【竹乃家】離島に残る遊郭旅館/福江 荒川温泉

福江島西部(旧 玉之浦町)の荒川温泉にある竹の家旅館。福江市街地から遠く離れた小さな集落だが、古くは漁業基地として栄えた温泉の出る港。公共浴場のすぐ裏にある旅館は、戦前は遊郭だった。

到着してまずは暗くなる前に集落を散策。丘の上の神社からの景色。立派な建物は公衆浴場。


源泉は60度以上で、かけ流し。ここでは風呂は沸かして入るものではなく、冷まして入るもの。小さな風呂が二つある。無色透明の湯だが鉄分(?)で湯壁は変色している。湯量は豊富で適度な温度を保つため蛇口はいつも少し開けていて、24時間いつでも入れるようにしている。

汚れているわけではない。湯量は豊富。熱ければ自由に水で薄めてよい。

今は人手が無いので料理を出さず。素泊(4000円)でのみ宿泊できる。事前に福江で買った食材で自炊して一泊過ごした。
宿泊者は自分たちと釣り人一人。目の前の堤防で釣りができる。堤防から30mほど先の海面にサゴシが飛び跳ねている。網があれば掬えるんじゃないかと思う近さにフグが泳いでいる。宿の主人はこの日はカサゴを10匹以上釣ったそうで味噌汁にしていた。

深夜に目が覚めたので、また風呂に。

追記:トイレが水洗じゃないという怖い情報があったが、1階はリフォームされていてウオッシュレットでした。

どの家も独特の趣。古くは港に立ち寄った漁師で栄えていたのが分かる。
現役の診療所はGWで休診。
近くにある一日一組の貸切宿期間中は全日満室。

【竹の家旅館】
長崎県五島市玉之浦町荒川133-3
TEL/0959-88-2026
素泊/4000円程度(変動の可能性有)
日帰り温泉/300円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

CAPTCHA