で幸せに(?)暮らしていると言う。

日本人女性の子供なら日本人なのではないのか。そもそも北朝鮮に住む日本人??と謎は深まるが、その謎は、著者がその女性と対面することによってすべて明らかになる。

特に素晴らしいルポ、特ダネと言う程の本ではないのだろうが、こういう環境の人が居るというのを知ることは出来る。北朝鮮が"潰れる"と言われるようになって何年経つのだろうか。いつまでこの状態が続くのか分からないが、このような人は代々に渡って苦しんでいるのだ。

ちなみにこの女性(Aさん)の母親(Bさん)は、その母親(Cさん)が戦後の混乱期に朝鮮人と結婚し、北朝鮮の帰国事業にのって北朝鮮に渡ったことからこの話は始まる。よって北朝鮮で生まれたAさんは日本語を話せないし、Bさんの知る日本は子供時代の知識のまま止まっている。AさんもBさんも無国籍で、中国の公安に賄賂を払いながら中国で暮らしている。何十年も前の"失敗"のせいで問題はどんどん複雑になっていく...
もちろんこの本に解決策は書いていない。
「オリンピア~ナチスの森で」
沢木耕太郎
1998年5月31日

ベルリンオリンピックを記録した映画「オリンピア」。監督のレニは戦後ナチスの協力者として批難されながらも、強い意志で生き続けた。彼女はダンサーとして成功を収めたときに映画監督と知り合い女優になる。映画に惹かれ自分で撮るようになった途端「オリンピア」で成功する。戦後映画界から追放されてからも写真家となり、70台でダイビングを習得、水中写真家としても有名になる。
その彼女にベルリンオリンピックの時の状況、真相を語ってもらうために著者はインタビューを試みるが...

当時の"日本人"の活躍が興味深い。
/ 「戦場特派員」 橋田信介
2001年12月20日実業之日本社

マスード長倉洋海
2001年11月 河出書房新社

アフガニスタンの英雄マスード将軍。カブールの豊かな家で育ったが、ソ連の侵攻に伴い武装勢力を率いて山に篭りソ連と戦う。誰とでも気さくに接し、日本を含め海外にファンも多かった。ソ連撤退後の混乱の中、彼はタリバンとも戦い自由を目指したのだが、アラブ人のテロに遭って亡くなる。ジャーナリストを名乗る男の質問に応えているとき、ビデオカメラの中に仕掛けられていた爆弾にやられたのだった。

彼が亡くなったのは2001年9月9日。あのアメリカでの同時多発テロのわずか2日前だった。

その後の世界の流れは周知の通り。反タリバン勢力は散り散りになり、タリバンとアルカイーダは勢いを増した。アメリカはタリバンとアルカイーダ掃討を目指してアフガン・イラクに侵攻した。だが未だに平和は訪れていない。
/ 「不肖・宮嶋inイラク―死んでもないのに、カメラを離してしまいました。」
宮嶋茂樹/著
2003年7月 アスコム/刊
著者の代表作(写真集として)になるのでは。さすがだ。カメラマンという肩書きを利用したエッセイストではと思えるくらいの著者だが、今回は命を張っての写真にただ感心する。イラクやアメリカ兵の写真よりも、市民が略奪している写真の方が印象深い。注釈もなかなか気が利いている。
「ロンドンひとり暮らし」 中野左知子/著
2002年12月15日 文芸社/刊

イギリスの大学に留学した日本人女の子の体験記。
率直な感想が自分の文章で、短編形式で書かれている。
イギリスに留学していた人が、「論文(エッセー?)を提出しなければ」とよく言っていたのを思い出した。この著者もそれで文章を書く事を鍛えられたのではないだろうか。各章ごとうまくまとめられ、簡潔な文章ばかりだが推敲を繰り返して書かれているなと感じた。
オホーツク諜報船」 西木正明 /著
1985年10月 角川書店/刊

