2014年3月アーカイブ

WOOD JOB! 神去なあなあ日常



3月28日 読売ホールにて試写会。
矢口史靖の新作。これまでで一番スケールが大きい。 先週、奥多摩で林業と狩猟業に就いている人と知り合った。彼もこの映画の主人公と同じ20代。困難な職業という感じでなく、仕事は楽しそうに見えたのだが、それを再確認するような良い映画だった。

もちろん矢口監督、そんな教条的な映画ではない。試写会中に何回も映画館中に笑いが起こっていた。試写会主催がスポーツ新聞だったため今回の観客は中高年の人が多かったが、これは老若男女問わず誰が観ても面白いと思う。
5月10日全国公開。
サマーウォーズ



画も綺麗で、少年の夏休み、田舎への帰省、大家族との交流といった雰囲気は非常に良いのだが、主人公が操るアバターの住む仮想世界「OZ」の描写が今となっては残念な感じ。この映画のつくられた2009年には実際に仮想世界サイト「セカンドライフ」が流行していたのだろうが...
中学生くらいのときに見たら気に入っていたと思う。眠れない夜にシェアハウスでDVDで何人かで観たが、この部分が引っかかり、世界に入りきることが出来なかった。