伊吹島の言葉

| トラックバック(0)
伊吹島に来る途中に、香川県のウエブサイトを見た。そこには「伊吹島には平安時代のアクセントが残っているとされ、言語学者だった故金田一春彦氏が2度に渡って伊吹島に来島しています。」と書いてあった。

観音寺市のサイトにも「伊吹島の言語は独特の特徴を持ち、古語に属する方言や特殊な敬語が使われ、平安時代のアクセントが残っています。言語学上貴重な島であることから、国語学者金田一春彦先生も二度ほど島を訪れました。その際に詠んだ歌が歌碑に刻まれ、建立されています。」と書いてある。

結論から言うと、これは誤りであるという学説の方が正しいと思う。
当然だが僕が提唱したわけではないのだが、たった半日しか滞在していない自分でもその"平安時代のアクセントではない"という学説の方が信憑性が有ると感じたのだ。
-------

【昭和48~49年 伊吹小学校 教師と児童による調査】
資料館には伊吹小学校の先生が自ら調べ上げた「伊吹島のことば」という小冊子が有った。アクセントよりも言葉つかいと単語に重点を置いて調べあげた力作だ。これを著した先生は特に言語学の専門家というわけではないだろうに、すごいと思う。

この調査ではアクセントよりも、言葉使い(接頭語など)と語彙・単語の収録に重点が置かれている。
アクセントについては『我々には理解できない面も多い。そこで、昭和41年の日本言語学会で発表された神戸大学の和田実先生の「第一次アクセントの発言-伊吹島」の一部を転用』と書かれており、新たな発見は無かったようだ。
ただ、内容は面白い。荒っぽいと言うか、素朴だ。アクセントを意識しないで読むだけでも、この島の人に近づけるような気がする。この調査からもう50年近く経つ。現在どれだけ残っているのか興味深い。









--//-----
【和田実氏の論文】
この"伊吹島には平安時代のアクセントが残っている"という学説は和田実氏の論文「第一次アクセントの発見~伊吹島」によって広まった。昭和40(1965)年に島で調査した際に発見したとの事。
通常、方言・アクセントなどは地域を移動するごとに徐々に変化していくものであるが、外界と閉ざされた環境であったこの伊吹島でのみ平安時代のアクセントがそのまま使用されていたとの事。同様に奈良県の十津川村でのみ東京アクセントが使用されているように、極めて例外的にこのようなことが起こるのだという。

金田一春彦氏の文章】
和田実氏の発表後、国語学者の金田一春彦氏が、昭和58(1983)年に伊吹島に来たことによって、この学説は不動のものとなったようだ。特に論文などを記したわけでは無さそうだ。島民が出版した書籍に寄稿という形で、その本の巻末に数ページ文章が有った。





---//--

ここまで上記の資料文章などを読み、島を一周散策して感じたのだが、この離島とは言え、閉ざされたとは言い難い環境で、果たして他の地域の影響を受けずに独自の、それも平安時代のアクセントが残るのだろうかということだ。

 島には水が出ない (→伊吹島の水道について)。
周辺は良い漁場とは言え、対岸から船で20分ほどならば、水も出ない不便な島に水道の無い時代はそんなに人は住んでいなかったのではないか。 神社は有るが周辺には今もほとんど家は無く(民宿と一軒だけ家は有った)、ほぼ全ての家は島の南側の港の近くの斜面に建っている。人口が爆発的に増えたのは戦後だし、集落が出来たのはせいぜい幕末頃からではないだろうか。

 閉鎖的と言っても観音寺まで毎日何便も船はあり、大正時代から関西に多くの人が出稼ぎに出ていた(→関西への出稼ぎと水船について)。 上記の和田実氏の調査の有った昭和40年代には、かなりの交流が有ったはずだ。

今回の旅を終えて帰宅後に検索したら、同様の学説もある事を知った(→伊吹島アクセントに重大な疑問)。その内容の方がしっくりくる。

しかし今はもうその真偽は分からないかもしれない。和田氏の調査からもう40年経っている。さすがに現在の住民には島から出たことが無いなんて人は居ない。テレビの影響も有る。"伊吹島だけの平安時代のアクセント"の人というのはもう居ないのかもしれない。 --

2001年 東京大学の上野善道氏が 危機方言の調査を行っている。
*「伊吹島方言の複合動詞のアクセント
* 「消滅の危機に瀕したアクセントの緊急調査
非常に細かい聞き取り調査なのだが、素人の自分ではもはや読み解くことが出来ない。
平安時代のアクセントかどうかは触れられていない(たぶん)。

下記は1983年の調査概要(古くてネットでは見つからなかったので)





このブログの関連記事

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.nakanishi-keiichi.com/mt/mt-tb.cgi/1902



最近のブログ記事

無間の鐘を鳴らす
瀬戸大橋の近くにある牛島。周囲4kmの島…
関西への出稼ぎと水船
伊吹島は戦後のベビーブーム以降人口が急増…
伊吹島の言葉
伊吹島に来る途中に、香川県のウエブサイト…
伊吹島の水道
今は観音寺市内で暮らしているおばさんと話…
伊吹島へのアクセス
港には出港時刻ぎりぎりに着いた。窓口で切…
おだてられる
昨晩も調子に乗って飲み過ぎた。 10年…
丸善の希少書コーナー
本屋でのんびりと時間を過ごすという事が最…
長崎新聞2014/9/7
長崎さるく に参加
福江島からの帰路に 長崎市で1泊した。…
篠田の火祭り
篠田の花火。そうか今日だったか。たまたま…
タイ旅行のメンバー
バンコクへの航空券が安かったので自分を含…
島の居酒屋
国境の島に自衛隊駐屯の是非
葬儀告知
台風がよく来る地域だからだろうか。生垣で…
最果て(から2番目)の駐在所
ゲストハウスの注意書き
航空貨物
与那国空港から …
成田空港乗り入れ航空会社
新日本橋駅ホーム(東京より階段の下)に…


free counters