海外への旅の最近のブログ記事

2004年夏。自分は車で千葉から、ユーラシア最西端のロカ岬まで自家用車で旅をした。
シベリアを通ってユーラシア大陸を単独自走横断したのは、自分が世界で初めてだ(と思っている)。

今週、僕のサイトを見た人から1通のメールをもらった。なんとその人は2003年の夏にほぼ同じルートを走り、そして先々週、2011年11月11日にその旅のことを書いた本を出版していた。

『週刊プレイボーイ』『Number』『NAVI』などに寄稿しているという。

サイトは正直言って、非常に面白い!そしてこの本の予告ムービーを観て、自分はもう何と言ってよいか衝撃を受けた。自分が遭ったのと同じ体験をしていることに。そして車も自分と全く同じ"カルディナ" !!。

この映像を観てホッとしたことが有る。この人には同行者が居る。そして途中、鉄道とフェリーを利用していることだ。2003年にはまだシベリア横断道路が完成していなかった為に、未開通区間は車を貨物列車に載せて運んでいる(シベリア鉄道は戦前に開通しているのに、道路が全通したのは2004年なのだ)。

初めて単独で"自走走行"したのは自分だということは変わりが無いことに安堵した。他の人にはどうでもよいことだし、小市民的なことなのだが、自分にとっては重要なのだ。
(厳密にはヒッチハイカーや、ラストでM上さんを乗せているので"単独"ではないのだが)

この予告ムービーを観て、自分の旅を思い返した。
この旅は自分を強くした。孤独、毎日次々と起こるトラブル、そして先が読めない不安。ロシアに到着した時点からいったいどのような手続きをしたら良いか分からなかったし、言葉も通じない。銃に撃たれ、大自然の中で道に迷い...と言うか最初から地図すらなかったので、道を間違っているのかどうかすら分からない状態の日々。

自分は単独で行ったために、この人のように動画はない。旅人がほとんど居ないエリアの写真は、ネットを探してもほとんどみつからない。サイトをざっと読んだだけだが、この人は自分と同じ体験をしている。の度重なる故障、パンク。泥棒。マフィア(?)と検問所での警官への賄賂。各国での通関、ペーパーワーク。
早くこの本を読まなくては。

興奮している今の状態を、この人に習ってとりあえず文章にしてみた。
自分は文章化しないからダメなのだ...

--
p.s.このルートで旅をするのは"カルディナ"がベストなのだ。車に詳しい本職の人と、自分が同じ選択をしたという事が非常に面白い。悪路なので四駆であることは当然として、故障の際の部品交換の必要性から汎用性が高い車種。壊れにくい日本車。ヨーロッパにもディーラーの多いトヨタ。そして失敗(?)したときに諦められるような安い車...金子さんも同じ理由なのかは分からないが。

なんだか最近疲れが溜まってきているように感じる。夜、仕事場でパソコンと向き合っているときにふと、頭の中が旅に出ていることが有る。仕事途中の短い旅の目的地はシベリアであることが多い。

----
戦争中ニューギニアに出征していた水木茂は自ら、「南方病患者」だと言っている。現地での映像を流し、人形や昆虫標本、用途不明のお面などを飾り、自宅に温室を作る始末。周囲の人に同じ話を繰り返しあきれられる。

自分は北方病なのかもしれない。

----
動画サイトでシベリアを車で旅したポーランド人が撮影した映像を見つけた。
「あああああ!そうそうこんな感じ!」

自分の説明が悪いからか、人に話をしてもなかなか分かってもらえない旅の感覚。他人の旅の話なんてつまらないだろうからもう口に出して他の人に話することは無いのだが。


これはバム鉄道の方で自分は通ってないが、モゴチャのあたりはこんな感じだった。



シルカ迄はこんな道が2000kmほど続く。"自動車で横断"する人も、シマノフスクからウランウデの間は自分で運転しないで鉄道に積載して移動する人が多い。

<:OBJECT height="385" width="480">自分は渡河は一度しかしていない。先人が残した板も有ったし、流れももっと穏やかで、石を投げ入れまくって浅くして渡った。

<:OBJECT height="385" width="480">自分はここまでひどい箇所は無かったが、雨が降るといきなりこんな感じになりそうな所は何箇所もあった。「水溜りが有ると気を使う、だって深さが分からないから」と、日本に帰ってから知人に言っても理解されなかったが、これを見たら分かってもらえるかも。


