3航空機の最近のブログ記事

タイ航空ビジネスクラス。バンコク(23:50発)、成田(08:10)着。

乗り遅れた人がいたために荷物積み直し。出発が30分ほど遅れる。
水平飛行機になってすぐに夜食。オードブル、少量だがどれもおいしい。希望者のみスープやチョコレートが用意してあるという事だったが、眠たっかたので眠る。

離陸2時間前(日本時間で6時ごろ)に朝食。自分は和食を頼んだが、他はほぼ全員が洋食~オムレツ~だった(サーブの仕方で分かる)。他に"海老のそぼろ入りおかゆ"の選択肢。希望者は「インスタントスープ&豚の煮込み添え」が有るという。中華か?
 夜発早朝着で眠る人が多いのだろう、エコノミークラスは朝食のみとの事。


First Serving
Smoked Mackerel and Bierschiken Ham,
Shinoda Maki, Ebi Shibani, Nanohana Salmon Maki,
Sweet Egg Roll and Cherry Tomato

1回目のお食事(お夜食)
鯖スモーク、ビアハム、信太巻、海老芝煮、菜の花サーモン巻き、玉子焼、チェリートマト




Second Serving
[First Course] Fresh Fruits, Yoghurt
2回目のお食事(ご朝食)
[はじめに] フルーツとヨーグルト



[Main Course] Grilled Salmon Teriyaki
Steamed Japanese Rice with Green Pea,Mixed Vegetables
[主菜] サーモン照り焼き、豆ご飯、野菜炊き合わせ

Roll, Croissant,Butter,Jam,Tea Coffee,Chocolate Malt
パン各種、クロワッサン、バター、ジャム、コウチャ、コーヒー、ホットチョコレート
タイ航空ビジネスクラス。
バンコク(07:45)発 ホーチミン(09:15)着。

[Stir-fried Hokkien Noodles with ketchup
with egg,Chiken julienne and tomato]

福建麺炒≒鶏肉と卵の入ったケチャップ焼きそば。
果物とブルーベリーパイ。
ビジネスクラスなのだが、朝食だし、飛行時間1時間半の短いフライトなんでこれが精一杯か。
タイ航空ビジネスクラス。
シドニー(10:00)発、バンコク(16:30)着。
離陸1時間後に昼食、到着1.5時間前に軽食。

Pan fried Crab Meat Cake with Sweet Chilli and Cucumber Sauce
蟹肉入りの揚げカマボコ。甘いチリと胡瓜のソースで。
待ち時間に意外なものが出される。おいしい。これだけでビール一缶あける。


Smoked Duck, Salmon, Scallop
家鴨の燻製とサーモン、ほたて
前菜。味がしみこんでいておいしい。シャブリを注文。



Prawns, Nile Perch and Steamed Scallop in White Wine Sauce
Pasta Linguine, Carrot and Broccoli
海老と白身魚、ホタテの白ワイン煮。リングイネパスタ、人参とブロッコリ。
白ワインをおかわり。「ナイルパーチ」と英語で書かれると何だか食欲が失せる。「スズキ」と書くとイメージが大きく変わるのに。



Assorted Cheese, Fresh Fruits
チーズとフルーツ。
普段はチーズをそんなに食べないので、ワインと一緒にゆっくりと味わう。
隣のおっさんはぺろりと平らげていた。


Passion Fruit Cake with Rasberry Sauce
Tea,Coffee,Espresso,Cappuccino
パッションフルーツケーキにラズベリーソース
目の前で一つづつサーブして、ソースをかけてくれる。派手な色だがあっさりしていて美味しかった。



Hot Light Meal
Stir-fried Hokkien Noodles with Chicken and Black Mushroom
Oriental Sauce, Stir-fried Vegetables
鶏肉と椎茸と軽く炒めた福建麺、オリエンタルソース、野菜の素揚げ
バンコク到着2時間前の軽食。いきなりアジアだ。隣のおっさん(白人)は「何だこれは?」といった顔で箸をつけていなかった。自分はもちろん美味しく頂く。
ニュージーランド航空/ ビジネスクラス
ラロトンガ(クック)1605発、シドニー(オーストラリア)1940着
離陸後すぐ夕食、着陸1時間前に軽食。