ほとんどの日本人にとって、東西冷戦は非日常の世界で起こっていることであり、日々の生活では実感することは無かった。だが国境(日本政府は国境と認めていないが)に位置する根室~北海道東端~に暮らす人々、特に漁師達にとっては北方四島問題は非常に身近な問題で、日々の生活に大きな影響を与えていた。海を隔てて見える色丹島はロシア人が実効支配している。冷戦時代、漁に出た人がソ連の国境警備隊に拿捕される事件が頻発した。拿捕された人は、ソ連の刑務所に送られ何年間か抑留された。

だが、なぜかソ連に捕まらない船があった。ソ連が実効支配している海は荒らされていないので漁獲量は大きい。いつも大漁で戻ってきた人は富をなし、根室には"御殿"が何軒も立ち並んだ。そのような人はソ連に賄賂を贈ったり、スパイの手助けをしているのだと噂され、「ロスケ船」「レポ船(ロシアに情報をレポートする船)」と陰口をたたかれた。警察も取り締まろうにも現場を押さえられない。ソ連が実効支配している所に日本の警察が行くわけには行かないからだ。ベトナム戦争時には脱走米兵が密出国したとも言われる。

...そんな時に、千歳基地のアメリカ空軍情報将校が行方不明になる事件が起こった~



よく調べられてるなぁと思う。フィクションかとも思えるくらいだ。この本を書くにあたり著者は根室の漁師に混じって酒盛りをやり、レポ船員に張り付き、公安に聞き込みをし、北海道各地、シベリアをまわり、スカンジナビアまで脱走米兵に話を聞きに言ったという。昭和40年代の北の海の様子が良く分かり興味深い。


この話の主人公は、ソ連に拿捕された真面目な漁師。新婚だった彼が拿捕の5年後に釈放されて戻って来たとき、妻は他の男と駆け落ちしていた。そこから世界が動いていく。



追記:ソ連が崩壊して「レポ船」の価値はなくなったのだろうか。 今年2010年1月、国後島沖で日本漁船がロシア国境警備隊から銃撃を受けた。ロシアは「漁船が国境侵犯をした」と発表し、日本の外務省はロシア大使館に抗議をした。だがここで不可解なのは、銃撃を受けたことが分かったのは、漁船が帰航して時間が経ってからなのだ。漁船は銃撃を受けた穴を隠し、 GPSの記録を削除していたのだ。加害者ではなく被害者が事件を隠した。漁船員は「迷惑を掛けてるので、銃撃を受けたことは言えなかった」と謎のコメントをしたことが新聞の片隅に載っていた。新聞を読んだ時に引っかかっていたことが、この本を読んで少し分かったような気がした。



ウキペディアに「レポ船」の項目があった。さすが。[漁業]カテゴリになるんだ...
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%83%9D%E8%88%B9

昭和56年の警察白書に「レポ船」が絡む事件報告が載っている。ソ連だけでなく北朝鮮工作員も絡んでいる。「工作船」が日本海で活動していることを当時から警察は把握していたのだ。
http://www.npa.go.jp/hakusyo/s56/s560800.html

この著者、どこかで聞いた名前だなぁと思ったら「夢顔さんによろしく」の著者だった。 これも面白かった。
「草の海」
椎名誠
1992年1月256日 集英社

「散るぞ悲しき」 ~硫黄島総司令官・栗林忠道~
梯久美子 新潮社 2005年7月30日刊

数年前の映画で再びブームになった感が有る硫黄島の戦いについてまとめた一冊。有名になった子供に宛てた絵手紙などを観ると改めて、彼が異色の軍人であったことが分かる。 最期の決別電報が実は、参謀本部が改変して発表していたことを知る。
「帝都東京・地価の謎86」 秋庭俊 2005年2月10日 洋泉社 非常に興味を持てる。戦前の地下計画が現代の東京に与えている影響を検証する。

