【寿荘】四万十山中の川沿い一軒家温泉宿

【四万十川上流の山奥の川沿い一軒家温泉宿で川海老と鮎を満喫】
webサイトも無く、予約サイトも契約していない、高齢(と言ってよいのか?)の女性が一人で切り盛りする、山深くの川沿いにある一軒家の温泉宿。予約の電話をすると「本当に何もないですが大丈夫ですか?普通に考える宿の設備やサービスは無いですが本当に大丈夫ですか?」と変わった質問。

この日は5人。連休最後の夜でこの日なら空いているとの事で「寿荘」に。1日1組限定の、秘境の温泉宿。

ナビを頼りに四万十川の支流の川沿いの道を車でどんどん進んで行くと、宿に到着。携帯の電波も届かない深山渓谷。建物はお世辞にも立派ではない。

男性3人に女性2人なので、大きな部屋を男性で、小さな部屋を女性にとなったのだが、男性部屋は30畳で、女性部屋は4畳半。これでは宴会会場と控室だ(笑)。涼しくてエアコンは不要。川のせせらぎ…は前夜の大雨でうるさいくらいだが、ひぐらしが啼いている部屋でまどろむ、日本の正しい夏休み。

獲れたばかりの鮎。

予約が入ってから山に入り採って来たという山菜

宿の前の川で獲れた川海老。小さめの車エビくらいの大きさ。雨の後に川が増水すると獲れないので提供できない場合も有るらしいが、この宿の名物。日本酒がすすむ。

オーナーは野村證券の本社で働いていたとのこと。僕の住所を見てオーナーが話してくれた。東京日本橋とこの土佐の人里離れた山奥の一軒家とのギャップに驚く。全く宣伝していないのに、わざわざこの宿に泊まるためだけに欧米人客も来ると。

【寿荘】1泊2食7350円。電話予約のみ。
12人まで可能だが一日一組の貸切営業。
四万十市西土佐用井1024
0880-52-1049

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

CAPTCHA