港区の最近のブログ記事

パーティーの食材を買うために麻布十番の食品スーパー「日進デリカテッセン」へ行った。
購入するものはビリヤニの具になる「七面鳥」。クリスマスでも無い季節でも、この店に行けば七面鳥は売っているだろうとの事。
周囲に各国の大使館が多く有って外国人も多くすんでいる地域だが、首都高沿いにある店の周囲は特に華やかというわけでは無い。



外観はいたって普通、1階が駐車場で2・3階が売り場になっている。
エレベータの表記はもちろん、壁に貼ってあるビラも英語のものばかり。


ソーセージ売り場。


(左)イスラム教徒向けのハラルフード。見た目では特に差異が分からない。
(右)豚肉が食べれない人/宗教向けのソーセージ。


対面の肉売り場。豚肉コーナーと牛肉コーナー。高級肉は和牛がほとんど。 


(左)これは日本では珍しいだろう。羊肉コーナー。脚一本分のラム肉。
(右)いろんな部位がゴロゴロある。ここは冷凍もの。


(左)鴨、鹿肉。
(右)ウズラが1匹丸ごと。

(左)牛タンなど部位ごとに売られている。
(右)豚肉も色々。ヨーロッパに来たみたい。

そして七面鳥 ターキー売り場。今回は4kg以上のものを1匹買ってくるように伝言をもらっていた。4kg以上だったら大きければ大きいほど良いとのことだったので、店で一番大きいものを探したらなんと11.5kgのものがあった。4517円。100gあたり39円なので鶏肉より安い(七面鳥は100gあたりの量り売りではなく、10~12kgのものはいくらという風に、kgごとに価格が設定されていた)。

この店では羊肉、ソーセージは充実していると思うが、鶏肉や普段食べる普通の豚肉(ばら肉でもなんでも)の品揃えは寂しく、価格も安いというわけではない。七面鳥は日本では滅多に売っていないし価格も安いのでまた買いたい、実家に送ってもよいなと思うのだが、それ以外は魅力に乏しい(羊肉も知人などとは食べるが、自宅や実家で食べることは無いので)。







お土産にソーセージを購入。パーティの準備をしながら焼いて食べた。
10年以上前から週に何度も店の前を行き来しているのだが、利用するのは初めて。
結構高収益業種だ。客は途切れずやって来るし、立ち飲みだし回転率高い。
アサイベリー400円を飲む。

日曜日のランチにmanbと。夜に荒井君と会おうという事で、「荒井商店」に初めて訪問。
ペルー料理がどんなものかあまり知らないのだが...


一軒目と打って変って今度は日本酒天国の居酒屋へ。
新橋駅から西に数分。「野崎商店」。

聞いた事の無い地酒がずらりと。日本酒好きなら喜ぶだろう。


写真はぼやけてしまっているが、「なめろう」。
アジをたたいて、ショウガ・味噌・日本酒であえる、関西では聞かないが、千葉では割りとポピュラーな居酒屋メニュー。フレンチとは違って、さっぱりしておいしい (フレンチががだめというわけではない。肉で少し体が重くなっていた)。


かぶとの煮つけ。


某省の「滋賀県人会」を出てきたHと合流、3人で飲む。
新橋で用事を済ませて帰る時、少し時間が出来たので食事をしようと思った。
時刻は10時半。どの店もランチタイムは11時や11時半から。
唯一やっていた中華料理屋に入る。「春夏冬
「坦々麺とごはん」という炭水化物どうしの組み合わせ。700円。



店の前の看板に「11:00~11:45に来店の方は、春巻きか水餃子がどちらか食べ放題」と書いてあったので店員に「水餃子ください」というと、「ちょっと待って」と言われて春巻を1本出される。え??
隣のテーブルの人にも。そして店員は店の奥に入ってしまった。ちなみに客は自分とそのもう一人だけ。これ、食べ放題というのか?かなり宣伝に偽りが...

