2012年3月アーカイブ

ユナイテッド&コンチネンタルの合併で、特典航空券の規約が大きく変更された。ワカコさんがニュージーランドに行くために、タヒチまでの往復航空券を取ったりしたことで、有名になった(?)。

ex:成田~ニュージーランド(往復50000mile必要)よりも、成田~ニュージーランド~タヒチの方が安い(往復25000mile)とは...

先々週のシステム統合で、乗換や複数の航空会社にまたがる特典航空券もネットで検索できるようになったので、今回のGWはこれを使ってどこか行こうかと思う。たぶんカレンダーどうりには休めそうなので。
で、まとめてみた。

UAのマイルを航空券に引換の場合の、必要マイル数(片道)

やはり日本からならオセアニアが(距離や一般航空券の価格と比較すると)お得だ。それも特にビジネスクラス
乗換えが何度でも出来るのもよい。いや、これまでも出来たのだが、なかなかオペレーターに伝えるのが難しかった。

(追記) MPM(Maximum Permitted Mileage)などの制約は有ります。
合計距離数は、TPM(Ticketed Point Mileage)の1.2倍の距離(=MPM)を越えてはならない。

試しに一番行きにくいと思われるラロトンガ(クック諸島)にあたってみた。
「東京からラロトンガの往復」で検索しても出てこないのは当然で、
Advanced Searchモードの Multiple Destinationsを選択して格闘する。


お!出てきた。途中シンガポールには15000マイル必要とか、シドニーへは25000マイル必要とかメッセージは出るが無視して行程を組み立てていく。空席のある路線を繋ぎ合わせてラロトンガまで予約を入れてみると...

02MAY UA NRT1755~SIN2350  (成田~シンガポール)/ユナイテッド航空
03MAY SQ SIN0710~BKK0835 (シンガポール~バンコク) シンガポール航空
03MAY TG BKK0845~AKL1105(+1)  (バンコク~オークランド) タイ航空
05MAY NZ ACL0700~SYD0830 (オークランド~シドニー) ニュージーランド航空
05MAY NZ SYD2115~RAR0705 (シドニ~ラロトンガ) ニュージーランド航空

やった!成田からラロトンガまでこれだけ乗ってたったの12500マイル!BKKやAKLに寄るのを面倒と思わず、楽しまなくてはならない。どの都市も12時間有ればそれなりに観光できるかと...
途中の都市で24時間以内に次の便に乗るのが重要なのだが、なかなか難しい。それになかなか希望の日程では空いていない。ラロトンガ空港では到着時に乗客に一人づつ、首に花輪をかけてくれると言う...こんな所に男一人で行くのはちょっと...)

まぁ実際こんな長期で休めないのでラロトンガへ行くのは僕には無理か。誰か行ってみて下さい。

今回のプランニング用に路線図をイラストレーターで作ってみた。
機内誌の後ろに付いてるやつ。

ユナイテッド&コンチネンタルではアジアでは物足りない。今回の合併で、東京だけではなくグアムがハブになったのがよく分かる。
中国国際航空だと中国の地方都市もイケる。
全日空も中国行は割りと空いている。こうやってみるとANAってアジア(それも大都市)だけだな。
スターアライアンス加盟航空会社(アシアナ、タイ、シンガポール、ルフトハンザ)を合成してみた。だんだん形になってきた。トルコ航空、ニュージーランド航空、オーストリア航空なども有るがまだつくっていない。アメリカ・ヨーロッパ・アフリカ路線も入力していない。
シンガポール~ジャカルタのルフトハンザがガラガラ!こういう"おまけ路線"を狙えば選択肢も広がるかも。(この画像を作っているときに ドバイ経由クラルンプールのイエメニア航空、大型機に数人の乗客しかいなかったのを思い出した)

なかなか楽しい。

【世界遺産駆足周遊】とか行けないかな(成田~バリで15000mile)。
成田~ソウル~北京~西安~昆明~バンコク~シェムリアップ~シンガポール~バリ

休みがほしい...(現在UA104003+CO34519=138522mile)


千葉駅東口コンコースで宮城県の人達が、パンフレットを配っていた。
「るるぶ」の臨時版。宮城県とJTBのタイアップ企画らしい。良く出来ている。
「白石うーめん」なるものも貰う。素麺のことをうーめんというらしい。

海外旅行者数は震災前の水準に戻ってきているが、東北など被災地に遊びにいくことをためらう人が居るのは事実。「被災地に行くことは悪いことじゃない」というメッセージを"普通の人"にもっと伝えなくてはならない。

タグクラウド



カテゴリ