東シベリアで無茶しすぎたのか、クラスノヤルスクを越えたあたりで、飛び石で床下の配管に穴が開いた。。イルクーツクを過ぎてからも工事の迂回路などでこんな箇所は10km以上有った。半日以上かけてやり過ごし、ノボシビルスクで久しぶりにホテルのベッドにたどり着いた後は落ちるように眠った。


別の人の動画だが、ノボシビルスクより西はこんな感じ。

<:OBJECT height="385" width="480">ウラルより東、ケメロボのあたりはこんな感じ。マフィアが絡む車泥棒の危機は減るが、悪質警官が多く苦労する。対向車線を来る車が教えてくれたりする。
あぁ、また仕事から脱線してた。今日は早く家に帰ろうと思ってたのに。

昨年に引き続き、また知人と週末ソウル旅行。
昨年はイエメンな旅人達、今年は庚申な人達と。
週末旅行はいつも予定を詰め込むので、なかなかハードだ。(link;昨年の記録)
食事会/飲み会/partyハシゴしてつかれた。



9月11日(金)
10:30 出勤
11:15 トルコから帰国したこいちゃん来葉/ランチ「寿司波奈」 (link;ブログ)
12:00 会計監査?
16:00 退社、WさんナビでNRTへ。東成田駅からダッシュで空港へ。(link;ブログ)
18:20 JAL959便成田-仁川。空港混雑で離陸許可出ず1時間遅れ。(link;ブログ)
22:50 仁川空港到着。みんなの到着をプラカード持って待つ。
23:30 合流後バスでソウル市内へ。
24:40 雨の中、若干さまよいながら宿(鐘路)へ。 (link;ブログ)
25:10 チェックイン後、居酒屋へ。軽く宴会。
27:00 就寝。

9月12日(土)
08:15 お粥。朝から贅沢にあわび・貝柱とか。
10:00 景福宮観光。実は初めて。
12:30 昼食はチェジュ料理の店。雲丹スープ、太刀魚煮など。(link;ブログ)
15:00 明洞散策。
18:30 バテながらも地下鉄&徒歩でこの日の宿(サウナ)へ。機嫌悪い。
19:00 両替でもめる。でもレート良く、新札(50000W札)入手。
19:30 全裸で風呂。みんな隠さない...アカスリ怖くて頼まず。
20:30 大焼肉大会。苦しい。三枚肉美味。
22:00 ロッテマートで土産食料品買物。(link;ブログ)
24:00 庚申講。これがメイン...のはずだが。
27:00 サウナに行ったり、カードゲームで過ごす。

9月13日(日)
07:00 みんなと別れ、バスで空港へ。
08:00 トランジットホテルで朝食。ソロンタン(牛のスープ)。
09:05 OZ128便でソウル仁川~富山。
10:45 税関で不思議がられる。富山空港でボーッとして過ごす。
12:55 NH886便で富山~羽田。
14:00 羽田から経堂の店へ。
15:20 丸山さんシンガポールからの帰国パーティ。
18:40 U木&小野君と新宿で飲む。
23:50 帰宅、さすがに疲れて駅からタクシー。



連休の問合せももう終わるはず。
明日からは余裕が出来るはず...たまにはゆっくり寝たい。

週末だけで韓国と北朝鮮まで行って、戻ってきました。
北朝鮮へ日本人が陸路で、それも38度線を越えて行けるのだということが立証出来た。
それもビザ無し渡航。パスポートにも非常にレアなスタンプを入手。

将軍様のご容態だけが心配でした。
いきなり亡くなられると、僕達の命も危ないので。
いや、本当に。本当にずっと心配だった。
何か起これば、あらゆる方面から非難されるんだろうなぁと。

あまりにも充実していて、いろいろと書きたいことも有るのだけど
とりあえず簡単に報告まで。

日曜日にpaxiのパーティで、初対面の人に「北朝鮮から今日ここに来たんですよー」と言ったが、信じてもらえんかった(笑)。 つまらんギャグだと思われてるんだろうなぁ。


