200408 drive eurasiaの最近のブログ記事

大澤くんが2か月のロシアツーリングに出発。これまで長かっただろう。
今は多くの人が挑戦しているシベリア横断道路だけではなく、サハ共和国方面マガダンまで行くのは面白いし、すごい。 コリマ街道のダートが楽しいものだったら良いのだけど。

自分の時(2004年)より、色々な面で条件は良くなっている。道路事情も劇的に変わり、未舗装なのはシベリア横断道路を外れてからとコリマ街道くらいだろう。でも不安な点は多い。人口密度が極度に少ないところを、一人で走るのは本当に怖い。


【自分の時より恵まれている点】
*情報量が多い...都市部ではネットが出来る。この先に何が有るのかが分かる。日本と連絡が出来る。翻訳機能が使える。次のガソリンスタンドはどこでどれだけ離れているのか、食堂や宿がどこに有るのかが分かる。街に入ってからも迷わない。ネットが無いと次は何百km先なのかすぐそばに有るのかすら分からない。自分の時はそもそも道が続いているのかすら分からなかったので...

- *手続きなど。自分の時は通関や法律の面など、何が必要なのかすらわからなかった。税関手続きを終えて陸運局(のようなところ)での手続きを終えるまで3日かかった。ガイドブックは当然無く、同様の事をやった人が見当たらなかったので、次に何をすればよいのかが分からないのだ。書類のフォーマットが無く、真っ白の紙に自分で手書きで作成した書類も有った。 走り始めてからも警官に何度もつかまったが、相手が言っている事が本当かどうかすら分からなかった(それ以前に言葉も分からなかったが)。 - シベリア横断道路は99%(?)、今はほぼ舗装されていて、車の通行量も大きく増えている。その部分は快適なツーリングになる。



【自分の時より苦労しそうな点、危険な点】
*コリマ街道は未舗装、通行量がかなり少ない。ダートを何百kmも走るとどこかが壊れる。パンクもするだろう。バイクだと積める荷物の量も制限が有る。修理も自分でしなければならない。

*治安
何百kmにわたって人がほとんどいないエリアを、一人で走る。危険だと思うのは スコボロディノから ヤクーツクの間だ。
かなり目立つので襲われる可能性が否定できない。自分も何度も車を譲ってくれと声をかけられた。自分の後に一人でツーリングしていた日本人男性も殺害されている。車よりもバイクの方が身を守るのが難しい。どこでも野宿できるように思われるが、そんなことはない。道端に空き地なんてものは無いし、道の端で寝るなんてことは自殺行為だ。

宿が無く、テント泊の日も有ると思う。自分も何度も車内で寝たが、車を止めるのは検問所横とか、民家やカフェの敷地内だけにした。止める場所が見つからないときは日が暮れてからも走り続けた(夜は当然漆黒の闇になるが、緯度が高いので夜遅くまで明るい)。

「ロシア人は親切だ」と言うが、100%の安全など無い。自分も何度も助けられたし、都市部ですら人懐っこく話しかけられる。こちらから声をかけて無視する人なんていない。だが、見知らぬ酔った人に突然殴られたし、銃で撃たれたこともある(威嚇でだが)。バイクの盗難なんて日常茶飯事だ。シベリアの奥地の小さな村で、次の町まで100㎞以上ある道端で、たった一人でも一度でもそんなことに遭遇すると、旅も人生もそこで終わってしまうことになる。

街を出るとネットどころかラジオすら入らない。バイクだと大雨に遭遇すると、不快だろう。視界も悪くなるし、ダートだと道はぬかるみになる(川のようになる)し、雨宿りする場所なんてない。自分は車だったので車内に居たら濡れなかったが。



自分の時も日本に残った人からは心配されていたのだろうなと、今は思う。
自分は日本にメールを送れたのは (facebookは当然ない)、ウラジオストック、 スパッスク=ダリニー、ハバロフスクの次はクラスノヤルスクだった(イルクーツクには寄れなかった)。大澤くんも細目にfacebookにでも近況を報告してくれたらよいのだが...


大澤くんのシベリアツーリング出発まであと20日。
走行練習の動画。なんかすごい。
クーツクからマガダンは確かにあんな感じの道だが...
(僕が走ったシベリア横断道路は現在はもう舗装されている)

今日、ウラジオストックの通関業者からのメールを見せてもらった。
あれ、こんな金額で手続き全部やってもらえるのか!
僕の旅のウラジオストックに上陸時の、情報が全く無くて何をしたら良いか分からなかった、あの絶望感にさいなまされた3日間は何だったのか!

Port charges: 2500RUB
Customs clearance: USD150
Russian insurance: USD80-90
代理手数料: USD15.

アイテム

  • 2018gw.jpg
  • 2012gw.jpg
  • kokunai.jpg
  • kaigai.jpg
  • 2004summer.jpg
  • 2016winter.jpg
  • 201603021100.jpg
  • 201602291100.jpg
  • 201602281500.jpg
  • 201603021600.jpg

タグクラウド



カテゴリ