夕食

To bigin
Smoked salmon,leaf salad, yellow daikon, red capsicum, kaffir lime creme fraiche and citrus, chive dressing
by Geoff Scott



Main-1
New Zealand lamb navarin
with truffles potatoes
and minted peas
by Rex Morgen
メインはラム肉。癖が無くおいしい。
トリュフ入りポテト、自分は苦手な味だった。


Main-2
Confit Chiken thigh with basil gnocchi,
mshroom regout
and seasonal vegetables
ラム肉をさらっと食べきれたので「鶏のコンフィ」を注文。
隣席が無いと人の目を気にしなくて良いので遠慮なくおかわり。



未注文 Main-3
Coconut and coriander prawn curry
with jasmine rice and ginger glazed bok choy
by Peter Gordon
もうひとつのメインはココナッツカレー。


To finish
Chocolate truffle cake
with black cherries
by Rex Morgan



Cheese
A selection of fine New Zealand cheese



軽食

To begin
Fresh Fruit salad



Refreshment
Penne pasta carbonara
with thyme and parsley,
kassler bacon,courgette and toasted panko crumbs
カルボナーラを。
メニューにある「panko」とはやはり「パン粉」の事だった。
英語でパン粉という単語は無いのか?日本独自とは思えないのだが。


パスタ以外のメニューは「フォッカッチャ」「チキンラップ」だった。


To finish
Apple and black doris plum tart
with Vinnies vanilla ricotta creme
by Geoff Scott

Hot drinks
Freshly brewed or decaffeinated coffe,tea
herbal tea
hot chocolate
市内で食事する時間が無かったので、飛行機に乗る前に鹿児島空港で何か鹿児島っぽいものを食べようと思っていた。
今回は酒寿司食べていないな、地魚の刺身定食みたいなのを空港で食べるのはちょっと贅沢すぎるな、黒豚のトンカツくらいかなと空港へ向かうバスの中で考えていた。


空港に着いたのは離陸の40分前。チェックインを済まして出発フロアに向かうと既に30分前。保安検査を受けた後にどんなレストランが有るか分からず、やはりセキュリティ検査前で食べないとと考えてレストランを見ていたら、「鶏飯バイキング555円」のノボリが有った。安い。この店「大空食堂」にした。(空港内に出店するにはそれなりに家賃・テナント料がかかっていると思うのだが)

奄美の鶏飯以外にも黒豚を使ったメニューが有る。
空港の中であることを考えると安い。町中の定食屋みたいだ。

迷わず鶏飯を注文。「食べ方は分かりますか?」と尋ねられたが特に深く考えず「えぇまぁ」と答える。
昨日の朝食で朝市の食堂で一度食べている。ご飯に具をのせて出汁をかけるだけかと。

具はオーソドックスに、たくあん、シイタケ、錦糸玉子。ここに鶏の出し汁をかけて、紅生姜、ゴマを振りかけて、わさびを溶く。

うん、さっぱりして良い。
出汁にはもちろん鶏の出汁なのだが、この店ではトッピングの具に鶏肉は無いようだ。


隣のテーブルに男の一人客が来た。
「鶏飯(とりめし)バイキングを」とその客は言ったのだが、もちろん店員は読み方を訂正はしない。
しかし食べ方をかなり細かく解説していた。
なるほど、客が「鶏飯(けいはん)」と呼ぶか、「鶏飯(とりめし)」と呼ぶかで、見分けているのだ。
メニューにはフリガナは書いていない。もしかしてわざとなのだろうか。


ところでなんだこの焼酎の種類は。ここは居酒屋なのか。


最後のページに申し訳なさそうに泡盛や麦や米焼酎が少しだけ。アルコールメニューのほとんど(83種中68種)が芋焼酎なのだ。半分くらいの銘柄が1合300円。さすが鹿児島。
ところで空港内の食堂で焼酎ボトルキープって、いったい誰がするんだ...鹿児島によく来るビジネスマン、屋久島フリークのロハスOLなわけがないから...空港で働く職員だろうか。仕事帰りに職場の食堂で一杯。さすが。
送信者 2012GW
ビビンバ。ご飯と具が別添え。
いつものアシアナ航空特製コチュジャン(からし味噌)を混ぜて食べる。
ビビンバについての説明(英語/日本語/中国語)までついている。
簡素だがおいしい。コストもかからないから機内食にぴったりだろう。