支払いをバークレーヴァウチャーですると、無言。他意は無いのかもしれないが。
味は悪くはないのだが、何だかもうここには来たくない。
仕事柄、新橋にはよく出かける。
新橋は昼食に使える手頃な店がたくさん有るので、新橋サラリーマンがうらやましい。



海水(まいすい)
沖縄そばやタコライス、ゴーヤチャンプルの定食などが有るので沖縄料理の店かと思ったが、名刺には和韓海鮮・串焼きと書いてある。

黒カツカレー〔サラダと蜆の味噌汁とで690円〕。
黒豚のカツ、カレーも黒い。ウスターソースも付いている。

まだ時間が早いのでカフェにでも入ろうと。
さすがに昼間(12時)から飲んでると、もう酒は良い。

ミッドタウンの1階のスターバックスに入ろうとするが、店内のソファー席は埋まっている。どうしようかと外を見ると広場の向かいに感じの良いカフェが有った。
リッツ・カールトンの1階のカフェということで「コーヒー1杯1000円とかだったらどうしよう」「いや、普通にありえる」「え、もしそうやった出る?」など下世話な会話をしながら店に入る。

ザ・リッツ・カールトン カフェ&デリ

心配していたコーヒーの価格(?)は、エスプレッソ350円、カフェラテ、カプチーノなど400円。紅茶も350円からと意外なお手ごろ価格(メニュー)。
"このゆったりした雰囲気で休めるなら安い"と全員の意見が一致。
積もる話題は尽きず、コーヒー1杯で長居をした。
屋外で飲んでいて寒くなったので、暖かいものを食べようとこの店に。
韓国料理「テナム」(東京ミッドタウン2F)

*お通し

*チヂミ

*チゲ
辛いだけではなく上品な旨さ。 


サントリーの期間限定カフェ。東京ミッドタウンにて。
高校の同級生7人で日曜日の昼間に集まる。
都心にも緑は多い。芝生の広場では多くの家族連れ。
ハイボール1杯500円。4杯くらい飲んだような気がする。
わらわさん、ワカコさんのバースディパーティ。
外苑前の「AQUAVIT JAPAN」に。

店の名前でも有るアクアビットは北欧のお酒。じゃがいもの蒸留酒のことだと言う(つまり"芋焼酎"であることは翌日にきょさんのつぶやきで気付いた)。

おしゃれな店内。


前菜はピンチョス。



パーティー用のメニュー。
炙ったまぐろ。何のソースだろう。
鶏のロースト
パスタ。他にサンドイッチも有った。
(北欧の主食ってそういえば何だろう?)


この日のメインは10種類以上のアクアビット飲み放題。最初の乾杯はワインでしたけど遠慮なくどんどん飲む。アクアビットは"焼酎"のように割って飲むよりも、ウォッカのようにストレートで普通は飲むという。この日は香りがつけてあるものを順番に試す。
"ライチ"や"オレンジ&レモン"は想像通りの味だ。
"バニラ"も良い感じだ。女の人も飲みやすいだろう。
"ココナッツ&エスプレッソ"、良い香り。こんなのにも合う。強いが軽く飲める。
"ホースラディッシュ"、西洋わさびのつんとした香り、このお酒っぽい。
"コリアンダー"も合う。たぶん普通はこんな幹事で飲むのだろう。



緑色のケーキで驚く。ケーキが出た途端にワカコさんが「あ!プリンセスケーキ!」と言う。スウェーデンでよく食べるケーキで緑色なのだと言う。食べてみると少し甘いくらいでもちろん変なものではなく、美味しい(原色だが、べったりした感じではない)。

この店(北欧の料理)も、このケーキも、参加者も(?)、ワカコさん(ノルウエー人と結婚)の好みに合わして良い感じで、幹事のあひゃんも気が利くな(自分のパーティ直前で忙しいだろうに)と感心する。

みんな結構飲んでいるはずだが、さすが皆さん今日は大人(?)で、大きくハメ外す人も居ないで居心地の良いパーティだった。


横須賀のアメリカ海軍付弁護士という若いアメリカ人女性が居た。ワカコさんとミャンマーで知り合ったという。
アメリカ海軍の弁護士がミャンマーに!というので驚く。ミャンマーはいつからそんなにオープンになったのだ。国交断絶中の仮想敵国の軍隊付の法律家を入国させるなんて!と思って、尋ねてみた。
「あーそれは簡単、軍に入る前に行ったのよ」と笑って答えられた。

でも12月頃からミャンマー軍事政権の動きが激しい。それにアメリカ人もミャンマーに対して悪いイメージを持っていない人も多いのだろうと思われる。これから良い方向に動いていけば良いのだが。
ホロホロ鳥もワニもおいしいのだが、 なんだか普通で、 っと"これは珍しい肉なのよ"とアピールできる味であてほしい
とワガママを言ってみる。

魚の炊き込みご飯?が日本の雑炊みたい。"ほんだし"だ!
5人で、一人当たり2900円。

タグクラウド

カテゴリ