5江戸川区の最近のブログ記事

船堀散策の後は駅前のビルにあるインド料理店「バンゲラズ スパイスラボ」へ。南インドのマンガロール料理専門店としてミシュラン(ビブグルマン)に載った銀座の「バンゲラス・キッチン」の2号店だ。半年ほど前に開店したことはどこかの機内誌で読んだ。

Govinda's Tokyoで昼食(それもビュッフェ)を食べてからまだ3時間も経っておらず、腹はあまり減っていないのだが、有名店だし船堀まで来る機会はそう無いだろうから、少しつまむ程度だけだが行って見ようと言う事になった。

腹は膨れていてそんなに食べれないだろうと、4人でフィッシュビリヤニと、マナガツオのスパイスグリル(名前忘れた)だけを注文。美味しいラッシーを飲みながら料理が出るのを待つ。店の雰囲気や料理の見栄えも良く、ドバイやシンガポールのちょっと良いレストランのようだ。いや、ここは東京都の外れ。江戸川区船堀のショッピングセンターの2階奥...

祝日の16時。アイドルタイムなのだろう、自分たち以外はインド人子連れ夫婦が一組だけ。サーブしていたのはインド人店員だったが、日本人店員が挨拶に出てきてくれた。 この店の客はほとんどが近隣在住のインド人、被雇用者で所得高めの人達で、パーティや手頃なデリカ的な使い方をされているらしい。もっとも銀座の本店とは異なり、ここでは実験的な料理(マンガロール料理に限定せず、庶民的なものや、スパイスの使用方法なども含めて)を、これから試していきたいとの事。 彼の前職についてなど個人的な内容の事も聴く。アットホームで良い。

歩き疲れてソファーに着いたせいで動けず。2時間近くゆっくりと過ごしてから店を出た。人を集めて銀座の店で食事会でも開きたいな。









祝日のランチは太一君お勧めのインド料理店へ。場所は江戸川区船堀。こんな機会でないと行かない街。予定の無い祝日の外出にぴったりだ。

マスコミでよく出ている店のようだったので混雑している人気店だと思っていたのだが、20席くらいの個人経営の小さな店だった。開店と同時に入店したのは自分達だけ。 祝日はビュッフェ営業で、ランチは1500円。

料理は北インド・南インドが半分づつくらい。ドーサ(南インドのクレープ)が有名のようだったが、ビュッフェではナン、ロティ、パパドだった。これだけ書くと北インドだ。ただ、ナンもロティもタンドリーで焼き立てを出してくれて、おいしい。

この日のカレーはパラクパニール(チーズとほうれん草)、ダル(豆)のスープ、サンバル(野菜カレー)やラッサム(酸味のあるスープ)。じゃがいものスパイス炒め(名前知らない)でお腹は膨れる。
Pure Vegetarianとの事で一切肉は無いが、言われなければ「そういえば肉が無いな」くらい。腹は膨れるが、胃が重たくないので良い。

1時間半くらいかけて、会話しながらゆったりとしたランチ。









フランソワkuniさん、富永さんと西葛西の西インド家庭料理「レカ」。
富永さんにこれまでの「旅行人スーパーマップ」を持ってきてもらう。

西インド料理ってなんだ?パキ寄りなのかとか考えながらビリャニなど食べる。いつから自分はそんなにインド料理をよく食べるばかりになったんだか。この店で言う西インドとはムンバイのあたりだという。なんか違和感。料理は安くて良い。近所に有ったら通うかも。

富永マップと言えば、在りし日の旅行人の人気コーナー。90年代後期の地図を懐かしみながら観る。富永さんとはこんな人だったのか...
富永さんは今も地図を次々と作っているようで嬉しい。出版化したらよいのにと思う。きっと30代以上の元パッカー&パッカーに憧れていた人が買いますよ。情報が古いのは問題ない。それが良いんです!! と、台風で人が少ない東京駅前のマクドで23時過ぎまで話をして帰宅。

タグクラウド

カテゴリ