スープがつく。フリーズドライで、お湯はスチュワーデスが注いでくれる。これも機内食にぴったりだ。機内食でスープというのはたぶん初めてだ。JAL/ANAもドリンクとしてスープは提供しているが、それとは違う。フリーズドライだとコストをかけずに"具の入ったスープ"になる。他の航空にもなぜ普及しないのだろう(あ、味噌汁がたまに出るか)。

2012MAY04 SQ477 DAC2355-SIN0600
シンガポール航空477便 ダッカ(バングラデシュ)発シンガポール行。

メインはマトンのビリヤニ(羊の炊き込みご飯)。
機内食で羊肉を出すとは。西アジアに来たって感じ。
(機内食で最もよく出るのは宗教の絡みの少ないチキン、インド人が乗らない路線でビーフ、中国人多いならポーク、あとはフィッシュがメインではないだろうか。羊肉が出るのは西アジアが多いように思う。オーストラリアとかではどうなのかなんだろう。行ったことが無いから分からない)

 夕食を北朝鮮レストランで腹一杯食べた後で、さらに深夜ということで、完食出来ず。自分が機内食を残すのは珍しい。味は良い。航空券の低価格化が進む中で、エコノミーでもこれだけのものを出せる航空会社は世界でも少ないはず。

まさかこんな料理が出ると思わず、白ワインを頼んでしまい失敗。マトンの臭みが増幅されて口の中に広がる。赤ワインやビールなら合ってたのに。
バンコク空港の制限エリア(乗換エリア)内に「MANGO TREE」が出店していた。
こんなところにも店が有るのか。日本でも丸ビルの本店以外にもマンゴツリーカフェとして何店舗か有るように。

30分くらいは時間が有りそうなので入ってみた。
国際空港内と思えば妥当な価格か。もちろんタイの物価から考えると高いが。




カクテルが楽しい。
バンコックスリングやスワンナプ-ム・マジック(笑)。
ピナコラーダ(240バーツ)を。
この価格は贅沢?いや、でも日本での価格を考えると。
ゆっくりできた。飛行機に乗り遅れるわけにはいかず、あわてて飲み干したのだが。
TG081PNH1005-BKK1110
タイ航空  プノンペン(カンボジア)~バンコク(タイ)

朝食。紙製のランチボックスで。
デザート(ピンク色のもの)は、もち米でつくったスィーツ(カオニャオ?)。
はっきりとした甘さ(だが人工的でない)で、自分は好き。
お茶を飲みながらいただく。タイっぽくて良い。
2012/04/28 OZ739 ICN1915-PNH2255
アシアナ航空739便  仁川(韓国)~プノンペン(カンボジア)

夕食時間帯だしアシアナなので少し期待したのだが...
まぁエコノミーだし文句は言えぬ。
プルコギ、味は良い。
アシアナ航空機内食と言えば、別添えのチューブに入ったコチュジャン!

2012/04/27 OZ704  MNL2345-ICN0445
アシアナ航空704便  マニラ(フィリピン)~仁川(韓国) 深夜便

深夜便なので夕食というより夜食。

シンプルなお粥だった。おいしい。
ただ、アシアナ航空ということで夕食を期待していたのだが...仕方ない。
ビールをもらう。韓国のhiteだった。
このメニューでビールを頼む人はいないだろうが、遠慮なく。
[2012/4/27 UA193 GUM1855-ROR-MNL2025]
ユナイテッド航空193便 
グアム(アメリカ海外領)発、コロール(パラオ)経由、マニラ(フィリピン)行

ユナイテッドだから仕方がない...夕食でこれか。
元コンチネンタル運行のこの路線ではアルコールも有料(7USD)なので頼まず。
ハンバーガーはハンドメイドで意外とおいしいのだが。

グアムからコロール(パラオ)間。

コロール(パラオ)からマニラ(フィリピン)間。
さっきとほぼ同じ内容。
[2012/4/27 UA827 NRT1115-GUM1551]
昼食。まぁこんなものか。
いつも思うのだが、ご飯ものとコッペパンという組み合わせはどうもいただけない。
デザート代わりのチョコパイというのも...
昼食のみのフライト。

シャンパンとアラレ。


メインは"弁当"と言った感じ。

タグクラウド

カテゴリ