カルカッタの最近のブログ記事

インドのカルカッタから、バングラデシュのダッカまでの区間のビーマンバングラデシュ航空(以下BGと略す)を利用した。

航空券は普通に購入した。2000インドルピー(約3000円)。安い。BGは格安航空会社ではない。国営のナショナルフラッグキャリアなのに(因みにバングラデシュには他に航空会社は2社ある)。

カルカッタには、AirAsiaでバンコクから昼12時30分に到着した。
BGのカルカッタ出発予定時刻は19時30分。

イミグレ職員の暖かい配慮によってトランジット扱いになったため、空港の制限エリアから出ることが出来なかった。このインド人達相手のやりとりだけでも、もう"おなか一杯!!"と感じるくらいの紆余曲折が有るのだが、ここでは触れない。
カルカッタは大都市でそれなりに空港利用客は居るのだろうが、カルカッタ空港で国際線同士の乗継をする人というのは皆無らしい。

グルカ兵の監視の下、ベンチでゆっくり昼寝をさせてもらった。乗継客なんて他には一人も居ないのだから。

そしてBG出発の一時間前。チェックイン。
インド航空のカウンターが代行していた。
荷物検査をしてゲート前の待合室に。人で一杯。
なぜか出発時刻19時30分になっても何も起こらない。乗客もみんな普通に待っている。あれ?
僕のアイフォンの時刻設定のミスなのかなと思う。いや、でもゲートに飛行機すら無いんだけど。

20時30分。どうなってるんだと騒ぎ始める。BGの職員は一人も居ないし、アナウンスもないし、ゲート前の表示は「Bording Time 19:30」のまま。
21時30分。突如いきなり弁当がやってくる。「さあさ、みんな一人1個づつだぞー」
客が怒り出す。
乗客達 「どうなってるんだー」
弁当屋 「自分は売店職員だ。航空会社の者じゃない。弁当配れと言われて持ってきただけだ。」

ようやく手にした弁当。
インド人200人の弁当争奪戦は見ていて楽しい。

22時。「ここ(ゲート前の待合室)から外に出させろ」
「BGの職員を出せ!」と乗客有志(?)が団体交渉。
セキュリティ検査をしたから外に出させるわけには行かないと、空港職員ともめる。

23時。BG職員が来て搭乗開始。飛行機はいつ到着したのか気付かなかった。

4時間遅れで乗り込む。
機内食はこれまた簡素なものだった。
隣のインド人(?)家族連れも残してた。
おしまい。いや、別に取り立てて書くほどのことじゃないのだろうけど。
久しぶりに旅に来たなと思えた。
何も無いカルカッタ空港で11時間じっと我慢できた自分はエライ。


ダッカ到着は深夜1時30分。
その日の23時50分発でダッカを出発するので、滞在時間は24時間もない...
BGは期待を裏切らなかった。

タグクラウド



カテゴリ