Kゲストハウスの最近のブログ記事

長野県小谷村のゲストハウス。築150年の古民家。「自分の家のように使ってください」家庭的なサービスと言うより、家族友達のように接するスタッフ。チェックイン・アウトの時間は自由。みんなで料理を作り、囲炉裏端でみんなで食事。食後も地酒を飲みながら過ごす。飲みたいものを飲む(後で自己申告でお金を入れる)。トイレ・水周りなどはリフォームされている。
この日のスタッフは1人、客は3人(多い日で15人くらい、夏の方が多いらしい。冬も楽しいのに)。宿泊代は4900円(2食の食材費・冬季暖房費込)。贅沢な時間。

一日目昼間は小谷温泉へ日帰り入浴。復路バスに乗り遅れて(温泉に掲示してあった時刻表が去年のものだった)、雪の舞う中を2時間かけて歩いて宿に帰ることになったが、それ以外の時間は宿で過ごす。

小谷村・白馬村は昨年11月の長野県北部地震 (2014年)で大きな被害を受けた(震度6弱)。過疎地でもともと人口が少ないからか注目度が低いが、激甚災害も適用された地震だ。今も崩壊した建物が残っている。観光が盛んな地域だから、旅に行く事で支援するのも良い(深く考えなくて良いが)。





Khaosan Tokyo Origamiオープニングイベント&内覧会に行って来た。
Khaosan Worldや,カプセル個室のKhaosan Ninjaほど奇をてらっていない。
ラウンジからはライトアップされた浅草寺、丸の内のビル群まで見渡せ外人は喜びそう。

外国人旅行者(特にヨーロッパ・韓国・台湾・タイ人)の増加で、日本各地で新しいゲストハウスが出来ている。 東京・京都・大阪では法人組織にしているゲストハウスが、地方でも古民家を改造したり、空き部屋を利用した家族経営のものが新しく次々とオープンしている。カオサンは前者だ。
代表の小澤さん、ゲストハウス評論家の向井さんから興味深い話を色々と聞けた。ここには書けないが。

日本滞在8ヶ月目のドイツ人、1ヶ月目のスゥェーデン人と話す。
日本の知識・視点が少しずれていて面白い。

-ニメが好きなのではありません。日本の文化が好きなのです。
-え、ジブリですか?トトロが一番好きです」
スウェーデン人は普段何を飲みますか)
-梅酒です。
(いやそんなこと無いでしょ、例えばビールは?)
-ビールはアサヒビールです。
(いや、それはあなただけでしょ)


お祝いに来ていた浅草で活躍(?)している不思議な人達を観れて興味深かった。

Khaosan Origami (予約サイトagoda)
夕方に急遽思い立って伊東温泉に。
前々から聞いていたK's House Ito Onsen ケイズハウス伊東温泉
寂れた温泉街にいきなり現れる立派な建物。
ドミトリーで1泊2950円(それも楽天ポイント)だが、大浴場だけでなく個人用浴室もある(大浴場NGという外国人は結構居る、無料)。
この日のゲストは欧米人数人、台湾人のカップルと家族連れ、中華系とアジア系の男女単独何人か、そして異色(?)の高齢経営者のグループ。こんな所が有ったのかと感心している。確かに他の温泉ホテルが平日の客寄せに苦心している中で健闘している。
世間の皆さんが働いている日に休むのって良いね...と書きたいところだが、翌日は午前中に帰った。小田急電鉄の株主優待券を使って(笑)。限りなくお金を使わないで贅沢な気分。
最近不眠気味だったがこの日はぐっすり眠れた。




明日オープンの、カオサングループのゲストハウス、カオサンワールド。
記念パーティ&内覧会に行ってきた。
浅草駅から徒歩の好立地。まさかのラブホテル大改修。面影は残っている。これは外国人大喜びだろう。各部屋ごとにコンセプトは違う。明日から早速100人以上の予約が入っているが、まだ準備できてない(笑)

宿泊費はこれで1泊2300円くらいから。すごい。









廊下にはマンガ。壁には他のゲストハウスの宣伝や地図など。別府や那覇などにゲストハウスが有るのは知っていたが奄美や与論にも有るのか。


世界遺産の街の麗江も、旧市街地から出た新市街地には「飯店」「賓館」(ホテル)がたくさん有るが、やはり旧市街地、古城地域内の「客桟」(民宿/旅館)に泊まるのが良い。
1.2泊目は川沿いの宿、3泊目は古城中心地の四合院づくりの宿に泊まる。どちらも一部屋で80元。

世界遺産の建物とはいえ、建物内部は改造されており、きれいなシャワー、トイレ付、でベット。火事になると大変なのでストーブは禁止されているとのことで、電気毛布。不便は感じられない。中国の安っぽいビルのホテルに泊まるよりもこっちの方が明らかに良い。なぜわざわざこんな小さな宿に泊まるのかと中国人は思うのかもしれないが。日本でも30年前はこういう感覚を持った人が多かった。

夕食はこんな時間でも営業しているカフェのようなところで。納西巴巴(ナシ族のパンケーキ)6元、大理ビール5元、麗江炒飯5元。観光地価格、ちょっと値段高めか。麗江炒飯の特徴分からず。普通のチャーハン。
0601160640ソウル3泊目は大元旅館(テゥォンリョグゥァン)。95年に2回と98年に泊まって以来だ。ソウル一、韓国一の中心地にありながら格安のパッカー宿だ。値段も変わっていなかった。ドミ15000W、個室20000W。

シーズンオフで泊まっていたのはほとんどが長期、いや住み着いている人で10人くらいか。8割くらいは日本人だ。今回は個室に泊まる。旅行者は強く希望を言わない限り、自動的に個室を割り当てられるようになっていた。個室と言っても2畳だけだが。冬に泊まるのは初めて。オンドルで暖かかった。

0601152330宿泊客は
●滞在2週間目でスケート場でバイト中20代男性(ソウルで3日続けてスケート場に行ったら向こうからバイトしないかと言われたらしい)。
●半年滞在、焼肉屋裏方バイト20代男性(言葉出来ないが韓国人の中で一人で働く)
●会社辞めて1年間語学留学30代男性(泊まってない。遊びに来てた)
●ロンドン大出て今春就職予定だが独立志望20代男性。
●悠々自適50代男性。年金貰える様になったら海外移住計画
●もう一人60代自営男性。楽しく旅行中

0601152331

みんな個性があって面白い。久しぶりに日本人宿に来たかいが有る。こういう所に来たら時間がいつの間にか過ぎる。特に意識しなくても世界中の情報が集まる。何かおもろいアイデアはこういう所で産まれるのだ。

ところで再開発されるから取り壊されるという話、いつなんでしょう?何年も前から耳にするけど。今回もまことしやかに今年の春に壊されると言う話が出ていて面白かった

カテゴリ