10韓国の最近のブログ記事

昼食後に新大久保を散策。この日は「新大久保の、韓国以外の外国」を見てまわる予定だったが、次にみんなを引き連れて行った店は韓国刺身店「浦港刺身」。吸い込まれるように入った。

この店に行く前に別の韓国刺身店へ行ったのだが、刺身店を名乗っているのに店頭のメニューには焼肉や関係の無い料理ばかり載っていて、水槽には全く魚が居なかったこともあり却下。このあたりの韓国料理店、中華料理店の多くに言えることなのだが、なぜ関係の無い料理も出すのだろう?日本人には受けないと思うのだが。例えば、寿司屋のメニューに豚カツや牛丼が有ったら萎えると思う。

海老の醤油漬けと、蛸の刺身(踊り食い)、そしてマッコリを注文。既にお腹は八分目と言った感じだが、これくらいは余裕で入る。マッコリを飲みながら美味しくいただく。普段韓国料理店に行かない人にも喜んでもらえてよかった。韓国料理は焼肉やビビンバだけじゃない。

注文をしてから気付いたのだが、この店はコースで頼んだ方が明らかに得だ。コースは一人当たりの金額ではない。5人くらい集めて夜にまた来たい。







屋外で飲んでいて寒くなったので、暖かいものを食べようとこの店に。
韓国料理「テナム」(東京ミッドタウン2F)

*お通し

*チヂミ

*チゲ
辛いだけではなく上品な旨さ。 
ビビンバ。ご飯と具が別添え。
いつものアシアナ航空特製コチュジャン(からし味噌)を混ぜて食べる。
ビビンバについての説明(英語/日本語/中国語)までついている。
簡素だがおいしい。コストもかからないから機内食にぴったりだろう。

スープがつく。フリーズドライで、お湯はスチュワーデスが注いでくれる。これも機内食にぴったりだ。機内食でスープというのはたぶん初めてだ。JAL/ANAもドリンクとしてスープは提供しているが、それとは違う。フリーズドライだとコストをかけずに"具の入ったスープ"になる。他の航空にもなぜ普及しないのだろう(あ、味噌汁がたまに出るか)。

駅前の路地に有った食堂で。特にに選んで入ったわけではない。電話の充電もさせてもらったが、愛想も良く美味しかった。
(韓国ではあまり食事で失敗することは少ない)

サムゲタン 10000ウォン(850円くらい)。


石鍋で出てきたときは煮立っていて、なかなかすごい。
 
大久保の韓国料理店「大使館」で、活きたタコをぶつ切りにしてごま油をかけて炒めて食べる。
足だけなのに、口の中で暴れるタコ!。舌にひっつく独特の食感。



(下)動画で見るとすごくリアル

タグクラウド

カテゴリ