2019年6月アーカイブ

離島キッチン 日本橋店。
加計呂麻島のキビ酢を納入しているということで森さん、奄美の焼酎「島のナポレオン」の営業の冨澤さんと。

レストランは、食べ飲み放題30分毎1600円均一価格。なかなか強気なとも思ったが、料理の素材が良い。全国の離島から集めた食材の料理が並んでいる。日によって内容は違うのだろうが、一つ一つの食材が良いものを使っているように思う(島では安いのかもしれないがw)。

この店の良さは、そこで出会う人との会話だ。この日は奄美の地ビール会社の方が奄美から来て、タンカンのビールとパッションフルーツのビールを振舞ってくれていた(2杯目から別料金)。
立飲みスペースで、福江島出身という方と話す(すごい会社の経営者だ、その時は気付かなかった)。「高浜ビーチがきれいだとは島から出るまで思っていなかった。当たり前で」とか、 五島ゲストハウス 雨通宿の話をしながら、勧められるままに楽しく酒を飲んでいると時間はどんどん過ぎる。

1時間半飲んで店を出た。まだまだいくらでも飲めるし食べれるのだが、財布が...

店員とも奄美や五島、瀬戸内海、利尻など、懐かしかったり興味のある島の話題ばかり。最近ずっと旅に出ていないので、話をしているだけで旅に出た気分になれる。家から近いので、誰かが来たらまた行きたい。
 

 

 

 

 

 

【世界の社食から~明治大学リバティータワー17Fスカイラウンジ】
神保町で人と会った後に、明治大学へ。リバティータワーの17階(最上階ではない)にある学食で安く食事が出来るかと思い。

営業時間は19時までで、残念ながら終わっていた。自慢の夜景は見れなかったが、エレベーターの窓から外を眺めるだけで、なかなかすごいのが分かる。そもそも、明治大学の有るお茶の水はまわりの土地よりも標高が高い。きっと学食からの眺めは良いだろう。
さて、眺めは良く、学食の名前も"スカイラウンジ 暁"だ。さぞおしゃれな内容だろう...と思いメニューを見てみたが、さすが明治大学..."いかにも学食"なメニューだった(笑)。

 

 

図書館は22時まで。本の献本箱は良いアイデア。献本された本は売却されて、その売上金は奨学金に充てられる。
 

タグクラウド

カテゴリ