40埼玉の最近のブログ記事

待ち時間に早めの夕食。インドネシア料理「スラバヤ」。商業施設(PARCO)に入居するテナントでインドネシア料理というのは珍しい。もっとも"インドネシア料理"というジャンル分けはインドネシア人が見たら変に思うかもしれない。インドネシアは多民族・多宗教の複合国家で、料理も地域によって違うのだから。パダン料理が有名だ...正直自分にはよく違いが分からないのだが。


海老の入ったビーフン。画像では見えないが8匹くらい入っていた。スープはあっさりしているので軽く食べられる。


海老のココナッツ煮。海老はココナツの甘い味付けにも似合う。
お腹は空いていないかったが、この時間に何か食べないと食べ損なう...何か珍しい店はないかと食べログで探して、「インド料理 SATYAM」に。移動中でも近くで店を探してくれるのでスマートフォンは便利だ。別に携帯電話でも可能なのだが。



南インドカレー定食、サティアムミールス2100円。周りのテーブルの人は単品(1000円弱?)を食べている人が多かったが、豪華に。
サイドメニューは380円がほとんど。ランチは650円だし、エスニックの店にしては値段は安め。

カレーは海老、マトン、チキン、サンバル(辛い)、ラッサムスープ。
「このコースにはナンが着かないが良いか」とちゃんと確認してくれる。インドと言えばナンというイメージが一般的には強いのだろう。
バナナの甘い香りがするチャパティがおいしい。ライスおかわり無料と言うことで食べ過ぎた。
日曜日のランチに「ラ・ヴォワール」。
2400円のランチのコース。普通の日に贅沢かなとも思ったが、この値段でこれだけ食べれるのはコストパフォーマンス良い。シェフもフランスの星付レストランで10年以上働いていたというのは帰宅後に知った。

前菜は鴨のテリーヌ


スープもなんだか豪華


メインの肉も柔らかい。マスタードのソースも合う。


魚のポワレ。酢の香りが良い。


デザートもあっと言う間に食べるが、上品。

紅茶にクッキー。
時の鐘の目の前の店「鳥清」。川越観光中にランチで。「きじ焼丼」
合鴨のタタキ、地鶏の焼鳥丼などもおいしそうだったが、"きじ(雉)"を食べる機会は滅多にないので。

タグクラウド

カテゴリ