「昭和史」 半藤一利

2009年6月11日版 平凡社

「新版 危険な話」
広瀬隆著

チェルノブイリ原発事故についての本。ドキュメンタリーなのだろうが、自分で調べたというより、自説に近い新聞記事だけを集めてそれをつなぎあわせて「自分は正しい」と評し、反対意見はすべて「あの人は***に嘘をついたから」「この人は利害関係者だから」と切り捨てる手法はどうかと思う。

この人の言っていることはすべて嘘と言うわけではなく、もちろん真実も含まれて入るのだが、この「危機を煽っている」だけの文章にはうんざりする。社会に訴えるならもっとうまい方法があるのではないだろうか。

「インドネシア全二十七州の旅」小松邦康

1995年1月25日版

発行:株式会社めこん

「激闘ニューギニア戦記」
~一将校の見た地獄の戦場

星野一雄

2009年2月11日
光人社

帰らなかった日本兵」 長洋弘

太平洋戦争後も、インドネシアに残留、日本に帰らなかった(帰れなかった)日本人のその後を追うルポ。幸せに過ごす人、どう見ても幸せとは言い難い人。波乱万丈の人たちの戦後を追う。
この本が書かれたのは10年前。判明しているだけで当時177人の人がまだ生きていた。
この本に出てくる人達は今はどうなっているのだろう。


~~~~~~~
「私は大正10年(1921年)2月13日秋田県河辺郡浜田村で生まれました。子供の時から船乗りになると決めていました。 千葉の砲術学校で訓練を受けた後に「秋田丸」に乗りました。20歳でした。船長は岡田熊吉さん(千葉県出身)で、乗組員は38人でした。神奈川県の三崎港を基地にしてトラック島やサイパンでマグロを捕っていました。

そんな時、太平洋戦争が始まりました。昭和17年11月20日、船が海軍に徴用されました。乗組員はそのまま全員が軍属(軍属:戦闘を行う軍人ではなく、軍で働く者)になりました。正式には日本海軍暁部隊の軍属です。三崎港からニューギニアまで食料・弾薬・兵士を運びました。その後は日本軍の進駐したインドネシアのジャワ・スマトラの島嶼間を、食料品・油などを運びました。

昭和18年になるとアメリカ軍の爆撃がひどくなりました。海の上で見つかったら、こんな小さな船、一発でおしまいです。運が良かったのか。徴用された船で残ったのは秋田丸くらいです。終戦はシンガポール、マラッカ沖でラジオを傍受して知りましたが、誰も信じませんでした。

敗戦を実感したのは8月下旬パカンバルに連合軍の憲兵が上陸し、150人の(連合軍の)捕虜を解放したときです。連合軍の命令で、その開放された捕虜たちをシンガポールに運びました。船尾に掲げていた日本海軍旗は降ろされました。その後は秋田丸は復員船として、スマトラ各地からシンガポールの間を行き来しました。敗戦国日本の将兵はみじめでした。

私は昭和22年(1947年)、秋田丸を下りた時に国を捨てる決心をしていたのかもしれません。
秋田丸は私の人生そのものです。鳥海山、十和田、なまはげ。秋田丸には私の祖国そのものが詰まってました。

日本軍が居なくなったインドネシアでは、オランダからの独立運動が盛んに成ってました。義勇軍出身のインドネシア人に誘われてゲリラ戦を闘いました。インドネシア独立後も私はインドネシア海軍に残りました。マレーシア紛争、イリアンジャヤ奪回作戦に参加した私はインドネシア海軍が日本から購入した輸送艦アマハイラ号に乗って、船の修理のため横浜に行きました。インドネシア海軍軍人としてです。22年ぶりの帰国でした。

母はその2週間前に老衰で亡くなっていました。父は私の幼少の頃に亡くなっています。私はこの帰国の2年前に初めて手紙を書きました。「万次郎です。お許しください。内地では私は死んだものとなっていると思います。元気です。ご安心ください。日本の商船、漁船がたくさん来ています。一度私も日本に行ってみたいと思います」

