【晴耕雨読】復興した宿で島食材に舌鼓/網地島

急きょ行く事になり、宿泊前日に電話予約。「準備が間に合わないので普通は前日では受けないのだが、何とかする」と折り返し電話かかってきた。料理が良い事はネットの口コミで、浜を見下ろす高台に有る事はgoogleマップで分かってはいたが、楽天トラベルなどの予約サイトとは一切契約していない個人経営の宿なのでどんなところかは行くまでは謎だったのだが、当たりだった。

前日予約だからかもしれないが、食材はすべての島のもの。ウニやアワビ、ヒラメの刺身に、自家製の豚の燻製などが何皿も次々と出てくる豪華なもの。「ひじきは今日私が採ってきました」とか当然美味しく、この値段で良いのかと思うくらい満足。

これ1人分ですよ
自家製のベーコン。販売もしている。
次々出ます
ひじきも今朝目の前の浜で採ってきたもの
寿司が出るとは思っておらず歓声

建物はすべて自分たちで建てたというのでそこまで期待していなかったが、清潔で雰囲気も良い。テラスからの海の景色も良い。プライベートビーチ付なので夏は良いだろう(この時は誰も居なかったのだが、本当はここは「東北のハワイ」とも呼ばれる人気のビーチ)。

網地島は東日本大震災の震源地に一番近い島で揺れも非常に大きく、津波の被害も一部の地域であったのに、一人の犠牲者も出なかった。震災後はインフラが破壊されたことで観光客数は激減したのだが、現時点で既に物質面で復興しており観光に不便を感じることは無い。また賑やかになってほしい。

宿のテラス。向かいに見えるのはネコ島の田代島。
肌寒い日はテラスではなく室内でも。
和洋選べる朝食も良い。こちらは和食の方の朝食
これにベーコンと卵焼き、コーヒー
網地島にはベーリング率いる艦隊が上陸している。
島のねこ

【ペンション晴耕雨読】
宮城県石巻市網地浜髪剃坂107-40
0225-49-2726
1泊2食8800円
宿に直接電話予約

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

CAPTCHA