2010年7月アーカイブ

国内線300回まで乗り放題パス300万円】 
http://www.sankeibiz.jp/business/news/100727/bsd1007270502002-n1.htm 
ANAが今回発売したこのチケット。国内線好きな区間を300回乗れて300万円。 
使い方によっては非常にお得かと思うが、実は2年前にもっとすごいのが発売されていた。 
ぜ今回これが300回と回数制限が付いたのかと言うと...

国内線1年間乗り放題 300万円】(2007/10/24) 
http://www.ana.co.jp/pr/07-1012/07-121.html 
この時は300万円で一年間乗り放題だった。だが売れ行きは"応募者殺到"と言うほどでもなかった。だが、ANAは"航空マニアの恐ろしさ"をなめていた。それは半年たって知られることとなった。 

その筋金入りのマニアというのは、全国に何人か存在した。 
この時の「乗り放題パス」は、これを使用した搭乗者にもマイレージは加算される。 
仕事をせず、「飛行機に乗るのが仕事」ともいう人種を発生させたのであった。 


起きたらまず始発のフライトで羽田から大阪へ。 
朝食のジュースとクロワッサンはラウンジで食べ放題だ。 
プレミアムクラスで機内では、有名シェフの作った「空弁」が無料だ。 

大阪に到着後すぐに札幌行きに乗換。 のニュース、新聞を観ながらその日の予定を立てる。 
札幌に到着、次は名古屋乗換えで沖縄に向かうとするか。 内では映画を見ながら昼寝。 

沖縄に到着したらもう夜9時だった。今日はネットカフェにでも泊まるとするか。 
明日朝の宮古島行のフライトは朝が早いからな... 

この日の食事(?)はラウンジも含めて7回。 
獲得マイルは約5000マイル(プレミアムクラスなので) 
--------------------- 
翌朝、那覇空港に向かう。なんと朝9時発の宮古島行のフライトはキャンセル。 
次の11時発に振替だという。これじゃ宮古島11時発の那覇行に乗れないじゃないか。 
今日は那覇と宮古島を4往復して福岡に行くつもりだったのに。 

「次の宮古島行に乗って那覇へ行く予定だったのにどうしてくれるんだ」とクレームをする。 
乗れなくなったのだから払戻しを求めるのは当然だ。金を返せと支店長とやりあう。 
「この航空券は無料だから返金できない」「今あなたは那覇空港に居る」とよく分からない返事だったので切れる。 
こっちは300万円払っているのだ。 那覇~宮古の往復運賃30000円分の返金を求める。 
2時間の交渉の末、現金ではなく20000マイル加算することで同意する。 
----------------------- 

こうして貯めたマイレージは1年間で500万マイル。 
この一年がんばって働いた(飛行機に乗った)おかげで、食費はゼロだ。 
さて来年はこの貯まったマイルで世界一周をファーストクラスで家族で行くとするか。 
何回世界一周出来るかな。ヨーロッパにはルフトハンザで行くことにしよう。 


これはフィクションです、作り話です...と書きたいところだが、かなり派手にやらかした人が居るらしい(マイレージを除名になった人が居るそうな)。 
今回は搭乗回数に限らず一律に20万マイルを加算するとのことである。

タグクラウド



カテゴリ