羊肉の最近のブログ記事

パーティーの食材を買うために麻布十番の食品スーパー「日進デリカテッセン」へ行った。
購入するものはビリヤニの具になる「七面鳥」。クリスマスでも無い季節でも、この店に行けば七面鳥は売っているだろうとの事。
周囲に各国の大使館が多く有って外国人も多くすんでいる地域だが、首都高沿いにある店の周囲は特に華やかというわけでは無い。



外観はいたって普通、1階が駐車場で2・3階が売り場になっている。
エレベータの表記はもちろん、壁に貼ってあるビラも英語のものばかり。


ソーセージ売り場。


(左)イスラム教徒向けのハラルフード。見た目では特に差異が分からない。
(右)豚肉が食べれない人/宗教向けのソーセージ。


対面の肉売り場。豚肉コーナーと牛肉コーナー。高級肉は和牛がほとんど。 


(左)これは日本では珍しいだろう。羊肉コーナー。脚一本分のラム肉。
(右)いろんな部位がゴロゴロある。ここは冷凍もの。


(左)鴨、鹿肉。
(右)ウズラが1匹丸ごと。

(左)牛タンなど部位ごとに売られている。
(右)豚肉も色々。ヨーロッパに来たみたい。

そして七面鳥 ターキー売り場。今回は4kg以上のものを1匹買ってくるように伝言をもらっていた。4kg以上だったら大きければ大きいほど良いとのことだったので、店で一番大きいものを探したらなんと11.5kgのものがあった。4517円。100gあたり39円なので鶏肉より安い(七面鳥は100gあたりの量り売りではなく、10~12kgのものはいくらという風に、kgごとに価格が設定されていた)。

この店では羊肉、ソーセージは充実していると思うが、鶏肉や普段食べる普通の豚肉(ばら肉でもなんでも)の品揃えは寂しく、価格も安いというわけではない。七面鳥は日本では滅多に売っていないし価格も安いのでまた買いたい、実家に送ってもよいなと思うのだが、それ以外は魅力に乏しい(羊肉も知人などとは食べるが、自宅や実家で食べることは無いので)。







お土産にソーセージを購入。パーティの準備をしながら焼いて食べた。












日曜日の夕食。作るのが面倒ということで、ビリヤにハウスにいたメンバーでラムしゃぶ。

(ラム肉のタタキ) 羊肉なのに臭みがなく、自分でも食べれる。
用事が有り、池袋まで出向く。池袋へ行くことは滅多に無いので、一度どんなところか見てみたかった"池袋の中華街"を散策。
ほとんど前知識無く、たまたま行っただけなのでよく分からず。
たまたま見かけた安そうな店で一人で夕食。
よだれ鶏や豚足煮など、「日本人に全く媚びていない中華料理」を満喫。

[左]:口水鶏(よだれ鶏)、280円
[右]:醤猪脚(豚足の醤油煮)、280円


[左]:新疆羊肉串(ラム肉焼新疆風、シシカバブ)、80円/串*3本
[右]:串焼メニュー

カイコ焼とかも有ったが遠慮しておく。


老舗大寶」(大げさな名前だが、雑居ビルに有る入りやすい店)
豊島区池袋2-43-2-1F (年中無休11時~27時)

大きな地図で見る
東京へ行く用事が有ったので、誰か夕食を一緒にとらないかfacebookで誘ってみた。
店は代々木駅と新宿駅の間にある「ひつじや」。たぶん3・4回目。今回は6人集まった。
まずモルドバの赤ワインで乾杯。アテはシシカバブ。香辛料(クミン)がよく効いている。モルドバのワインがフルボトルで957円という、店で飲んでいるとは思えない安さ。このワインは軽かったこ...ジュース並みの価格だったこともあり、ぶどうジュースだよねと言いながらぐいぐい飲む。この時点では自分と荒井君の二人しか居なかったのだが、次に伊勢君が来た頃にはほぼ飲み終わっていた。

日本では滅多に食べられない"羊の脳みそ"のカレー。おいしい。全然ゲテモノではない。



味の濃そうなスペアリブも来たので、自分以外はレバノンのビールを飲み始める。320円という日本ではありえない安さ。


先週シャルソンで会ったobamaさんも来て乾杯。
羊のタタキ。おいしい。ワインにもあう。前回はもう少し臭みが有ったように思う。この時点でモルドバの次のキプロスの赤ワインが空いていた。

