旅の準備は現地協力者探し(上)

| トラックバック(0)

ベルホヤンスクへのツアーが完全オーダーメイドの為、価格が予想より騰がっていくのをみて、現地 サハ共和国の首都ヤクーツクのコーディネーターを介さずに自力で行く事にした。具体的な目算であったわけではないが、今回は人が住んでいる村に行くわけだから、何らかの交通手段が有るはずで、そんなに高いお金を出さなくてもいけるのではと考えたのだ。
(提示された最終金額は参加者3人でガイド・通訳をつけてヤクーツクから航空券・車・宿泊3泊・食事をつけて総額80万円近く)。

しかし、ヤクーツク空港からBatagay空港へはPolar Airlinesという聞いたことも無い航空会社が週4往復便を出している事は分かったのだが、そのバタガイ空港からベルホヤンスクへの移動手段がいくら探しても見つからない。

ベルホヤンスクまでの距離は60km。冬は川が凍結しているので、道路を使わず、川の上を車で走れば2時間ほどで到着するという事はヤクーツクのコーディネーターのプランを見て知っていた。
その車をどうやって手配するかというのが問題だ。冬はあまりにも寒いので普通の車は動かない。「ロシア製のUAZの車だけだ」というのはどこかの記事で読んで知っていた。

google earthでバタガイ空港の様子は分かった。だだっ広いシベリヤの森の中に1000人くらいが住んでそうな町が有り、そこから1kmくらい離れたところに舗装されていない滑走路と空港の建物(木造平屋建)他20軒くらいが有るのが衛星写真から分かる。公共交通機関なんてものは無さそうだ。
ここに送迎車の手配も無しに行って、誰の助けも得られず、もし気温が-50度だったら...空港から出て1時間も経たずに死んでしまうだろう。

でも40人乗りの飛行機が到着するわけだから、少なくともその人達はバタガイの街に行くはずだ。その乗客の誰かと仲良くなってベルホヤンスクまで送ってもらえないだろうか。まさか凍死するのを放置はしないだろう...
とも考えたがあまりにもリスクが高い。何としても旅行前にバタガイからベルホヤンスクへの移動手段を確保できないだろうか。

現地は普通の車は動かなくなるくらいの寒さだ。
ネットを色々なキーワード(日本語・英語・ロシア語)で検索しながら、何か方法が無いか考えた。


このブログの関連記事

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.nakanishi-keiichi.com/mt/mt-tb.cgi/1918



最近のブログ記事

2018年の旅
2018年の一番の記憶は「最長片道切符の…
博多駅 地震で遅れ
地震の影響で九州新幹線のダイヤが乱れてい…
最後の夜食
いよいよ明日で終わり。}朝7時の列車に…
2018年5月27日(日)
【5月27日(日)】五條0830-高田…
2018年5月26日(土)
【5月26日(土)】移動距離:708…
御殿場駅
御殿場駅前の商店街。建物の間に富士山が見…
磯子駅
途中下車をと切符を出した途端に50代男…
パラボ(北見市スーパー)
平昌オリンピックで一躍有名になった、カー…
しじみラーメン
北海道東ではしじみが名物だ。北海道のシジ…
上川~北見 快速
上川駅
当麻~上川 普通
すかっり暗くなった。 リクライニングもす…
ホクレンショップ 当麻
当麻駅
ここで下車する予定は無かった …
寒極の町の小学校
(function(d, s, id)…
冬山登山?
(function(d, s, id) …
北極圏で冬山登山!?
Verkhoyanskの町から数km。 …
雪の女王の国をドライブ


free counters