-----------------------------------------------------------------
金曜日
03:00 眠らないように仕事場で簡単な仕事などを。
05:30 千葉中央からバス
07:30 羽田~福岡 JAL
09:10 福岡空港で、復路の航空券予約発券(コンチネンタル航空)
10:00 地下鉄で博多駅へ。駅前のブックオフで買い物。
10:30 バスで博多港へ。
11:00 フェリーチェックイン/出国手続き
12:00 博多港~プサン港 カメリア号
18:00 韓国入国手続き、バスでプサン駅。ロッテリア。
18:25 プサン~東テグ/KTX(新幹線)
21:30 テグ~テジョン/ムグンファ号
0:30 テジョン~天安/ムグンファ号

土曜日
02:30 天安駅近くのネットカフェ
03:30 天安~ソウル/ムグンファ号
04:20 ソウル駅~光華門/徒歩約2km
05:30 ツアー参加者と合流
06:15 バスにてDNZ、非武装地帯へ
07:30 韓国出国手続きなど
09:00 38度線国境をバスで越境
09:30 北朝鮮入国手続
10:30 開城工業地帯を車窓から見学
12:00 滝を見学/移動中の車窓が面白い
13:00 開城の迎賓閣(統一楼)で豪華昼食
14:00 ハリボテの街を見学/移動中の車窓が面白い
15:00 寺などを見学/移動中の車窓が面白い
15:30 みやげ物や。絵葉書を書く。届くのかな?
17:00 北朝鮮出国手続き
17:30 韓国入国手続き
19:30 新村でバスを降りる
19:45 デジカルビ・サムギョウプサル大宴会
21:30 居酒屋で痴女達と二次会
22:30 大元旅館へ荒井夫妻、クラッシャーさんと移動
23:30 宿でROKIさんと偶然出会う。なぜ韓国に!!?

日曜日
01:00 ようやく眠る。
05:30 タクシーでソウル駅。韓朝食。
06:25 ソウル~プサン駅/KTX
09:45 プサン駅~金海空港/リムジンバス
11:00 プサン~成田/NW006便
13:30 成田着、yuminと会う。
14:00 荒井夫妻と合流、たこ焼き。
15:00 成田~経堂/京成&JR
18:00 「パクパクパクチー」出版記念パーティ
22:30 経堂~千葉/列車

月曜日
00:30 千葉到着、仕事場でメールチェックなど。
04:00 家に帰り寝る
11:00~ 仕事。メール溜まっていてうんざり。
僕のサイトを見て連絡を取ってきた人と都内のレストランで夕食。
今年の夏か来年に向けて、或る大きな計画を立てているそうだ。
わざわざ新潟から僕と会うためだけに出向いて来るというので恐縮していたのだが、その人の変わった経歴、職業(コンサルタント)柄の話のうまさに呑まれて、ついひきずりこまれてしまった。
「中西さんも数に入ってますからよろしく」という話の早さ。
 
中国ビジネス?と互いの今までの経歴について話をしていたら、その計画についての具体的な話をすることなく時間が経ってしまった。
夕方から食事してたのに終電を逃すとは...
たぶん生まれて初めてカプセルに泊まる。
 
 
次回は中国東北部あたりor新潟の温泉で会おう、
あと一緒にベトナムをカブで縦断orサハリンでも旅行しましょう、
ということで話がまとまる。
 
世の中には好きなことをして楽しんでいる人は居るのだ。
もちろん仕事もして。
 
 
ところですごくたまーにこんな感じで見知らぬ人からメールを貰うことが或る。
ほとんどがロシアの旅行についての話で面白そうな人ばかりなのだが、僕の筆不精、メールの返事の遅さのせいでやりとりが止まる。
もったいないなぁとは思うのだが。
旅の途中に会う人とも同じ理由で疎遠になることが多い。
 
本も書きたいなぁ。
誰かゴーストライター、祐筆、秘書になりませんか?

051128pass

パスポートを新しいものにした。
前のパスポートの有効期限がやっと1年を割ったので更新できるようになったのだ。
 
機械読み取りが出来るタイプ(これが普通なのだが)。
ICチップ内臓ではないけど。
 
顔写真もサインも印刷されている。
黒地に表紙の菊の御紋がまぶしい。
コーヒーも醤油もこぼれていない。
 
これでアメリカにもビザ無しで行ける。
日本に帰国した際に税関で変な質問をされる割合も減るであろう。
 
さて、どこに行って何をしようか...


/ / /
Now


free counters