クスクス。写真がぼやけている。たぶん酔っていたから。
インド人店員が魚を3匹持ってくる。「好きな食べ方で調理しますよ」と。馬面ハギとホウボウと鯛。なんて和風の品揃えなんだ。刺身で食べるような魚ばかり。
選んだのは、ホウボウでタンドール焼きにしてもらう。いつも醤油で食べている魚が、インドに。


高校の同級生Dさんや、伊勢君がfacebookにアップした写真を見てTさんもやって来た。最初の羊の脳みそが美味しかったので、今度は「羊の脳みそ~ニュージーランド風」をオーダーする。なぜニュージーランドなのかは分からないまま。ワインはグルジアの白を。この料理には合っていないのだろうが、この日一番の高いワイン、ボトルで1500円くらい。
写真がブレているのはiphoneの品質が悪いのではなく、酔っていたから。


メニューにはハルミチーズも載っていたが、無いという。
料理も個性的だが、珍しいワインを安く飲めたのが良い。22時半ラストーオーダーと言ってたが、それ以降も店員がオーダーをとりに来るので遠慮なく注文。他にも食べたようだが、写真を撮っておらず。24時前に閉店という事で店員に追い出される。お土産にパンを一人2個づつもらった。
ニュージーランド航空/ ビジネスクラス
ラロトンガ(クック)1605発、シドニー(オーストラリア)1940着
離陸後すぐ夕食、着陸1時間前に軽食。



夕食

To bigin
Smoked salmon,leaf salad, yellow daikon, red capsicum, kaffir lime creme fraiche and citrus, chive dressing
by Geoff Scott



Main-1
New Zealand lamb navarin
with truffles potatoes
and minted peas
by Rex Morgen
メインはラム肉。癖が無くおいしい。
トリュフ入りポテト、自分は苦手な味だった。


Main-2
Confit Chiken thigh with basil gnocchi,
mshroom regout
and seasonal vegetables
ラム肉をさらっと食べきれたので「鶏のコンフィ」を注文。
隣席が無いと人の目を気にしなくて良いので遠慮なくおかわり。



未注文 Main-3
Coconut and coriander prawn curry
with jasmine rice and ginger glazed bok choy
by Peter Gordon
もうひとつのメインはココナッツカレー。


To finish
Chocolate truffle cake
with black cherries
by Rex Morgan



Cheese
A selection of fine New Zealand cheese



軽食

To begin
Fresh Fruit salad



Refreshment
Penne pasta carbonara
with thyme and parsley,
kassler bacon,courgette and toasted panko crumbs
カルボナーラを。
メニューにある「panko」とはやはり「パン粉」の事だった。
英語でパン粉という単語は無いのか?日本独自とは思えないのだが。


パスタ以外のメニューは「フォッカッチャ」「チキンラップ」だった。


To finish
Apple and black doris plum tart
with Vinnies vanilla ricotta creme
by Geoff Scott

Hot drinks
Freshly brewed or decaffeinated coffe,tea
herbal tea
hot chocolate
新橋で春成と会う。男二人でフレンチを?食べながら前回の話の事件の後日談を。
あちこちで話題の「俺のフレンチ GINZA」。
mixiでもコストパフォーマンスの良さを絶賛する人が多くどんなところか気になっていた。
店に着いたのは18時半ごろなのだが、行列が数人。
店の外でもかまわないと言うと、割と待たされずに酒にありつく。
ワインはグラスで500円くらい、ボトルで1400円くらいから。
立ち飲みだとこれくらいの価格でないとだめなのか?思ったが、料理は良い感じ。この値段でこの料理ならお得感が。ただ、並んでまで立ち飲みの店に行きたいかと言われると...