私はインドネシア政府から英雄勲章をはじめ15の勲章をいただきました。しかし私の勲章は秋田丸なのです。秋田丸はイギリス軍に引き渡してから見ていません。もう一度あの白い船体を見てみたいものです。」

1970年(昭和45年)、安藤はインドネシア海軍を退役し、長い戦いは終わった。
彼は1960年(昭和35年)の夏の出来事を今でも鮮明に思い出すと言う。

「インドネシア海軍がソ連(当時)に発注した軍艦エリアン号を受取にウラジオストックに行きました。その時私はそこで、ドッグで働く多くの日本人と出会ったのです。白髪が混じりまるで老人のようでした。終始監視され自由の全く無い彼らは、日本が平和になったことすら知りませんでした。戦後15年経っているのに。彼らがその後どうなったかは私は知る由も有りません。あの時に離隊した私に比べ、戦後の祖国を知らない彼らより私は恵まれていると思いました」

~~イスマエル・タンジュン・アンドウ ~日本名:安藤万次郎
ジャカルタにて過ごす。妻と子供7人~~

秋田県の記録によれば、秋田丸は秋田県水産試験場調査船として1933年建造。東部太平洋、沿海州の漁業調査後、1944年海軍に徴用、スマトラ文政官所属漁業指導船となる。戦時下の記録は混乱のため不明。1945年スマトラ島パカンバルにおいてイギリスに没収、乗組員は捕虜として抑留後復員、とある。

--------
波乱万丈の人生を過ごした人が次々と紹介される。
上記の彼の歩みは特に、僕が行った場所といろいろとかぶることもあり、気になった。
ちなみに彼はかなり成功した部類に入る。悲惨な人は本当に悲惨な人生を過ごしている。

最近のブログ記事

「瀬島龍三-参謀の昭和史」 保阪正康
 「瀬島龍三-参謀の昭和史」…
「無人島に生きる十六人」 須川邦彦
「無人島に生きる十六人」 須川邦彦 平…
「三つの祖国―満州に嫁いだ日系アメリカ人」上坂冬子
「三つの祖国―満州に嫁いだ日系アメリカ…
「満天の星―フルキャスト物語」 平野岳史
「満天の星―フルキャスト物語」 平野岳史…
「吐喝喇へ」清水哲男
「吐喝喇へ」清水哲男 渕上出版トカラ旅行…
八重山共和国 枡田武宗
八重山共和国 枡田武宗 筑摩書房(199…
「イラクの小さな橋を渡って」 池澤夏樹
「 イラクの小さな橋を渡って」 池澤…
ソマリア・レポート 国連職員の暮らした不思議の国
ソマリア・レポート 国連職員の暮らした…
「最後の学徒兵 BC級死刑囚・田口泰正の悲劇」森口豁
「最後の学徒兵 BC級死刑囚・田口泰正の…
「脱出記 ~The Long Walk~」スラヴォミール・ラウイッツ
「脱出記 ~The Long Walk…
「プリンス近衛殺人事件」 V.A.アルハンゲリスキー
 「プリンス近衛殺人事件」 V…
「蛇頭」 莫邦富
 「蛇頭」 莫邦富 平成11…
「不肖・宮嶋の一見必撮!チェチェンニテ一人相撲スの巻」宮嶋茂樹
 「不肖・宮嶋の一見必撮!チ…
「大放浪-小野田少尉発見の旅」 鈴木紀夫
「大放浪-小野田少尉発見の旅」 鈴木紀…
「労改」 ハリー・ウー
労改(ラオカイ)~中国強制収容所を告発…
「日本人ごっこ」 吉岡忍
「日本人ごっこ」 吉岡忍 1993年1月…
「ソヴィエト見聞録」 大蔵雄之助
「ソヴィエト見聞録 ~放送記者の見たまま…
「もの食う人びと」 辺見庸
「もの食う人びと」 辺見庸1994/6/…
本多勝一集2 「旅立ちの記」
本多勝一集 「旅立ちの記」 1993年1…
「君はアメリカを見たか」 大阪読売アメリカ取材班
「君はアメリカを見たか」 大阪読売アメリ…