関西への出稼ぎと水船

| トラックバック(0)
伊吹島は戦後のベビーブーム以降人口が急増する。
いくら漁場豊かとは言え、島の産業(ほぼ漁業だけ)では全員を養うことが出来ず、長男以外は出稼ぎ・島外への移住が増えた。

移住先は大阪府と兵庫県がほとんどだった。資料は昭和41年のもの。「保護者の状況」と記載あるので、小学校の教師が調べたもの。分かりやすい。
少数意見だが、出稼ぎ先にボルネオ2人と有るのが気になる。
    

この頃(戦後)の出稼ぎ先が関西だったのには理由が有る。
近いからというだけではなく、戦前から伊吹島の男性は、灘の酒造りに必要な水の運搬に従事しており、知人・親族が多く関西に居たからだ。


昭和46年に大阪読売新聞社発行の「宮水物語」のコピーが展示してあった。
"淡路の者は櫓を操るのは巧いが水樽運びは不得意、備後田島・桃島の者はその逆、伊吹島のものは両方こなす"  そうだ。理由は"出稼ぎで荷かつぎに慣れていたから"。
本当にそうなのか、そんなに地域差が有るものなのかは自分には分からないが、とにかく、灘の水くみ人夫は伊吹島出身の独断場だった。



ただ、この島外移住の流れは人口過密状態が解消されてからも止まらなかった。最初は次男・三男対策であったが、より便利な生活を求めて島民が次々と島を出て行った。現在もその流れは続いており、本籍は島に有っても実際には観音寺市外に住む人も多い。

下は25年前の調査だが、既に過疎の兆しが見える。2015年現在の住民は700人程度なので、この資料の一番最後の時点より半分近くになっている。

このブログの関連記事

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.nakanishi-keiichi.com/mt/mt-tb.cgi/1903



最近のブログ記事

無間の鐘を鳴らす
瀬戸大橋の近くにある牛島。周囲4kmの島…
関西への出稼ぎと水船
伊吹島は戦後のベビーブーム以降人口が急増…
伊吹島の言葉
伊吹島に来る途中に、香川県のウエブサイト…
伊吹島の水道
今は観音寺市内で暮らしているおばさんと話…
伊吹島へのアクセス
港には出港時刻ぎりぎりに着いた。窓口で切…
おだてられる
昨晩も調子に乗って飲み過ぎた。 10年…
丸善の希少書コーナー
本屋でのんびりと時間を過ごすという事が最…
長崎新聞2014/9/7
長崎さるく に参加
福江島からの帰路に 長崎市で1泊した。…
篠田の火祭り
篠田の花火。そうか今日だったか。たまたま…
タイ旅行のメンバー
バンコクへの航空券が安かったので自分を含…
島の居酒屋
国境の島に自衛隊駐屯の是非
葬儀告知
台風がよく来る地域だからだろうか。生垣で…
最果て(から2番目)の駐在所
ゲストハウスの注意書き
航空貨物
与那国空港から …
成田空港乗り入れ航空会社
新日本橋駅ホーム(東京より階段の下)に…


free counters