198宮古石垣の最近のブログ記事

 

0807181359

0607181400

 

 

 

 

 



0607181521

0607181522

 

 

 

 


0607181520

0607181528

 

 

 

 

 




 



06071819320607181937

 

午前、やる気を出して生まれて初めてのダイビングに。

「全く泳げないんです」
「運動は全くしません(最近走ったけど)」
「去年右腕骨折して、腕は完全には曲がりません」
「中耳炎なったこと無い人って居るんですか?」
「心臓も強くないかも」
とアンケートに答える様子をインストラクターは不安げに見ていたが
海に入ってみると全く問題なかった。脅かしすぎたのか親切にしてくれる。
 
インストラクターは先月に独立したばかりの女の人。
海が好きで名古屋から引越してきた"内地の人"。
僕が全くの初心者なので深さ8mくらいまでのところをゆっくりとまわるだけなのだが、魚が何種類も、すごい数。
台風の後でこの浜に潜ったのは、僕たちが初めてのようで、海中は非常に綺麗。
予定よりもちょっと長く入っていたようで45分はあっという間に過ぎた。
楽しかった。ライセンスとっても良いかも。

 


060717143106071714320607171719

 

 

 

 

 



060717171906071718230607180932

 

 

 

 

 

060716-0918眠いけど何かしないと勿体ないということで、また自転車でお出かけ。
この日は快晴、水着を着て出かける。
 
変な顔しているけど風が強いのでしょう。
広いサトウキビ畑。気持ちいいです。
深呼吸の必要」はおすすめ。
 

 
中ノ島海岸へ行ってみるが、多少まだ波が高い。
道具(シュノーケルやフィン)が無いとちょっと不安で、背が立たない所までは行かず。
潜ってないので魚を見ることは出来ず。
 
060716hy060716-0931
060716shimodi
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いったん宿に戻りチェックアウトしてから佐和田の浜へ。
前日の夕方に行ったときは潮が満ちていたのだが、このときは干潮。
ここは非常に遠浅で、全く風景が違う。1km近く泳いでいってもまだ水深1m半ほど。
シュノーケルのセット(マスクと筒だけのやつ。フィンは無し)を1500円で買って泳ぐ。
面白く2時間くらい居ただろうか...魚は多少居る程度。
ここは日本の渚100選に入ってるそう。どちらかといえば泳ぐより眺めるところのようだ。
 
 
午後、船でまた宮古島へ戻る。
ちょうど高校野球の決勝をやっていて、船の中ではみんなテレビを見ている。
沖縄県の応援はエイサーや口笛で、独特で面白い。
 
この日の宿は市街地に有る「ジロー村」。
いかにもバックパッカーの宿。但し全室個室、バストイレ付。
三線(沖縄三味線)の名人、ジローさんのペンション。
何やらいろいろ事業をしているようで事務所や工房、客室がたくさん。
 
060715nomura夕食は洋食の名店らしい「のむら」。
どこか懐かしいレトロな雰囲気だが...
 
伊勢海老のコースが1980円で食べられるのは魅力。
なかなか美味しい。
ゴーヤージュースを苦い苦いと言いながら飲む。
でもまた飲んで見たい
 

 
宮古2日目。
朝、海はまだ荒れ気味。雨も降っている。
060715lasa-beach060715lasa-wall
 
 
 
 
 
 
 
 
プライベートビーチ(庭から崖を降りる)に行ってみるが、波が高くて怖くて水に近づけず。写真は外洋からもろに来る波、建物を見上げた様子。
 
朝食は宿の方針でベジタリアン。ボリュームはそれなりにあって満足。
池間島を車で一周するが、浜には下りず。
 
060715ikema-bridge2
 
池間大橋で宮古に戻る時だけ、
運良く雨があがる。
 
 
 
 
 

 
060715lunch
 
平良港で昼食、またボリューム多く苦しむ。
ソバにごはんなのだから腹が膨れるのは当然だが。
ラーメン定食みたい。
 
 
 
 

今日の宿泊地の下地島は、宮古島から船で15分の伊良部島と隣接している。
 
船は二つの会社が競合して運行していてそんなに待たずに乗れる。 
船会社が「合資会社」なのがなんだか不思議な感じがする。この会社に限らずここには合資会社や合名会社がたくさん有る。タクシー会社も酒蔵も宿も、スーパーも合資会社。普段自分の名刺を見せると、相手に「合資会社?」という顔をされることが多いのだがここでは違和感が無い。会社法も変わったので今、会社を設立するとすれば、僕も株式会社にすると思うが。

伊良部島の港には、今晩の宿「さしばの里」のおばさんおねえさんが。サイトに送迎についてなかなか面白く書かれていたので楽しみにしていた。宿の建物自体は全く面白くなく、一言で言えば「公団住宅」。この宿がちょっと変わっている点は、運営が「下地島空港株式会社」ということ。ここ、下地島に有る下地島空港は日本で唯一のジェット機離着陸練習用空港で、この宿はパイロットの卵の住む建物。敷地内にはJALやANAの社宅(?)が並んでいる。一部屋6300円。

天気はやっと晴れて、早速自転車を借りて島を一周。1周20kmほど、自転車で2時間程度。 空港以外は特に大きな施設は無く、この島の見所は、さんご礁の広がる海。残念ながら波はまだ高く海には入れず。
さとうきび畑を突っ切る一本道、誰も居ない浜辺の路、滑走路を横目に見ながらの海辺の道、気持ちよく走る。

