【天野館】奥出雲の老舗旅館/木次

天野館

今回の旅の目的はJR木次線に乗る事だが、宍道駅18:54発の列車にしか間に合わない。出雲横田駅(22:03着)では遅すぎるので、この日は木次(19:46着)に泊まることにした。木次駅近くの旅館に、その日の昼前に電話をした 続きを読む 【天野館】奥出雲の老舗旅館/木次

【元仲田邸】山村の大豪邸を貸切/備中宇治

【広大な屋敷を(ほぼ)独り占めにした夜】米子から山道を車で3時間、金曜の夜9時にたどり着いた、山間の集落。この地で酒蔵業を営んでいた名主的な存在だった方が町に寄贈した屋敷をリノベした宿に泊まった。集落の主婦が手弁当で運営 続きを読む 【元仲田邸】山村の大豪邸を貸切/備中宇治

【松の家】漁師町の割烹旅館/勝浦市

千葉市に住んでいたが、これまで勝浦を観光したことは無い(JRや車で通過したことは数回有るが)。この日までキャンペーンで3850円だったので泊まりに行った。 東京から特急又は高速バスでわずか2時間、思ったよりも近い。本当は 続きを読む 【松の家】漁師町の割烹旅館/勝浦市

【和泉屋】進駐軍が使った宿/会津田島

会津田島で泊まったのは、南会津町役場前の国道(会津街道)に面した和泉屋旅館。 昭和9年築の母屋に、大戦後のアメリカ軍進駐に合わせて建てられた昭和21年築の別館。進駐軍向けに建てられた別館は、東京から来た大工や建具屋が金に 続きを読む 【和泉屋】進駐軍が使った宿/会津田島

【金丸土屋】現存の中仙道旅籠/芦田宿

古民家を改装した宿は多いが、ここは江戸時代の旅籠がその建物のまま今も現役で宿泊業を営む数少ない宿。中仙道に面した昔ながらの堂々とした造り。JR駅がある岩村田宿から旧中仙道を5時間歩き泊まりに行った。気分は完全に江戸時代の 続きを読む 【金丸土屋】現存の中仙道旅籠/芦田宿

【加茂城】石窟風呂の宿/市原高滝

小湊鐵道沿線で養老渓谷以外に宿はないか探して見つけた宿。楽天などのOTAや旅行会社にどこも登録されておらず、口コミもgoogleに2件しか無く(2件とも評価5)、どうやって集客しているのか謎。当日13時に電話で予約、エコ 続きを読む 【加茂城】石窟風呂の宿/市原高滝

【大屋旅館】城下町の江戸から続く宿/大多喜

【城下町の激渋宿を貸切?~大多喜町/大屋旅館】巷は緊急事態。人を誘って出かける雰囲気ではなく一人で家を出る。今回の目的地は一人旅にぴったり、つげ義春が”理想の商人宿”として描いた房総の山奥にある小 続きを読む 【大屋旅館】城下町の江戸から続く宿/大多喜

【石川屋】炭鉱島への船着場の割烹旅館/松浦

今福港は飛島と鷹島とを結ぶ航路の有る、松浦市の港。翌朝早くに出る船に乗るために、今福に有る旅館に泊まることにした。かつて炭鉱が有り2000人以上の人口があった飛島の現在の住民はわずか37人。鷹島も同様に人口が激減していて 続きを読む 【石川屋】炭鉱島への船着場の割烹旅館/松浦

【晴耕雨読】復興した宿で島食材に舌鼓/網地島

急きょ行く事になり、宿泊前日に電話予約。「準備が間に合わないので普通は前日では受けないのだが、何とかする」と折り返し電話かかってきた。料理が良い事はネットの口コミで、浜を見下ろす高台に有る事はgoogleマップで分かって 続きを読む 【晴耕雨読】復興した宿で島食材に舌鼓/網地島

【亀川旅館】旬の地の食材の料理/津和地島

忽那諸島で泊まるのに良さげに思えた津和地島。もっとも宿泊施設は中島と津和地島にしかない。中島は大きい(一周22km)が、津和地島は集落が一つで歩いて周るのに手頃な大きさに思えたので津和地島に泊まることにした。島に着いてか 続きを読む 【亀川旅館】旬の地の食材の料理/津和地島