他の客も「いったいどんな所なのか確認しに来た」と言う感じの人が多い。
男だけでもフレンチ(&ちゃんとした料理)に気軽に行けるというのは良い。

うさぎとフォアグラのガランティーヌ(580円)


エスカルゴのラグーパイサンド(680円)。

仔羊背肉のロースト


鍋一杯。980円なのに結構なボリュームが。肉は2本、ハーブの香りも少しレアな焼き加減も良い感じ。つけ合せのポテトもニンジンもおいしい。

写真がうまく撮れていないがメインの「和牛ほほ肉の赤ワイン煮」。

これが出る前の時点でお腹いっぱい。

お腹の余裕が有れば、これだけでいくらでもパンが食べれるのに。

とてもデザートまで頼む余力は無く。
男2人で、前菜2品とメイン2品、ワイン4杯で満足(ボトルにしたら良かった!)。
前菜に、チキンのローストしたもの。クリームをつけて焼いていて上品。


チーズナン。他にガーリックナンも。人数が多いとたくさんの種類が食べれて良い。
「インドを旅行してもおいしいナンって少ないよな」「そういやナン自体、滅多に食べないよ。チャパティーばっかり」「ナンって高級レストランしかおいてなくない?」といった会話をしながら食べる。そうかナンはインドの主食では有るが、発酵させる手間がかかりチャパティよりも作るのは面倒だからか、下層の人はあまり食べないようだ。確かに露店などでは見かけない。






定番のバターチキンカレー。
甘くてまろやかな口あたり。おいしい。この店に来たらこれを食べないと。




この店の最高級メニュー。プラウンカレー。確か1480円。
おいしい。満足。これも辛くなく、深みのある味


マンゴーパフェ。
この店は独自でマンゴーを直輸入している。
2012MAY04 SQ477 DAC2355-SIN0600
シンガポール航空477便 ダッカ(バングラデシュ)発シンガポール行。

メインはマトンのビリヤニ(羊の炊き込みご飯)。
機内食で羊肉を出すとは。西アジアに来たって感じ。
(機内食で最もよく出るのは宗教の絡みの少ないチキン、インド人が乗らない路線でビーフ、中国人多いならポーク、あとはフィッシュがメインではないだろうか。羊肉が出るのは西アジアが多いように思う。オーストラリアとかではどうなのかなんだろう。行ったことが無いから分からない)

 夕食を北朝鮮レストランで腹一杯食べた後で、さらに深夜ということで、完食出来ず。自分が機内食を残すのは珍しい。味は良い。航空券の低価格化が進む中で、エコノミーでもこれだけのものを出せる航空会社は世界でも少ないはず。

まさかこんな料理が出ると思わず、白ワインを頼んでしまい失敗。マトンの臭みが増幅されて口の中に広がる。赤ワインやビールなら合ってたのに。
カトーさん主催の食事会。ウイグル料理って何だ?と思ったが、あぁラグマンか。ウイグルに行ったのはもう10年以上前、バスで砂漠横断、毎日毎日同じものを食べ続けたのを思い出した。素朴な店舗。でもウイグル人留学生が日本で開業、それも新宿に店を構えるなんてなかなか出来ることではない。ほぼ同年代の店長に誕生日を祝ってもらう。 
ラマダン明けのお菓子は、素朴な味だった。 
フランソワがタジン鍋ケーキを用意してくれていたことに驚く。全く不釣合いの"鮒寿司"で申し訳ない
ベルギーの港町アントワーペン。夕食をどこでとろうかと、駅前の安宿のまわりを散策。
駅前の繁華街は人通りは多いのだが、どこかいかがわしい雰囲気。日も暮れるとどこか危ない雰囲気が漂う。レストランというより"酒場"と言う方がふさわしいような店が多い。

店内の店員と目が合い、人懐っこい笑顔だったので、エジプト料理の店にすることにした。

エジプト料理と言ってもどんな料理かすぐに思いつかない。アラブの他の国との違いも良く分かっていないが、とりあえず羊肉のグリルなどを。



肉が出てきて「おぉ大盛だ、食べれるかな」と思ったが、さらにポテトが山盛り出てきた。たぶんエジプト料理といえども、ヨーロッパ風になっている。



ソースもいろいろ有り、楽しめた。



港町でエジプト人などアラブ系の船員もたくさん居る。黒人も多くみかける。アントワープには中華街もある。ギリシャ料理やユダヤ料理、インド料理、インドシナ料理(これはオランダにも多い)の店などが並ぶ。国際的な街だ。

タグクラウド

カテゴリ