060715-1419
060715-1502
 
 
 
 
 
 
 
 
(左)入江は静かなのに、(右)湾の外は台風の去った後の高い波。
数mの高さ。岩に当って砕け散るのは迫力有る
 
060715-1459
060715-1453
 
 
 
 
 
 
 
 
写真/
通り池/ 深さ40mの所で海とつながっている。
 
 
 

 
060715-1522060715-1526海に面した下地島空港。
滑走路すぐ傍。
残念ながらこの日は飛行機は飛んでいない。
 
 
 
 

060715-1652060715-1854
 
 
 
 
 
 
 
伊良部島と下地島の間の海峡(と云う程の距離も無い)はマングローブ林。
干潮の時はほとんど地続き。
ヤシガニがたくさん歩いている。足音が聞こえる!
夕方から潮が満ちてくる。誰も人が通らず。

 
夜はクラブハウス(という名の施設内のレストラン。さすが航空会社...)で非常に安い日替わり定食。 ゴーヤーチャンプルー定食280円。ちなみにこの日のB定食うな重は570円。
調子に乗って、馬刺し(1000円)を頼んだら大皿一杯に出てきて気持ち悪くなる。
内緒で部屋に持って帰り、泡盛と一緒にゆっくりと流れる時間を楽しむ。
 
 
いつの間にか眠る。
2日目了。

台風3号と4号が続けてが通り過ぎた後の宮古島へ。

060714delay羽田を離陸時点ではまだ宮古島は強風域。那覇空港に行き先が変更になる可能性も有ると言われ搭乗するが、飛行機はそれほど揺れること無く無事に宮古島へ到着。前日まで宮古島空港発の便は欠航になっていたようで、宮古島空港はキャンセル待ちの人であふれかえっていた。

 

060714uyaki風はまだ強く小雨が降っているので、ビーチには行かず。レンタカーをとりあえず一日だけ借りて中心地へ。宮古そばの老舗?「古謝食堂」で昼食。一番立派な「うやきソバ(800円)」を注文。う~ん、こんなんだったかな。期待が大きすぎたのか。沖縄そばは久しぶりに食べたので満足だけど。

 


060715ikema-bridge
 
サンエー(沖縄地盤のスーパー)を覘いてから、
今晩の宿泊地、池間島へ。
宮古島と池間島は、まっすぐな池間大橋でつながっている。
キーウェストのような長さ1425mの直線。
 
 
 

060714lass-dyning

一日目の宿は「ラサ・コスミカ」。

有名な宿のようで、これが出来てから池間島が有名になったくらい。
 
 
 
インド・北アフリカ風の無国籍な建物。
一日たしか6組限定、インドで出会った夫婦が経営している、こだわりまくりの小さな宿。

060714lasa-sitar

060714lasa-dome
060714lasa-valcony
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
二人は40歳くらいだろうか、個性は有るのだが、意外と押し付けがましくなく良い雰囲気。シタールを弾くそうで、さりげなく飾ってある。建物の中は非常にセンスが良い。サイトはなんか"いけてない"のだが、宿実物はオーナーのセンスが光ってる。

 
台風の後で庭には落ち葉が舞っていたが、芝生の中庭、プライベートビーチ、静かなときを過ごせそうだ。
今回はビーチには強い波が打ち砕けてて怖かったのだが...(行く前に読んだall about の記事は...


060714lasa-room2
 
「シャワーバス共同、朝食付で一人8000円」、と書くとなんて高いパッカー宿なんだと思われそうだがそんなことはない。"何も無くて"非常に満足出来る。何日かかけて滞在するところ。(今回は連休とかぶさって一泊しか予約が取れなかった)

 

昼3時頃チェックイン、すぐに眠る(前日は一睡もせず。朝も5時発だったし...)。
夜7時すぎに目覚めたのだが、池間島に有る店はどうやらもうすべてしまっているっぽい。ラサコスミカでは夕食は提供していないので(以前は出していたのだが忙しすぎて辞めたらしい)、近くのペンション「イリオス」を紹介してもらう。

ここもオーナーの趣味が高じて...って感じの小さなペンション。エーゲ海をイメージして建てたようで、ここも海に面していて眺めが良い。夕食は普段はやっていないようだけど材料が有るとのことで、おまかせのコースで。

060714greek-1
 
*冬瓜のスープ、
*蒸しエビに山羊のチーズソースをかけたもの、
ギリシャから取り寄せているチーズ、山羊なのにくせが無く美味しく食べれる。
 
 
 
060714greek-2
 
*スブラキ(豚の串焼き)、
豚肉をオレガノ、オリーブ油に漬けて
味をしみこませてから焼く。
 
 
 
 
 
ギリシャの写真が飾ってあったのでいろいろと聞く。
ここは別荘として建てたがのだが、もったいないので今年の春からペンションにしたらしい。神戸で貿易会社を経営していて、今は子供が一緒に働いており、毎年ギリシャに行っているそうだ。うらやましい...

ドイツ村で働くドイツ人達も、ここに遊びに来るとのこと(明治時代、宮古沖で転覆したドイツ船を救助した縁で、宮古島南部にドイツ村が有る)。

ギリシャのビール(珍しいんじゃ?)を飲みながら話をしているうちに、ホテルの門限時刻(22時)に。
宮古島一日目は沖縄っぽくなく(いや、ある意味沖縄っぽく)、でも色々有り充実した一日だった。


タグクラウド



カテゴリ