2006年12月アーカイブ

iwojima硫黄島での戦いを日本側の視点で描く。
これがアメリカ映画なのだろうか。ヒーローがいるわけでもなく悪役もいない。出演する者(日本兵も、ちょっとだけ出るアメリカ兵も)すべてが本当は普通の人だ。しかし...
パン屋で働いていた嵐の二宮(西郷二等兵)、ラストサムライとは違って温和な将校の渡辺謙(栗林中将)も、西中佐もみんな巧い。ラストサムライの時のように"日本人"の心理をうまくつかんでいる。これをハリウッド監督が撮ったのか...

悪いやつが倒されるわけもない、主人公が機知を巡らしいかにして生き延びたかというのを描くわけでもない、助かってよかったねってわけじゃない、正義は最後に勝つと言ってるのではない、これは"いわゆる戦争映画"ではない戦争映画だ。淡々と物語りは進んでいくが、史実に基づいているのだが、練りに練られているのが分かる。この脚本を書いたのがアメリカ人、日本人ではないのだというのが信じられん。

プライベートライアンと同じく戦争の悲惨さを描いた映画なのだが、違いは硫黄島での戦いは全滅が予め判っていたことだ。絶対に負けることが分かっている、これから死ぬのが分かっていながら、でもどうしようも出来ない、不条理さ。まだ見ていないが「父親たちの星条旗」よりもこちらの方がヒットするだろう。

この映画を日米以外の人が観たらどのような感想を持つのだろうか。自決のシーンなどは、現在の日本人でもそこに至るまでの経緯は理解出来ないくらいだし。でも分からないからこそ、戦争の悲惨さというより不条理さをうまく表している。


戦後60年経って、この映画をアメリカがつくった。イラクで今起こっていることを、公平な視点で描く映画を双方の国が協力してつくられる時代はいつ来るのだろう。



硫黄島の戦い】第二次世界大戦末期の小笠原諸島の硫黄島での、アメリカと日本の戦い。硫黄島がアメリカ側のものになると、アメリカは空母での補給なしで日本本土への空襲が可能になるため、硫黄島の奪取は非常に大きな意味を持つ。既に制空権、制海権を失っていた日本は補給を行うことも出来ず、圧倒的な物量を誇るアメリカ軍による攻撃を受ける。日本軍守備隊20933人中20129人が死亡、行方不明。日本側の総指揮はアメリカ駐在経験の有る栗林中将